2018年の習慣化目標

今年は瞑想、ブログの改善に取り組む。

抱負を立てても計画がないとうまくいかないので、習慣化プランを前提として今年の目標を考えていた。

  • 早起き、睡眠改善
  • 体重を学生時代まで戻す
  • 瞑想を習慣化する
  • ブログの改善

他にもあるが秘密。

最初の2つは昨年から習慣化に取り組んでいるのでこのまま継続して改善していく。

瞑想

瞑想については瞑想やマインドフルネスの本を何冊か読んで関心は持っていた。ちゃんと習慣プランをつくって取り組まないと出来ないだろうと思い、今後にとりくむ習慣化のリストの中に入れていた。今年は取りくみたい。予定では春以降になる。

ブログ

ブログについては習慣化できていたはずだったものが2017年は崩れてしまった。手帳の記入が習慣化されてアナログ脳になってしまったのかもしれない。

今までも気が向いたら書いていただけなので明確な習慣ルールがあったわけではない。いつ書くとか細かいルールを決めてもうまく行くかわからない。それよりは他の習慣化と組み合わせるのが良いのではと考えている。例えば、せっかく読書の習慣があって、読書ノートまで書いているのでその読書ノートを参照するだけでも本の紹介ブログが書けるとか。単純に習慣化の取り組みに関して書くだけでも需要があるのではないかと思ったり。

というわけで2018年はブログを試行錯誤する予定。

お気に入りCITIZENの目覚まし時計が壊れたので買い替えた

目覚まし時計は信頼できるものを使いたい。なんとなくCITIZENなら信頼できるというイメージからCITIZENの目覚まし時計を使っていた。2009年に買ったものなのでもう9年近く使っていたことになる。

CITIZEN

何度もベッドから落として衝撃を与えても問題なく使えてきた。しかし、とうとう使い続けるのが難しい状況になった。

しばらく前から秒針は動いてなかったがそれに関しては気にはしていなかった。現在問題になっているのは目覚ましを止めるスヌーズボタンが押せなくなっていることだ。ボタンの戻しが効かずに押せなくなっているのでスヌーズではなく元から断つしかなくなっている。今のところそれで寝坊などの大きな問題は起こしていないがいつかやらかす恐れがあるので買い換えることにした。

流石にもう同じものは買えないかもしれないと思っていたがまだ販売されていた。
ネムリーナR411

型番が 4RK411-018 から 4RK411-019 に変わっているので一度マイナーチェンジはしている模様。色がゴールドからシルバーに変わっている。

  • デザインがシンプル
  • 電波時計に対応している
  • スヌーズ機能がある
  • それなりのベル音が鳴る

ということから気に入っている。デメリットはアルカリ電池を4つも要求してくることろ。

ちなみに4RK411-018のAmazonのレビューで2ヶ月で壊れたという低評価があったが、僕は8年8ヶ月使えました。

5年ぶり加湿空気清浄機を買い換える

シャープの空気清浄機KC-G40を買った。17,000円。

シャープ空気清浄機KC-G40-W

シャープのKC-A50-Wからの買い替えで5年以上前になる2012年の3月ごろ買っていた、22,000円。以前よりも、安くなったんだなぁと思っていたら気のせい。空気清浄機は秋ごろ発売されて夏ごろ次のモデルが出るのに合わせて安くなるらしい。

シャープの場合、説明書にフィルターが10年間交換不要とあるので10年以上使うことを想定しているが、毎月の手入れをサボっているため3年〜5年くらいで買い替えてしまう次第。別に出たばかりの最新機種を使う必要も無いので夏頃買うのが良さそう。

今回安くなっている季節だったこともあり、もう一ランク上のプラズマクラスター25000の製品を買うか悩んだが

  • 大きい
  • レビューによると多少うるさいらしい

あたりが、ベッドの近くに配置する都合で合わなかった。

少し給水ボトルが小さくなったかなぁと思うくらいで、5年前に買ったKC-G40との体感的な違いは余り感じてはいない。

おいしいラムネにハマった

おいしいラムネというラムネにハマッて箱買いした。
https://item.rakuten.co.jp/rcmdse/kc-812633/

美味しいラムネ

最初、ナチュラルローソンでペットボトル版のおいしいラムネを発見した。程よい炭酸と、飲んだ後に後片付けが楽な点が高評価でリピート買いするようになった。しばらく買い漁っているうちに、ナチュラルローソンではおいしいラムネ補充されなくなってしまった。最初から在庫限りだったのか、他の人が買っておらず不人気商品と判断されたのかはわからないが…(その後、フルーラ(マンゴー、ライチ、ラフランス)という別のラムネ商品が販売されていた)

暫く待っても、一行にナチュラルローソンではおいしいラムネは補充されないため諦めて楽天で箱買いした。

ペットボトル版は軽いし、キャップも開けやすいのでゴミの分別がしやすい。ただ、自治体のゴミの分別を調べたところ、ガラス類は月1回の不燃ごみなのでビー玉(A玉)は結局別で捨てないといけない模様…

しかしながら、商品に「おいしい」と付けるのは、メーカーによほどの自信があるということか。

THERMOS マイボトル洗浄器を使う

ボトル洗浄器

マイボトル洗浄器 APA-800を買って使ってみた。独自特許技術により茶渋やコーヒーの着色汚れをとってくれる。
http://www.thermos.jp/product/detail/apa-800.html

APA-800は800ml以下の水筒に対応しているのでこちらを購入。(APA-1500が1500mlの水筒まで対応)

確かにきれいになっているが、よくあるCMのキッチンのお掃除のように完全に綺麗になってはいない。やはり、手を突っ込んでゴシゴシスポンジで磨きたい…

2代目THERMOS水筒を買う

「水出しで美味しい麦茶」を見つけてからここ数年、ずっと麦茶を飲み続けている。それで何か身体が変わったかと言われると何も体感はできていないけど…。

もともとウーロン茶が好きじゃなく、実家ではずっと麦茶を飲んで育ってきた。大人になってからはウーロン茶も飲めるようになったがどっちが好きかと言われれば圧倒的に麦茶。しかし、会社では麦茶が完備されてないので家で入れた麦茶を水筒に入れて持って行っている。休日出かけるときも荷物が多くないときは持っていくほど。

肝心の水筒はTHERMOSのマグタイプの型番でいうとJNO-500のを使っている。
THERMOS 製品情報 水筒

さすがにほぼ毎日、水筒を使い続けていたので初代が大分消耗してしまい、最近は飲み口からお茶が溢れてしまう状態だったので買い替えを決断した。パールホワイトの白とアクセントカラーの水色のカラーバリエーションがとても気に入っていたので同じ色で2台目(2代目)を購入。キャップだけ売っているようなので部品交換で済ます手もあったけど、洗う時に手が入らず、ずっと内部をちゃんと洗えていない気がしていたので丸々買い替え。

棒にスポンジが付いたやつで中を洗っているけどちゃんと接触して洗えているのか自信がない。「THERMOSから何か提案してくれよ」と思っていたらすでに提案されていた、ごめんなさい。

サーモスからお手入れ製品の登場です。
http://www.thermos.jp/product/detail/apa-800.html

500mlの場合はAPA-800で良さそうなので2代目はこれで洗っていこう。というかこれがあればキャップだけ交換すればよかったのでは…キャップも買って初代を復活させるか…

なぜ、あなたは変われないのか

なぜ、あなたは変われないのかを読んだ。

この本の著者である古川武士さんは、習慣化にハマるキッカケを与えてくれた「続ける習慣」を書いた人なので珍しく著者で本を選んで読んだ。

2017年から手帳を使うことにしたのもこの本に載っている感情日記を試してみるためだった。1月分感情日記を書き続けられたのでとりあえず「感情日記を書く」という行動習慣はひとまず達成。「なぜ、あなたは変われないのか」も習慣化の類の本で、感情日記からビリーフという無意識の思い込みを抜き出し、6ヶ月かけて思考習慣を改善していくことが書いてある。

感情日記が溜まってきたのでそれをやろうとチャレンジしているが、何をどうして良いのかまだ理解できていないので何度も本を読み直してタスクを作っているところ。完璧主義者対策そっちのけになりつつある。

3級FP技能検定

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定を受験した。勝手なイメージだが3級FP技能検定の受験者はやはり文系が多い気がする、カラーコーディネーター検定試験を受けたときはデザイン・服飾系の人が多いイメージだったが、やはり理系はあまり受けない資格かもしれない。自分も最近まで存在すら知らなかったし。

きっかけ

試験を受けるキッカケとしては貧乏父さんやソフトウェア開発者の人生マニュアルを読んだりして確かに自分はお金(資産)に関して無頓着すぎると思い、勉強しようと思ったのが始まり。

何から初めて良いかわからないところにファイナンシャル・プランニング技能検定を見つけた。試験に受かるための勉強は若干微妙だと思うがゴールや目標があったほうが勉強しやすいので受けることにした。

独学とポモドーロ・テクニック

お金関係の仕事ではこの資格が役にたったり、プランナーなので人の計画に相談に乗ることもできるらしいが今回の目的は完全に自分の(勉強の)ため。それ故、試験に出る出ない関係なく知りたいことは調べていたので若干時間がかかった気がする。

4週間前から勉強を初めて、毎日ポモドーロで2,3回(1-1.5時間)やれば良いと思っていたのだけど計画通りにできず、数えたら半分以下しか勉強できずに直前に20ポモドーロやる羽目になった。

しかしポモドーロ・テクニックは試験勉強にも役立った。勉強方法はテキストを自分なりに要約して、問題集を解いて答え合わせしてさらに要約に補足し、復習をして記憶を定着させるといういつもの独学パターンだったが、1ポモドーロでテキストが何ページ進んだかを記録してあと何ポモドーロで終わるかを随時アップデートしていたので勉強時間は少しはコントロールできていた。逆に最後に20ポモドーロやれば間に合うという余計なことも考えてしまったので良し悪しだが。

最後に1サイクル全問題を復習したのを含めて80ポモドーロ勉強した。時間にすると約40時間ということになる。(1ポモドーロが25分集中、5分休憩)結局はテキストと問題集の2冊でしか勉強していない。仕事帰宅後でやると3、4ポモドーロから辛くなってくる。今思うと6週間くらい前から毎日2ポモドーロずつやって最後の1週間で問題集を反復すれば良かったと思う。

今後

はっきりいって3級は難しくない。合格点は60%の正解だし、しかも問題が○☓の二択か三択問題。歴史は好きだが年号が覚えられない個人的には数字が多いのが辛いところだったが自己採点では8割あってるので受かっただろう。何方といえば資格よりも2週間80ポモドーロ勉強した経験こそが重要だと思う。

さて今回は「日本FP協会」のFP技能検定を受けたのだが、問題集をやっているちに「日本FP協会」の実技問題、「金融財政事情研究会」の実技問題というのが出てきて、FP技能検定を実施している団体が二つあることを受験を申し込んだあとに知った。しかし、同日の2級・3級は同一試験問題で実施されているらしく独学者側から見ると謎が多い。

まだ2級と3級の違いも理解しておらず、もともと資格自体は目的ではないので2級を受けるつもりなどは無かったのだが、次の目標にちょうどいいとか3級が受かると上の称号が欲しくなったりして少し考えてしまう。

インプットとアウトプット

2ヶ月以上ブログの更新を怠っていたが別に忙しくて書けていないというわけではないと思う。書くこともあり、過去の日付の記事でもモリモリと後から更新しているのでブログの記事の日付を見ると間隔は空いていないように見えているだろうが、実際は2ヶ月くらいアップしていない空白があった。とりあえず今はインプットとアウトプットのバランスが悪い。

今年に入って習慣化の取り組みにはまっている。最初は身体習慣から入って、その後は行動習慣にいろいろ取り組んでいる。その多くがインプット系で、それがもともとあったブログを書くなどのアウトプット系の習慣が脅かされている印象を受けている。

新しい習慣化として取り組んでいる活動は「続ける習慣」にそって、戦略を練った上でやっているため、それまでなんとなくでやっていた戦略のない既存の習慣が追いやられてしまう。

読書の習慣のように曜日と場所を決めていたものは大丈夫だけど、ブログのように特にいつ書くか決めていないようなものが他の習慣化の時間のスケジューリングで弾かれていく。

まぁ、言い訳なのだけど。

習慣化にはまっているので対策もわかっていて、読書のように時間や場所を決めてしまえばいいだけなので、またアウトプット系を習慣化として計画中。

電力自由化

4月になって電力自由化になった。4月になったら考えようと思っていたのでとりあえず考えた。結論からいうと東京ガスのずっとも電気1(東京ガスとのセット割)にした。

まずは東京電力だとどうなのかを調べた。夜安くなるプランがいくつかあるけど、古い冷蔵庫やらPCやルーターつけっぱなしで昼間もそこそこ電気使っている気がしてあまり安くならない気がした。

次に価格.comの電気料金比較エネチェンジを参考にした。そこそこ電気を使っていて年に5,000kwくらい使っている。比較サイトの結果だとこんなかんじ。エネチェンジは月ごとの数値を入れても正しく反映されていないようだったので多少結果が異なっているのかもしれない。

価格.com エネチェンジおすすめ順 エネチェンジ価格順
1 ミツウロコグリーンエネルギー 東京ガス ENEOSでんき
2 ENEOSでんき ENEOSでんき 東京ガス
3 東京ガス Looopでんき Looopでんき
4 サーラeエナジー TEPCO eREX
5 青梅ガス 昭和シェル石油 EneOne

最初は東京ガスか、東急系のインターネットを使っているので東急パワーサプライを考えていた。東急パワーサプライはそれほど安くもなく、インターネットの割引が100円/月にしかならないことと、インターネットの割引になる期間が限定とわかったので早々に候補から消えた。

http://www.itscom.net/special/energy/
イッツコム でんき割とは、イッツコムのサービスと“東急でんき”を同時にご利用いただくことで、イッツコムの対象コースによって、最大350円お得になる割引プランです。
受付期間: 2017年3月31日まで
割引適用期間: 2016年4月分~2019年3月分

比較サイトから東京ガスか、ENEOSでんきがオトクとわかった。ちなみに価格.comの一番上に来るのは信用しない性格。

東京ガスには1,000円で15バッチョポイントという謎のポイントサービスがあり、それを考慮するとENEOSでんきより安い。ENEOSは2年縛りがあるものの、途中解約金が1,080円と対したことがないこと、3年目以降は1kwで0.1円割引が加わるのでそれを加味するとさらにENEOSでんきの方が安い。

とは言え数百円の差なのでどっちでも良くなり、最終的に東京ガスを選択した。車乗らないしENEOSに全く親近感がわかなかったというのが理由。