平日夜に古代アンデス文明展に行く

神殿やインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」で有名な古代アンデス文明展に行ってきた。上野の国立科学博物館で2/18(日)まで開催されており、金曜日夜の駆け込みでの参加。部分的に写真撮影も可能だった。

andes2018

上野までの距離と、上野公園の奥にあることで土日に行くには億劫だったので、金曜夜(20時まで開館)に参加してみた。予想したほど(独占的にじっくり見れるほど)空いてはいなかったが、土日ほど混雑しておらず、観覧に支障はなかった。

アンデス文明は1万年ほど続いたとされており、地理的に縦方向にアフリカを横断しているため時代や各地で複数の文化が存在している。インカ帝国は15世紀なのでアンデス文明の中では終期で近代よりである。

古代アンデス文明の興味の一つは神殿。初期の神殿は現在のところ、その巨大な建造物が権力者なしで作られたとしている。古代アンデス文明展では建造物を見ることはできないが、コトシュ遺跡「交差した手の神殿」壁面レリーフなどが展示されている。

アンデス文明では動物をモチーフとした宗教的図像が良く用いられており、猫などの動物の像が複数観ることができた。

andes2018

寒冷高地ではジャガイモなどのイモ類が主食とされていたが、それを確認できるものを展示物とするのは難しいのかも。あまり確認できるものはなかった。

andes2018

逆にチチャというトウモロコシ酒が重用されていた部分については、酒を入れる土器やその模様で文明を知ることはできた。

andes2018andes2018

andes2018andes2018

本も読んでみたらアンデス文明が面白く、マチュピチュにも行きたくなった。HISツアーだと30〜40万くらいかかる。最終的にインカ帝国を滅ぼしたのはスペイン人でもあり、スペイン語圏。

もう少し勉強したいが歴史の研究本はあまりKindle化されていないので図書館に行って読む方が向いているかもしれない。

文明展は面白い。古代アンデス文明展での戦利品は栞。

andes2018

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちを見に行った。

「知識ゼロからの西洋絵画史入門」を読んで少しだけ西洋絵画の歴史に触れていた。西洋絵画の歴史は神話や宗教を描く時代がずっと続いていてルネサンスの古典文化の復興にちなんで神話画の展覧が多くなっている。さすがにモナ・リザは無かったが。

ルネサンス絵画とは、「古代の肉体表現とキリスト教美術の融合」と、とらえた方が理解しやすいでしょう。

この手の絵画はそれほど好き絵はなかったが歴史を知ると芸術というより文化遺産的な視点で観ることができた。丁度、油彩が登場した時代でもありテンペラ以外でも油彩+板などの組み合わせの作品もあったりして、使われている素材に着目してみてみるのも良い。

美術館に行くときは歴史を予習しておくのがお勧めである。

ルノワール展

終了間際になったので8/22までやっているルノワール展に行ってきた。

RENOIR展

終了直前の再来週はITカンファレンスがあるのと、来週は祝日・お盆で混んだから嫌なだなぁと思ったので今週末がギリギリと判断。今月からは土曜日も20時までやっているということで18:30にくらいに行ったら大分空いていた。次も終了二週間前くらいの遅くまでやっている日に行くか。

人物画はあまりよくわからないが、印象派でもあるルノワールなので結構楽しめた。たくさんの作品がオルセー美術館所蔵ということで現地でも見てみたいものである。

PIXAR展

スタジオ設立30周年記念ということで開催されているPIXAR展を見に東京都現代美術館に行ってきた。

Pixar展

アートワークやPIXARのアニメーションの作り方、中の人たちのインタビュー動画などが見れる。展覧自体は混んでいたが、バグズライフのところは空いていた。あまり認知度が無いのだろうか。

ちなみに東京都現代美術館は今やっている展覧会が終わったら大規模改修工事に伴い休館するので今のうちに行くのが良いと思われる。今でも十分綺麗に見えるのだが。

PIXAR展は5/29日まで。DVDでおさらいしてから行くのが良いと思う。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦

先月はカンファレンスに行ったあと風邪をひいて全然出かけられなかったので、終了する前にレオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦に見に行った。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦

行ったことないなと思ったら博物館だった。なかなかデカイ。

江戸東京博物館

博物館とあって「糸巻きの聖母」は展覧できたけど、「鳥の飛翔に関する手稿」など大部分は科学的な資料の展示だった。ダ・ヴィンチは左利きで鏡文字を書いており、何語かもわからないくらい読めなかった。Wikipediaによるとラテン語らしい。

江戸東京博物館は図書館もあって江戸東京と入っているように東京関連の歴史の本などもたくさんあってなかなか良い博物館だなと思う。近くに駐輪場もあるので近い人は自転車で行ってもよいと思われる。

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

先週のRubyKaigi 2015に引き続き何故かまた汐留。

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

RubyKaigiの時から「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち」が気になっていた。ベルサール汐留から汐留ミュージアムが近いので1時間半の休憩で見に行けないかと思っていたけど計算すると難しかった。イベント会場の出口が混雑するので出るのにそこそこ時間がかかる、往復で時間がかかる、午後のセッションのため良い席を取りたいので早めに戻りたい、などなどを考慮するとゆっくり見ることができない。

それでまた今度行こうとRubyKaigiの時に諦めたが、展覧会の期間が12/20までなので今週末行くしかなく、行ってきた。

汐留ミュージアムはビルの中にあるからさほど大きくないだろうと思っていたが、80点近く展示物があったので先週焦っていかなくて正解だった。侮れない。とは言え、やはり広くはなく、なんだかんだ人も来ていたので狭い中で微妙に混雑する。

パナソニック汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/

サイト見ていたら割引券があったので利用させてもらった。

モネ展後期

先々月の前期に引き続き、東京都美術館で開催されているモネ展の後期に行ってきた。

monet

モネ展は12/13日までやっている。前期に「印象、日の出」が、後期に「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」が展示。土曜日の朝一に行ったので前回の3連休ほど混んでおらず、ほとんと待たずに入れた。しかしながらやはり人は多く、それほどのんびりは観覧できなかった。後期は夜に行こうと思っていたんだけど、21:00までやってるパターンは11月以降無いようだったので諦めて週末の朝行った次第。多分、美術館が終わってからだろうけど天皇陛下もご鑑賞なされていたらしい。(天皇、皇后両陛下「モネ展」で1点ずつ鑑賞)

今日は前期のときにあまり見なかった、肖像画、初期の作品、モネが収集した他の画家の作品を中心に前回疲れてあまりちゃんと見れなかった晩年の作品をじっくり見た。モネが収集した作品では彼が影響を受けた画家の作品が見れて興味深い。

フランスに行くことがあればマルモッタン・モネ美術館を始めいろんな美術館を巡りたいものだ。

混雑のモネ展

進撃の〇〇みたいなタイトル。東京都美術館で開催されているモネ展に行ってきた。

モネ展で展覧できるものは

  • 初期の作品(風刺画)
  • 印象派の作品
  • 家族の肖像画の作品
  • モネが所持している他画家の作品

あたり。10/18日までが前期で、後期が12/13日まで。前期に「印象、日の出」が、後期に「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」が展示される。

行く前から嫌な予感はしていたのだが、朝一で行ったものの開館する前から行列になっていた。前売り券を買っていたのでチケット売り場はスルーできたし、ロッカーも空いていたものの、結局入れたのは開館時間から25分ほど過ぎた頃だった。

待つことよりも、混雑すると落ち着いて観覧できないのが辛い。後期のチケット分も持っているので人物系や他画家の作品はスルーした。美術館を出る時には60分待ちになっていた。

主催に日テレが入っており、連休付近の番組で取り上げていたのを「混雑するからやめてくれよ」と思っていた。前期終了間際で何かあったら困ると思って一週間前に行ったわけだが、直前まで連休だったことを忘れていた情弱な自分が完全に悪い。隣の上野動物園の行列に比べればまだ美術館の方はマシだっただろう。

平日休んで行く、平日朝一で美術館行ってから出社なども考えてみたが、平日の朝行くと出勤ラッシュに巻き込まれる恐れもある。

そんな中

https://twitter.com/tobikan_jp/status/652447745018454017
【オススメ時間情報】 #モネ展 は、10/10(土)、10/11(日)は21時まで開室します(20時30分までに入室ください)。日中は混み合っていますが、夜間の時間帯はじっくりモネと向き合うことができ、オススメですよ。

という情報を見つけた。これだ。後期は夜間までやっているときに19時くらいに行こう。夜なら家族連れや高齢層のお客はいまい。

駆け込みマグリット展

ぎりぎりでマグリット展を見に行った。

マグリット展

ルネ・マグリット(1898-1967)は、ベルギーの国民的画家であり、20世紀美術を代表する芸術家です。シュルレアリスムの巨匠として知られていますが、枠にとどまらず、独自の芸術世界を作り上げました。言葉やイメージ、時間や重力といった、私たちの思考や行動を規定する“枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界は、その後のアートやデザインにも大きな影響を与えました。日本におけるマグリットの展覧会は、1970年代以降何度か開かれてきましたが、本格的な回顧展は2002年以来、実に13年ぶりとなります。
ベルギー王立美術館、マグリット財団の全面的な協力を得て、世界10か国以上から代表作約130作品が集まる本展に、どうぞご期待ください。

芸術のことはよくわからないが、マグリットのレイヤーの捉え方や視点の切り方はいろいろ参考になるところがあると思う。

新印象派―光と色のドラマ

東京都美術館の新印象派―光と色のドラマ見てきた。

新印象派―光と色のドラマ

ポール・シニャック派。

カラーコーディネーター検定でもでてくるシュヴルールの「色彩の同時対照の法則」とかスーラやシニャックのパレットとか絵画以外にも興味深いものがあって面白かった。

上野公園って美術館や博物館がいろいろあって楽しいところなんだけど、結局いつでも行けるしと思っていつも目当ての展覧会しか行ってない。そもそも、ちゃんと見て回ると時間かかるからはしごはキツイ。