Nintendo Switchの感想

Nintendo Switch スーパーマリオ オデッセイセットを普通に定価で買え、Amazonから届いたので遊んでみた。

Nintendo Switch

  • 生産が間に合わないのはわかる
  • 自分はターゲット層ではなさそう

生産が間に合わないのはわかる

実際のモノを見るとよく出来ているというか、よくこんなモノを作ろうと思ったなぁと感じる。コントローラーが分離できたり、本体にくっついたり、いろいろな遊び方を提案することが目的なのでそういう作りになっているんだけど、これは製造が大変すぎる。生産がまったく追いつかないのはわかる気がする。

ハードの生産が大変なのに、ゼルダ、スプラトゥーン、マリオといった人気ソフトを次々リリースしたのは良かったのか悪かったのか。。。

自分はターゲット層ではなさそう

自分はゲームは1人で黙々とやりこみたいタイプである。持ち出して複数人で遊ぶとか、コントローラーを分離して複数人で遊ぶというユースケースがないので、PCゲームの方が向いているのかもしれないと思ったりする。結局マインクラフトもPCでしかやらないし。

Nintendo Switchに限ったことではないけど任天堂製ハードの魅力を最大限に発揮できるソフトをつくれるのは結局のところ任天堂しかないのかなというのがまずある。スーパーマリオの本流シリーズって1ハードで何本も出ない気がするのであまり遊びたいタイトルがSwitchでは出てこない恐れ。

マリオオデッセイについて

ゲーム性としてはすごく良くできていると思った。

  • マリオとしてのアクション性
  • 謎解き要素
    • 帽子で他のキャラクターにキャプチャーすることでできることが無数に増える
  • パワームーン集めとしてのやりこみ要素
    • クリアするとさらなるパワームーンが解放され2週目をまわせる
    • 実績を解除することでもらえるパワームーンがある
  • コイン集め、アイテム購入としてのやりこみ要素
    • マリオのワールドによって変わる季節感や地域性によって衣装を変えたくなる

悪いところとしては操作性。

カメラワークによって十字操作の向きが変わってしまうため、まっすぐ上や横にジョイスティックを傾けたつもりがずれて落ちたり、遠近法によってジャンプの距離感が判断つかないことがよく起きた。そのためアスレチックコースでは左手でマリオを動かしながら、右手でカメラ視点を同時に調整しながらプレイしていた。カメラワークをそこまで調整させられるのはアクションゲームの操作の本質からはズレているように感じる。

最初、異常に操作しづらかったのだが、プレイステーションゲームの「龍が如く」のカメラワークの方向がマリオオデッセイと逆ということに気が付いて設定を反転したところ問題が無くなった。逆に「龍が如く」シリーズでカメラワークを調整しながらバトルするというプレイスタイルに慣れていたことがマリオオデッセイの操作に反映されていたのかもしれない。ちなみに「龍が如く」のカメラワークは敵に囲まれたり、街中で探しモノをする時にあくまで視点を変える目的で使うのでそれほど操作の本質からはズレていないと思っている。

検索してみると操作性が悪いという意見はそこそこあるようだ。操作性が問題になっているけどそもそも2D画面で見ている時点で限界があると思うので、VRでプレイできたら改善するのではと思ったりする。

Nintendo Switchが買えた!!

買うことを諦めていたNintendo SwitchがAmazonから注文できた。

宗教上の理由で「ゲーム機を定価より高い価格で買わない」(転売屋から買わない)ことにしていたためNintendo Switchを買うことをすっかり諦めていた。

そんな中、なんとなくAmazonで見てみるとスーパーマリオ オデッセイセットが定価でかつ、販売: Amazon Japan G.K. となっていたのでポチってしまった。その後、見てみたら定価より高い価格でAmazon以外で販売されていたので本当にタイミングが良かったのかもしれない。てっきり、ソフトが発売されたタイミングだけの限定販売だと思っていたが、在庫が復活したということはスーパーマリオ オデッセイセットも製造されているということか。同じ宗教上の理由を持っている人からは狙い目かもしれない。

取り急ぎSDカードなし版。調べた所、SDカードはダウンロード版をプレイするなら必要となってくる。今回はスーパーマリオ オデッセイセットのパッケージ版付きを買ったわけで、Wii Uのときもマリオとマリオメーカーくらいしか結局遊ばなかったのでSDカードは今のところ買わなくて良いと判断した。

PlayStation VRを買ったが誤算でした

PlayStation VRを買ったがまったく使いこなせていない。

10月14日から定価が下がり、生産が安定してきたのか普通にソニーストアで買うことができた。
http://www.sony.jp/playstation/psvr/

PS VR

VRコンテンツとして「グランツーリスモSPORT」をプレイして楽しむつもりだったのだが…

まず、グランツーリスモSPORTがオンライン対戦メインのゲームになってしまっていたこと、全ての機能がVRが対応しているわけでなく、オマケのようなVRモードというゲームモードで使えるということだけ。早々にグランツーリスモSPORTをプレイすることを止めてしまってPlayStation VRを楽しめていない。

そもそもVRを試すのであればPS4である必要はないわけで、グランツーリスモSPORTが自分に合わなかったのは相当な誤算。これならPROJECT CARS 2をPC VRでやるのが良かったのでは…。

Nintendo Switchの予約無理

22日(火)から公式通販サイトNintendo Switchの予約が始まったが、アクセス人数制限でアクセスできずずっと予約できないのでもう諦め気味。試合終了。

特に買ってもやるゲームが無さそうなのでここまでスルーしていたNintendo Switch。マリオオデッセイの発売が10/27で、公式通販の予約は10/1からの発送と聞き「10月からで十分だ問題ない」と思ってチャレンジしたものの、火曜日から金曜日まで連日予約ができず、土日は受け付けていないらしい。

もうほぼ諦め気味。定価で買えないと負けた気になるのでなんとか通常の価格で変えるように頑張ろうとしていたが、もうそんな考えも捨ててしまうかもしれない。時間が無駄過ぎる。

予約するのに1時間公式通販サイトに張り付いたとして、それが時給千円の仕事だったら10日頑張って予約できなかったら1万円分の時間の無駄になる。じゃぁ最初から1万円くらいプラス価格で流通されているNintendo Switchを買ってしまった方がてっとり早いのではないかと自分を納得させるための計算をしている所。

あとは10月にはグランツーリスモSPORTが発売されるのでマリオの両方をやっている時間もないと自分に言い聞かせている。

というわけでもう公式サイトでのNintendo Switchの予約は諦め気味。ほとぼりが冷めて普通に買えるようになってからでいいです…

龍が如く6クリア

龍が如く6をクリアした。まだ亜門とは戦っていない。

特にプレイしてボリュームが少ないと思わなかったけど、よくよく考えると今まであったカジノや闘技場がなくなっている。まぁ闘技場はストーリ上絡んでないと出しにくいものではある。

神室町の一部が通行止めで移動できず、最後の方に行けるようになるのだろうと思っていたら最後まで行けなかった。移動時とバトルシーンをシームレスに切り替えなく進められるように今回作ったのでひょっとしてデータ容量の限界だったのかなと勝手に思ったりしている。

バトルシステムについては虎落としが経験値を上げれば手に入れられるので能力のバランスを無視して真っ先に手に入れたが、過去作品に比べてひどく威力が弱い気がする。しかも追い打ちの極みが無くなったようで、虎落としで溜まったヒートで追い打ちの極みを当てるという知らないうちに癖になっていたコンボが使えなくて大分苦労した。捌き返しも無いし。

路上武器で殴った方が早いという微妙なゲームバランスになっていたのでこの辺は今後の課題なような気がする。古牧流奥義がなくてもほとんどボス戦に困らなかった・・・路上武器のヒートアクションにヒートを使った方が楽なのでアルティメットヒートモードの使い所がイマイチわからず過去作品に比べてバトルシステムの爽快感があまり味わえなかった。

6のストーリに続きがあるのかは謎だが、過去編でも時代劇編でも良いのでバトルシステムを改良した続編を出してもらいたい。

龍が如く6

もう今年も12月である。秋に出るはずだった龍が如く6が到着した。ネタバレが嫌なので事前情報をほとんど仕入れずのプレイ。

龍が如く6は龍が如く5の続編になる。一応、舞台は現実世界の時間軸に合わせてあり2016年12月ということになっている。龍が如くシリーズ自体は龍が如く5のあと、龍が如く0という龍が如く1よりも過去の話と龍が如く極という龍が如く1のリメイクが発売されているので最早、記憶は定かではない。

今回はバトルシーンや店に入った時と街の移動時が切り替わらなくなりシームレスになった。体験版で感じた重さや、視野の悪さは製品版ではあまり感じなかったので改善されたようだ。ストーリー自体はネタバレになるのでゲーム性などはおってレビューしようと思う。

ゲームの秋

そろそろゲームの秋だと思っていたがそうではなさそうだ。「グランツーリスモSPORT」は2017年に延期になっていた。「龍が如く6」は秋頃発売となっていたが12/8に発売日が決まったようだ。

グランツーリスモはもしかしてVR対応してくれるかもと淡い期待もしているのでであれば来年でも良い気がする。

龍が如く6 命の詩はYouTubeの紹介動画を見る限り、かなり盛り込んでいるので時間がかかるのはわかる気がする。「龍が如く極」がかなり「龍が如く0」のシステムを使いまわしていたので開発者の反動だろうか。慣れるのに時間がかかりそうだがすぐになれるだろう。販売間隔が短いので「龍が如く極」もまだやり込んでいないが・・・

そしてPlayStation VRは手に入れるのを諦めたのでほとぼりが冷めた頃に買えればよいと思っている。とくにやりたいゲームが無いので予約販売で他の人に負けても仕方がないと思っているけど転売屋には対応してくれないのだろうか。

ソニーストアで使うMy Sony IDとPlaystationで使うSony Entertainment Network(SEN) アカウントを共通化したのでちゃんとPS4でゲームをやっている人に販売するなどは技術的にチェックできると思う。さらにちゃんと購入したMy Sony ID(SENアカウント)でしかアクティベーションできないようになっていたら完璧だが。

問題はPS4と一緒に買う人に売れないし、対応コストがかかる、でソニーがそれをするメリットがない。ソニーからすれば転売屋が買おうが利益は同じだからなぁ。。。

PlayStationVR買えず

PlayStationVRを予約しようとしたが予約開始時間と同時に予約サイトでもあるソニーストアがまったくつながらなくなり、何回かリロードしたりしてみたが結局、予約はできなかった。

最近VR技術そのものが注目されているので研究目的で買う人もいたんじゃないかと予想しつつ、こっちは純粋にゲーム機器として欲しかったので「真っ当なターゲット層だから買わせてくれ!」と心でつぶやきながら頑張った。けどだめだった。

とりあえずレースゲームがちゃんとできるころに手に入れられれば良いと思っているし、どうせ発売される秋ごろは龍が如く6グランツーリスモSPORTで忙しいので買えなかったけど大丈夫と強がっている。

グランツーリスモSPORTを予約

いつの間にか発表されていたグランツーリスモSPORTを予約した。なんとなくリミテッドエディション。発売は11/15日。

グランツーリスモ6の続編と認識しているのだが、「SPORT」と付いているようにスポーツカー専用になるようなニュアンスがある。だとするとゲームの序盤に一般車で頑張らないといけないレースがなくなるのかしれない。まったく問題なし。

F1まで行くとF1専用のゲームがあるし、GT-Rやフェラーリを乗り回せるくらいにフォーカスするのがゲームの住み分けとして良いのかもしれない。グランツーリスモ6もGT-Rで行けるところまで行った後、耐久レースとかは面倒になってやらなくなったし。

龍が如く6が秋には発売される予定なので今年の秋ごろから忙しくなりそうだ(?)。逆に秋まではまったくゲームしないと思われるが。

龍が如く 極

2週間前の1/21(木)に発売された「龍が如く 極」(PS4版)に夢中になっていた。ゲームに夢中になると家でPCを開かなくなる問題があるがいいや。ゲーム本編はクリアしたが裏ボスの亜門はまだ倒していない。

「龍が如く 極」は初代の「龍が如く」のリメイクだけど、去年でた「龍が如く 0」の続編と考えた方が良いのかもしれない。「龍が如く 0」は「龍が如く」の17年前が舞台で、その登場人物が「龍が如く 極」でも出たりする。それ以外にもいろいろ上手く再利用されている。

  • バトルスタイル
  • ワールド(神室町)
  • カツアゲくん → どこでも真島さん
  • キャットファイト → 昆虫女王メスキング
  • ポケットサーキット

「龍が如く 6」の先行体験版があるということは同時進行で開発しているのだろうけど、うまく「龍が如く 0」を再利用しているので短期間で出来たのかもしれない。

内容に関しては「龍が如く」自体をPS3のHD版をダウンロード版でプレイしていたのでどれくらいの改善されたのかわからないけど、「龍が如く 0」同様PS4で3Dのクオリティが素晴らしくなっている。

ただ丁度、少し前から個人的に龍が如くのEX-HARD 2週目というの敢行して、ストーリー自体を覚えていたため感動が薄れてしまった。

やはり龍が如くの面白さの一つのはストーリー性にあってドラマ「24」にあるような、ストーリーが進むによって明らかになる黒幕の存在であったり、裏切りであったり、主要キャラクターが死んだりするのが惹きつけられる要因である。しかしストーリーを覚えているとそのあたりが薄れてしまうのでリメイク版はストーリーを忘れた頃にプレイしないと半減してしまうなと感じた。

FF7は完全にストーリーを覚えていないので楽しめるかもしれないけど、まだ買うかどうかは考えていない。RPGは面倒くさくて買う勇気が出ない。RPGはプレイの間隔が空くと進捗を忘れてしまって再開しづらくなるような気がしている。

龍が如くシリーズはポーズ画面で「次はどこどこに行かなければ」という主人公の独り言が表示されるのがありがたい。あれがあるので1週間経ってからプレイしても次に何をすればすぐにわかって良い。

「龍が如く 6」の先行体験版は「龍が如く 極」を終わった後のお楽しみということでまだ調べていない。亜門を倒してからチェックしよう。