これは絶対に買うNokia Sleep

NokiaからNokia Sleepという製品が発表された。

当社の最新のイノベーションである、Nokia Sleepがあなたをお待ちしております。この高度なセンサーは、詳細な睡眠サイクル分析、心拍数追跡、いびき検出機能を備えております。毎朝起床してから睡眠の質と量を十分に把握し、さらに、ホームオートメーションシナリオの作成、つまり、シームレスなIFTTT統合により、ベッドに入った際に自動的に照明をオフにするためのスイッチとして、Nokia Sleepをご使用ください。

Nokia Sleep

今はスマートウォッチで睡眠時間を測定しているが、専用の製品があるなら絶対に欲しい。

人間は人生の3分の1を睡眠に費やしていると言われる。だから、睡眠の質を上げることはすごく大事なところだと思っていて寝具には一流ホテルで使われているベッドを買ってみたり、東京西川でオーダー枕をしてみたり、お金を掛けている。

だからそこそこの値段であったとしても、Nokia Sleepに投資するだろう。

最近はいろいろなものが数値データとしてとれるようになった。でも自分もそうだったが、体重や、摂取カロリーや、歩いた歩数はチェックしても、一日何時間寝ているかをちゃんと自覚している人は少ない。ここに先行投資することは他の人と差を付けるチャンスだと思う。

睡眠時間の測定でNokia Goを衝動買い

AmazonのサイバーマンデーセールでNokia製品が安くなっていたので、Nokia Goを衝動買いした。約4,000円。

Nokia Go

セール以外の購入の動機としては

  • Apple Watchで上手く睡眠時間が測定できない
  • 既にNokia製品を使っている

があった。

Apple Watchで上手く睡眠時間が測定できない

スマートウォッチで活動を測定したい。でもApple Watchに標準機能として睡眠時間の測定は入っていない(Pebbleにはその機能があった)。

そのため、Sleep Trackerというアプリをインストールして使っていたのだが睡眠時間が取れない日が多く、Apple Watchで測定することに諦めが来ていた。

そこで寝る時だけ別のスマートウォッチを付けば良いんじゃないかと考えた。

既にNokia製品を使っている

先日Body Cardioに買い替えていたのでNokia製品のデータを管理するiOSアプリを既に使っていた。なんとなく、ヘルス系のデータ収集はNokiaで統一してみる。

使ってみた感想

睡眠時間は一応とれている。最大の不満点としてはバンドがつけづらいことである。まだバンドのシリコンが馴染んでいないのかもしれないが全然穴に突起物が収まってくれない。オプションで別のバンドがないか探してみたが、Nokia Goにアクセサリは販売されていなかった。この値段なので諦めるしかないか。

Google Homeを一ヶ月使ってみて

Google Homeを試してみたら便利だったから1ヶ月使ってみたが、あまり使えこなせていない。

Google Home

1軍になっている機能

  • 天気
  • タイマー

1軍落ちしそうな機能

  • アラーム

1軍落ちした機能

  • 予定

予定について

予定のデータがおかしいこと、プライベートな予定の管理が手帳中心になっていることもあり、Google Homeに予定を聞くことは無くなってきた。

随分前に、Googleカレンダー上である定期的な月曜日の予定を火曜日に移動した。Google Homeに月曜日の予定を聞くと何故かその予定が読み上げられる。iPhoneから設定したのでiPhone上のGoogleカレンダーアプリのデータが古いままなのだろうか?と思って調べてみたが、iPhone上では最新の予定が確認できる。そもそもその予定はもう削除して入っていないのに。謎。

「OK Google、予定が古いんだけど?」
「すみません、お役に立てそうにありません」

一体、君はどこのデータを見ているのか?怖い。

アラーム

Google Homeを目覚まし時計として使い始めた時は新鮮で効果があった。声で止める作業が意識的な作業になっていたからだ。

しかし、声で止めることに慣れていくと結局、無意識に近い状態で止められるようになってしまった。しかも、声で止められるということは寒い冬は布団に入ったまま動かずに済むで、より2度寝に対抗できない。「snooze」と言って止めないとスヌーズにならないし。

スマートウォッチのアクティビティのデータを監視して「本当に起きてますかー?」と自動でスヌーズしてくれれば素晴らしいけど、まだまだ進化はこれからといった所か。現状は人間が工夫して設定しないといけない。

Google Homeを試してみたら便利だった

家電量販店で見かけたので、帰ってから探してみたらGoogle Storeで売っていたのポチった。

Google Home

  • 天気
  • タイマー
  • 予定

あたりの機能しか使えていないが便利だ。この手の製品は技適などの問題で日本では買えないと思っていたので普通に使えて嬉しい。

シンガーポールから配送

Google Storeで注文したらシンガーポールから届いた。関税は掛っていなかったようだ。海外からガジェットを買うと大概、関税を徴収されていた記憶があったが、どうやらWTOの「IT関連製品の貿易自由化がIT技術の恩恵を世界に行き渡らせ、世界の人々の生活を豊かにする」というビジョンから最近は撤廃されているみたいだ。

http://www.customs.go.jp/news/movement.htm#290509
千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する二千十六年三月二十四日に作成された確認書(WTO譲許表の修正及び訂正)の締結について、5月9日に閣議決定され、我が国は、WTO事務局長に宛てた通告書において、本件確認書の効力発生日を平成29年5月16日と指定する(予定)。これにより、情報技術製品の貿易の拡大に関する宣言(拡大ITA)で決定された対象産品は、5月16日に関税撤廃される予定。〔実行関税率表(附表)(INN、民間航空機協定等)〕

天気

「今日の天気は?」「明日、傘はいるか?」などで答えてくれる。

本当に聞きたいことは「自転車通勤できるか」なのでまだアシスタントとの距離を感じる。1日の天気予報と通勤時間に雨が降るかどうかには隔たりがあるため特に曇りの時はまだ人間の確認が必要だ。

昼寝用タイマーは便利

昼寝するときに「30分後に起こして」が便利。

本で、昼寝は30分までが推奨でそれ以上寝ると深い眠りに入ってしまい、目覚めが悪くなって疲労感を感じてしまう。というのを読んだ。自分でタイマーを掛けるといちいち30分後の時間を設定しないといけないが、30分の目覚ましかけるのが面倒なのでこれは便利である。

あとは3分タイマーなども便利なので料理をよくする人にはキッチンにあると便利かもしれない。

Googleカレンダーの予定

「今日の予定は?」「明日の予定は?」と聞くとGoogleカレンダーにある予定の件数や、直近の予定を読み上げてくれる。忘れっぽい自分にはこれは有効活用できそうだ。忘れないように予定をカレンダーに入れても、そのカレンダーをチェックすることを怠ってしまうと何の意味もないから。

ただ最近は専ら予定を手帳に書き込んでいるため、Googleカレンダーにはゴミ捨てなどの定期的な予定しか入っておらず、まだ便利さはそれほど体感できていない。Google Homeに読ませるためにGoogleカレンダーに予定を入れて、Apple WatchのためにiPhoneに予定を入れてとか、機械に合わせて人間が操作している間に疑問が湧いてしまうが致しかたない。。。

Hueとの連携はトラブルがある模様

Google Homeに電気を消してもらえれば寝る時に便利になると思ったが、残念がながらGoogle HomeアプリでHueと連携がうまくできていない。

今持っている丸いHueのブリッジは「Bridge V1」と呼ばれているもの。現在は、「Bridge V2」と呼ばれる新しい四角のモデルがでている。

http://www2.meethue.com/en-us/support/release-notes/bridge
Bridge V1 = Round-shape bridge
Bridge V2 = Square-shape bridge (support Apple HomeKit)

https://productforums.google.com/forum/#!msg/websearch/pz1QUNhbtZI/0iof6GJHBQAJ
を見ると新しいBridge V2でもうまくいってない人がいるので慌ててBridge V2を買うのは止めておこう。

あとはエアコンのオン・オフもそうだし、Google HomeにIoTデバイスを連携できれば、音声認識がないデバイスでも音声で操作ができるようになるのでいろいろHackしていこうと思う。

Apple Payを設定したらiDになった

iPhoneとApple WatchにApple Payを設定した、まだ試していない。Apple Watchはパスコードが面倒になってすぐに辞めた。

きっかけ

財布を忘れたことにより面倒な時を過ごした。

財布を忘れた時のために、以下のどれかを鞄に入れることを考えたが何かピンと来なかった。

  • お札
  • クレジットカード
  • 電子マネー

そんなときたまたまカード会社からのダイレクトメールでApple Payが使えることが書いてあって、その存在に気付いた。

Amazon MastercardでApple Pay

持っているカードでApple Payが使えるものを調べてみた。使えないカードもあったが、Amazon Mastercard(三井住友VISAカード)で設定することにした。設定方法は三井住友VISAカードのサイトにiPhoneとApple Watchそれぞれ書いてあった

お持ちの三井住友カードをiPhone7やApple Watch Series 2 へ設定することで、「iD」マークのあるお店や自動販売機などで利用できます。

てっきりお店で「Apple Payで支払います」と言うものだと思っていたら、iPhoneやApple Watchを「 iD 」として支払うことになる。調べるとクレジットカードによってはQUICPayなど、カード会社毎の電子マネーに対応している。こんな日本ローカルの電子マネー事情に対応しているとは思っていなかったが、これが実現できているということは乱立している電子マネーの中にも何か共通仕様があるのかもしれない。いや、むしろそのせいで電子マネーが何種類も派生開発されているのか。

iDが使えるところ

iDはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートと主要なコンビニで使える。財布を忘れてもiPhoneかApple Watchがあれば食べるものには困ることはないだろう。
「iD」が使える主なお店

Apple Watchが面倒なところ

セキュリティの問題だろうが、Apple PayをApple Watchに設定するにはパスコードの設定が必須になる。Apple Watchは手首から外すとロックがかかるようで、セキュリティを踏まえればその仕様は理にかなっている。

とはいえ、充電やお風呂に入るときに毎日何度もパスコードを要求されるのが鬱陶しい。年に何回発生するかわからない財布を忘れた時のトレードオフには不釣り合いだと思ってパスコードを解除してしまった。財布を忘れた時のバックアッププランはiPhoneで十分。さらにプランBが必要ならお札を鞄に入れるだけで良い気がする。

Series 2があるけどApple Watch Series 3を買った

Apple Watch Series 3(GPS)を購入していた。結論から言うとSeries 2から買い換える必要はなかった。

文字盤

デフォルトのwatchOS4の文字盤だと、コンプリケーションの配置が「左上」「右上」「下」になった。「下」に配置したものは情報量が1行表示できるので以前の「左上」「右上」のアイコン表示よりも情報が増える。単なるアプリのショートカットとして使う場合は4隅に配置できる方が良く、「カラー」、「シンプル」の文字盤を追加すればwatchOS3時代のApple Watch Series 2で使っていた文字盤には戻せる。

Apple Watch 3

「下」に予定を表示したいが、iOS標準の予定表を使っていないので対策が必要そう。

https://developer.apple.com/jp/documentation/General/Conceptual/WatchKitProgrammingGuide/index.html
コンプリケーションとは、時計の画面に現れる小さな可視要素のことで、重要な情報をユーザに伝える働きがあります。コンプリケーションという用語は、腕時計に機能を追加すると組み立ての複雑さが高まるという、腕時計の製造工程に由来しています。

CellularモデルはiPhoneの契約が必要

Cellularモデルを買えば携帯が要らなくなるのだろうかと思ったが、残念ながらiPhoneの通信契約にも影響しそうだったため、早々に脱落。GPSモデル一択になった。

https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/
携帯電話サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。 Apple WatchとiPhoneのサービスプロバイダが同一であることが必要です。 サービスプロバイダによっては通信機能を利用できない場合があります。サービスプロバイダによってはエンタープライズアカウントに対応しない場合があります。詳しくは勤務先企業およびサービスプロバイダにお問い合わせください。一部の従来プランには対応しない場合があります。プリペイドプランには対応していません。ローミングは通信事業者のサービスエリア外では使用できません。詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。対応している通信事業者と利用条件については、www.apple.com/jp/watch/cellularをご覧ください。

格安SIMも内部的にはドコモなどの大手の通信会社のネットワークに依存しているが、Apple Watch Series 3はeSIMなので通信会社に書き換えてもらう必要があり、おそらくドコモなどの大手の通信会社が技術的にできたとしてもビジネス上、それを許可してくれるとは思えない。「iPhoneもドコモと契約してください」と言われるのがオチ。

バッテリーの持ちは体感できない

バッテリーの持ちがよくなったらしい。今のところ日中切れたことがないが、Series 2も半年使っていて日中バッテリーが切れたのが3日ほどあったくらいなのでそこまで気になる問題ではない。結局、毎日充電する習慣がついていると1.5日の持ちが2日とか3日になってもまったく体感できないといったところ。

そもそも、日中バッテリーが切れる問題のために会社に予備の充電器を置いたので、今となってはどうでも良くなった。

アクティビティの数値がよくなった?

歩数計測などをしてくれるアクティビティ機能の数値がよくなった気がする。同じように生活していてもSeries 2のときよりも、沢山動いたことにされているのである。どっちが正しいのかわからないので、精度があがったのが不明。ただ、数字が良いほうがやる気は維持できるので、この手のデバイスは少なめに見積もるよりも多めに見積もった方が良い気がする。

まとめ

GPSモデルならApple Watch Series 2から買い換える必要はまったく無かった気がする。Pebbleを使っていたときは新しいものがでる度にBackerになって手に入れていたのでApple Watchも新しいものが出たら買うつもり。iPhoneは4インチよりもデカイものを買う気もないし、iPad Mini(2G)やMacBook Pro(2012 Mid)も新しいOSがインストールできなくなるか、壊れるまで使い続けられる気がするし、他に買うApple製品がないのでApple Watchくらいは買わせてもらいたい。

100g単位の体重を計測するためBody Cardioに買い替えた

Withings Smart Body Analyzer(WS-50)から Body Cardio に乗り換えた。

Body Cardio

これまでSmart Body Analyzer(WS-50)で体重を記録していた。

最近読んだ本に体重計は単位が細かい方が変化が見れて気持ち的に良いと書いてあった。Smart Body Analyzer(WS-50)は測定が200g単位なのでもっと細かい単位が測れる新しい製品がないか調べ始め、結局 Body Cardio を購入した。

Withings→Nokia

Withings Smart Body Analyzerを探すとなぜかNokia Bodyというページに飛ばされる。どうやらWithingsはNokiaに買収されていたらしい。そういえばiPhoneアプリのデザインがガラッと変わっていたのはそういうことだったのだろうか。iPhoneアプリでNokiaがどうこうというメッセージも出ていた気がするが対して気に留めていたなかった。PebbleはFibitに買収されたし、ヘルス系デバイス業界ではひっそりと業界再建が行われているのか。

それはさておき、Body+だと100g単位で計測できる。

もともとWithings Smart Body Analyzerを買った理由としては、この製品がAppleのオンラインストアで販売されていたからだ(Appleのサイトではサードパーティ製の商品も販売している)。Appleが公式に取り扱っているんだからまぁiPhoneとの相性も良いだろうという推測があった。

一応Nokiaになっても継続してAppleで取り扱っている模様。
https://www.apple.com/jp/shop/iphone/iphone-accessories/health-fitness

Fitbit Aira

Fitbit社の製品を調べてみるとAria 2という新製品が秋に発売される。何g単位で計測できるのかはよくわからなかった。製品名に「2」とついているだけに、Ariaという製品も存在したようだ。ただFitbitの日本語サイトでAiraを表示しようとするとAria 2のページに飛ばされ、Aira 2のページはまだ日本語にローカライズされていないので404でページが見つかりませんと言われる。

Fitbit Ionicが日本でプリオーダーできない件もそうだけど、あまりFitbitは日本市場を重視していないように思える。却下。

国内メーカー

オムロンの体重体組成計 HBF-255T カラダスキャンだと 50g単位 で計測できる。対応iPhoneアプリのOMRON connectがHeathKit対応している模様。

タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-90750g単位 で計測できて筋肉質も測定できる。タニタの製品はどちらかというとスポーツをやっている人をターゲットにしているようにも見える。対応iPhoneアプリはヘルスプラネットでAppleのヘルスケアに対応していると記述してある。

ちなみにAmazonのレビューを見るとNokiaよりも国内メーカーの製品の方が評価が高い。Nokiaの方はiPhoneアプリが使いづらいことに非難が集中している。

API

ソフトウェアエンジニアなのでAPIがあれば何かできるかも

iOSの場合はヘルスケアにデータを共有すればあとはHeathKitでそのデータを読み出せば良いだけだから、そんなに直接メーカーのAPIを叩く必要がないかもしれない。

結局Nokia、そしてBody Cardio

国内メーカー vs Nokiaを熟考した末、NokiaのBody Cardioに決めた。

一番重視したのはNokiaの 直接WiFiでクラウドにあげてくれる 機能があるところ。いちいちスマホでアプリを起動して送るのは面倒でしょうがない。AmazonレビューのiPhoneアプリが使いにくいという低評価に関しても、そもそも直接クラウドにあげてくれるからiPhoneアプリの使い勝手なんてどうでも良いかなぁ考えている。別に現状Smart Body Analyzer(WS-50)と合わせて使っていて困っていないし。最悪エンジニアだからAPIを利用したり、Appleのヘルスケアにデータが共有されていれば、表示方法はあとでどうにでもなる。

Body+で100g単位で計測できるので今回の目的からはそれで十分。ただSmart Body Analyzer(WS-50)を買った時よりも値段が安く、逆に不安になった。身体に関するもので妥協しても行けない気がしたのでBody+よりも上位機種の Body Cardio を買うことにした。

購入後

とりあえずデザインは良い。

測定に関して何故か体脂肪率が5%下がった。計測方法が違うのか…。どちらが正しいか不明なので、一度ジムとか別の機器で測定したほうが良いかもしれない。偶数(200g単位)の体重になると100g単位で測定できる体重計を買った気がしなくて何か損したきになる。

やっぱり、WiFiで直接データを上げてくれるのは便利、体重計に乗るだけの習慣で済む。

Pebbleの生まれ変わりか?Fitbit Ionic

Pebbleを買収したFitbitから新しいスマートウォッチが発売される模様。

https://blog.fitbit.com/fitbit-ionic-release/

とりあえず価格が$299で機能的なものをみるとわりとリッチなスマートウォッチなようだ。ただそれだけだったらApple Watchで十分、一番重要なのはアプリの開発によってどこまで自分用のカスタマイズできるかどうか、そこがPebbleの良さを引き継いでいるかの指標になる。

その点、Fitbit Ionic OSなるものを搭載していて開発環境が提供される。

開発を始めるにはFitbit accountとFitbit Ionicが要る。Getting Startedを見ると、CloudPebbleのようなFitbit Studioが提供される。9月公開のようなのでまだ触れないが、見た感じはjavascriptベースで開発できそうだ。Pebbleはもともとc言語がメインだったが、終盤はJavascriptに移行しようとしていた。Fitbit Ionicは完全にJavascriptだけで開発する感じに見える。Cで書けないのは寂しいが開発者を増やすにはC言語よりもJavascriptの方が良いだろう。Clock APIがあるのでWatchfaceのようなものも作れるに違いない。今のところPebbleのようにSDKがダウンロードできてローカルPCでビルド・・・というスタイルが提供されるのかは読み取れない。

問題は肝心のFitbit Ionicが日本からはプリオーダーできなさそうなところ。プリオーダーのページだと住所の入力で国の選択肢に日本は現れなかった。

https://blog.fitbit.com/fitbit-ionic-release/
Fitbit Ionic is available for presale today on Fitbit.com and select online retailers tomorrow for $299.95. Ionic will be available in stores worldwide beginning October 2017, including major North American retailers Amazon, Best Buy, Dick’s Sporting Goods, Kohl’s, Macy’s, REI, Target, and Verizon.

ワールドワイドで販売されるのは10月以降。このあたりはKickstarterで手に入れることができたPebbleのスタイルは引き継がれなかったようだ。

iPhoneとApple Watchが充電できるPowerHouseを購入

Apple Watch 2とiPhoneの両方を充電できるbelkinのPowerHouseを購入した。

belkin PowerHouse

これまではbelkin社のiPhoneの充電スタンドとSpigen社のApple Watch充電Dockを併用してつかっていた。

以前Pebble Smart Watchを使っていた時、PebbleはUSBハブからの給電できていたが、Apple Watchでは電圧が足りなかったためか充電できなかった。それゆえiPhoneとApple WatchのDockでコンセントを二つ要している状態だったので、PowerHouseによってコンセントが1つにまとめられたのが嬉しいところ。

一応、iPad miniも立てられて充電できている。問題といえば、どうしてもApple Watchの重心が悪く、傾いてしまって見た目がよろしくないところ。

Apple WatchでGoogleカレンダーの予定を見るアプリ

Apple WatchでGoogleカレンダーの予定が見れるアプリとして Tiny Calendar を使い始めることにした。

iOSのAndroidと比べた場合の数少ない不満としてOSデフォルトのカレンダーとGoogleカレンダーと連携が貧弱なところだ。仕方がないのでこれまではサードパーティ製のCalendars by ReaddleというGoogleカレンダーの予定を同期して、Googleカレンダーの予定を見やすく表示してくれるアプリを使っていた。

このアプリは時々同期が行われない以外は気に入っていたのだが、Apple Watchアプリに対応していないため、Apple Watch上でGoogleカレンダーの予定を表示できるアプリを探し、 Tiny Calendar を使うことにした。

Apple Watchで予定が見れるようになって便利になったが、いくつか問題も見つかっている。Apple Watchのアプリが通信しているのはiOS側のTiny Calendarアプリであるため、まずiOS側でTiny Calendarを起動して予定を同期しておかないといけないというところである。つまり、朝起きてApple Watchで予定を確認しようと思うと、まずiPhoneでTiny Calendarを起動して最新の予定を同期しておかないといけないので「いやその時点でiPhoneで予定見るわ」となってしまう…

予定が増えていないのであればこの「まずiPhone側のTiny Calendarの予定を同期する」手順は必要ないとも言えるが、予定を忘れないためにアプリに頼っているわけなので昨日から予定が増えていないかどうかを記憶や予測に頼るわけにはいかない。

もう一つ、以前から感じていた問題で開始5分前の通知が来る予定と来ない予定があるところ。いろいろ試してみたがGoogleカレンダーのデフォルトの通知設定がモバイルには効いてないように見える。Googleカレンダーのヘルプにはデスクトップとモバイルで通知設定は共通のように書いてあるのだが、新規に予定を追加してデスクトップPCのブラウザで予定を見ると5分前の通知が設定されているが、モバイルのGoogleカレンダーアプリで見るととリマインダ通知が設定されていないのである。

基本的に予定はデスクトップPCから追加していることが多いが、それからモバイルのGoogleカレンダーアプリでリマインダの通知を追加すると通知が来るようになった気がする。

Apple Watchの通知も結局はiPhoneアプリ上の通知なのでこちらも、iPhoneでTiny Calendarを起動して通知設定を含めて予定を同期しておかないといけない。というわけで少し前準備設定が面倒だが、会議やら個人的なTODOをスケジュールにいれておくとApple Watchが通知してくれるので記憶に頼りたくない自分はその準備をするだけの価値は十分になると思う。