2017/08 イングランド・プレミアリーグはどのネット視聴サービスを契約するか

2017/08シーズンのイングランド・プレミアリーグが開幕し、今シーズンはDAZNが各節、最大5試合中継することになった。スポナビライブは引き続き、全試合中継。

http://media.dazn.com/press-releases-ja/2017/08/09-2/
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、世界最高峰と称されるイングランドのPremier League(以下、プレミアリーグ)を2017年8月12日(土)より、毎節最大5つの注目試合をライブにて放映いたします。

プレミアリーグという視点で、DAZNスポナビライブのどちらを契約するか、あるいは両方契約するか考察してみる。

リーグ戦を網羅するならスポナビライブを契約

DAZNで中継される試合がどのように決定されるかわからないが、中堅クラブ以下の試合を網羅するのは恐らく難しい。そして現在プレミアリーグはトップ6と呼ばれる優勝争いするクラブがあり、直接対決がなければ、最低でもマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・シティ、トッテナムのどれかの試合は中継から外れることになる。トップ6のクラブでもリーグ戦を網羅するならスポナビライブを契約するしかないと思われる。

リーグ戦とカップ戦を網羅するなら両方契約

FAカップ、EFLカップはおそらくDAZNでしか中継されないのでリーグ戦とカップ戦を網羅するならスポナビライブとDAZNを契約することになる。ただし、DAZNで全てのプレミアリーグのクラブのカップ戦が網羅されるのはよくわからない。

チャンピオンズリーグを視聴する場合はスカパー!オンデマンドを契約しないといけなくなるので、カップ戦を妥協する人も出てくるだろう。

DAZNだけ契約する

特に贔屓のプレミアリーグのクラブがなければ、DAZNのみで良いのかもしれない。

個人的な感想だがDAZNの実況・解説の方が質が低く聞こえた。てっきり、スポナビライブとDAZNで同じ解説・実況だとおもったが違っていた。

スポナビライブの方はJ SPORTSの実況・解説陣が担当しているので聞き慣れているというのもあるが、好みや慣れの問題ではなくDAZNのアルビオン 対 マンチェスター・シティ戦は知識の差や事実誤認があまりに酷く、聞くに耐えなかったのでスポナビライブで視聴したら安定のベン・メイブリーさんで知識の量が段違いだった。

特に価格に大きな差がないのでDAZNのみ契約するというユースケースは、Jリーグの視聴がメインで契約して、プレミアリーグはビッククラブの中継のみを見るというようなパターンに気がする。プレミアリーグに重きをおいてない人であれれば実況・解説の知識の量はそれほど気にならないだろう。

まとめ

今回はあくまでイングランド・プレミアリーグだけに絞った考え方なので、他のリーグやスポーツも見たいのであればそれぞれのサービスの価値も変わってくる。

ただプレミアリーグの優先度が高く、どこかのクラブのサポーターであれば、リーグ戦を網羅できるスポナビライブは外せない。カップ戦も網羅したいコアサポならそこにDAZNも合わせて契約するという形になるが、スカパー!オンデマンドも合わせて契約する場合にDAZNを妥協することも考える必要がある。

DAZNだけを契約できるのはJリーグの優先度が高く、ビッククラブの試合を抑えられば良いというような層になると思う。

各サービスが競争しているのは良いことだが、プレミアリーグファンが契約を一本化できるのはまだ先のようだ。

2017/08チャンピオンズリーグはまだスカパー!か

近年、サッカーというかスポーツのインターネットライブ中継が当たり前になってきた。サッカーは放映権料も高くていろいろなサービスが競争していて、見るリーグによってどれを契約するか調べないといけない状態。

そろそろ欧州シーズンが開幕するのでどこを契約すべきか調べ始めた。先日、DAZNがチャンピオンズリーグ放映権を獲得したニュースがあったのでDAZNは契約すべきものだと思っていたが、よくよく見てみると2018/09シーズンからだった。2017/08シーズンはまだスカパーが放映権を持っているようだ。

http://media.dazn.com/press-releases-ja/2017/06/15/
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、UEFA(Union of European Football Associations)が主催する、UEFAチャンピオンリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの2018年以降3シーズン全試合の独占放映権を獲得したことを2017年6月15日(木)に発表いたします。

8/9(日本時間)に行われるUEFAスーパーカップ レアルマドリード x マンチェスターユナイテッドを視聴するためにDAZNを契約しようと思ってサイトに訪れたものの、番組表にこの試合が見当たらず、おかしいな・・・と思って調べていたら今シーズンは対象ではないことに気づいた。

この試合はスカパー!で放映される
https://soccer.skyperfectv.co.jp/program/detail/11349017

というわけで2017/08シーズンもスカパーオンデマンドを契約しないといけないようだ。

昨シーズンはイングランドプレミアリーグのクラブを見る場合、以下のように乱立していたが、今シーズンもまだこの均衡が保たれていそう。

カップ戦を見るだけにDAZNを契約するのはコスパが悪いように見えるが、DAZNは昨シーズンはリーガ・エスパニョーラ(スペインリーグ)も放映していたのでバルサやレアルの試合を観ることができて悪くはなかった。それ以前はリーガはWOWOW一択で、WOWOWはインターネット会員を許可していなかったのでDAZNの存在はありがたいし、Jリーグの放送でいろいろトラブルはあったがアグレッシブなサービスの姿勢にはかなり期待している。

スカパー!の欧州サッカーパックは高いので、来シーズンはスポナビライブとDAZNだけで網羅できれば良いのだが。

Google Nowの通知を無効にする

Google Nowの通知が小さな親切大きなお世話状態。Googleでサッカーのチャンピオンズリーグの日程が検索できることが便利で使っていたらGoogle Nowにサッカー好きを悟られたのか、チャンピオンズリーグの試合結果を通知してくるようになった。

時差の都合で欧州サッカーは早朝やっている。Jリーグ同様、各国のリーグは週末に試合を行っているため、チャンピオンズリーグなどの欧州大会はミッドウィークに日程が組まれている。そのため平日の朝に見れなくて仕事から帰ってから見る場合は頑なに結果を見ないようにして生きる必要がある。欧州圏の人でも録画で見る人もいるだろうし、スポーツの結果は通知しなくていいだろ。頼んでもないのに大きなお世話だ。

通知を無効にする方法は以下に書いてあった。
Google Now のオン / オフを切り替える

今更ブラジルワールドカップ振り返り

ドイツ

今更言っても後出し感があるけど、ドイツを優勝候補、ベルギーをダークホースと予想していた。ブラジルはイマイチぱっとしなかったし、アルゼンチンもなんかメッシがイマイチだったので南米の大会でヨーロッパの国が優勝したことがないとは言えドイツを予想してみた。ドイツは攻守含めてバランスが良かった。DFラインは少し心もとなかったけど「残念そこはノイヤーだ」で乗り切ってた。

ベルギーもいいところまでは行ったけど選手のポテンシャルをチームが全部使いきってる感じはしなかった。いい選手揃ってるだけにもう少し期待していたんだけど。

コスタリカ

旋風を起こしたのはコスタリカだったわけだが、注目してなかったのと初戦がギリシャだったこともあって全然見てなかった。見た試合がオランダとの試合だったのでファンファールすげぇって記憶しかない。日本が2位通過してたら代わりに旋風起こせたかもしれないんだけなぁ。

あとはブラジルに負けてしまったけどチリも良いサッカー見せてくれていたような記憶がある。というか南米で潰し合いしすぎ。

スペインとか

スペイン、ポルトガル、イングラント、イタリア。敗退していった強豪国達。スペインなんかはまるで自分たちのサッカーができずに2試合で力尽きたわけだし、32カ国中16カ国は敗退する。日本では負けるとすぐに「世界との差は」とか言う話になるけど、逆にスペインにも世界との差があんのかということを何でもかんでも「世界との差」に落とし込まなくていい気がする。

GK

各国GKが目立ってた。良いチームには良いGKがいる。実のところその辺でブラジルは微妙だなと思ってた。セザールも良いキーパーだけどビッククラブが採るようパフォーマンスではなくなってたし、あとスペインの低迷もいくばくかはカシージャスに責任があったと思う。

日本にも身体が大きなすごいGK出てこないかなぁ。

延長

ノックアウト制の決勝リーグだとどのチームも失点しないように慎重になるから延長、PK戦の連発で辛かった。時間的に。何試合かは記憶がない。

ブラジルは12時間日本が早くて、ロシアは5時間日本が早いだけなので4年後は多少ましになるのかな。カタールは・・・どうなるのか。

今更ブラジルワールドカップ振り返り 日本代表2

GK

グループ分けが発表されたころに書いたエントリでは順当に力を出しあえば順当に敗退すると書いた。

日本が勝ち上がるため神島降臨に望みを賭けていたけど神は居なかった。正直初戦の2失点のどちらかは防いで欲しかったけどしょうがない。決勝リーグに勝ち上がるチームはどのチームもGKが素晴らしかっただけに、GKには「世界との差」を感じた。

DF

大舞台で吉田はそつなくこなしていたと思う。内田も効果的な攻撃をしていた。長友は左サイドが警戒されていたせいか自分で持ち込んでシュートという場面がほとんどなかった。

DFはパスサッカーを志向した布陣だったので失点は覚悟していた。そもそも今野は本職CBじゃないから。CBもGK同様、強豪国と比べると見劣りする。

吉田、内田は散々、なんで選ばれるのかと酷評されてた時期もあったけどDFは経験が重要なポジションなので岡田監督、ザッケローニが辛抱強く使い続けた甲斐があった。長友含めて4年後も可能性があるはず。しかしCBは4年後どうなっているか心配ではある。

MF

本田と香川のコンディションが良くなく、遠藤もピッチにいない状態が長ったので攻撃のバリエーションが減った。選手を固定し続けた弊害なのでどちらかといえば選手よりも監督に責任がある。

そんな中でも本田は得点に絡んだのはさすが。本田が孤立して囲まれてロストする場面が目立ったけどあれをなんとかできるのはメッシとか特別な選手だけ。あのような場面で周りがフォローして組織で解決するというのがワールドカップ本戦で見られなかったのは残念だった。どの国も失点したくないのでスペースを与えてくれなかった。

パスの距離感が悪いんだったら斉藤とか使えば良かったのにと思う。ドリブルで仕掛ける場面が日本は少なかった、攻撃サッカーってパスだけじゃないはず。

FW

大久保はいきなり呼ばれたけど堂々とプレーしていた。自分から仕掛けるところも効いていた。でも2点くらい取れただろとも思う。

海外組で一番調子が良かったのは岡崎だったと思う。実際、しっかり2大会連続でゴールも決めてるし。マインツみたいに岡崎をトップに入れるのもありだったんじゃないかと思ってただけどザッケローニはあんまり試さなかった・・・遠藤が調子悪かったこともあって岡崎を活かすような場面もあまりなかったのでトップに入れてもあまり変わらなかった気はするけど。

岡崎が一番結果を出していて決定力があるはずなのに柿谷や大久保を取り上げる状態は不思議だった。しかし、もうここまできたら逆に岡崎のことはそっとしてあげて欲しいと思ったりもしている。

今更ブラジルワールドカップ振り返り 日本代表

日本がグループリーグ敗退したときに冷静になれたら次の日に書こうと思ったものの、冷静にはなれず決勝トーナメント見てからでも遅くないと思って引き延ばしているうちに今に至る。おかけで今は大分冷静になれたので客観的にも見れると思う。

失敗か成功か

敗退直後は失敗ではないという現実逃避をしていた。今回の日本代表は「自分たちのサッカー」がどこまで通用するかが日本の総意のようになっていたところがあった。ならどこまで通用するかわかれば成功ということになる。実際長い目でみれば今回の結果もプラスに見れるのかもしれない。

しかし、だからといって敗退しても良いわけではなかったし、コンフェデやそのあとの親善試合でどれくらい通用するかは大体わかっていたのでワールドカップで改めて確認する必要もなかった。勝てなかったことはやっぱり失敗だと今なら向き合える。

ザッケローニ

ザッケローニ監督も失敗だと思う。特に初戦の遠藤の交代、攻めるのか守るのかはっきりしなかった。その後の選手が「やったことがない」というパワープレー、一発勝負という舞台では若干見劣りした。

本戦までザックは3バックや困ったらハーフナーとサイドバックか清武を入れるというのをやろうとしていた。「自分たちのサッカー」という言葉にかき消された形になったけど、結局本戦でやろうとしていたことを諦めたという意味では岡田監督のときと変わらないと思ってる。南アフリカでは開き直れたがブラジルでは無策に近い状態に陥っていた。

なにより4年間の積み重ねというのがあまり見えなかった。結局4年前の4-2-3-1とあまり変わらずしかもダブルボランチや本田、香川のコンディションが上がらないところの代替案もなかった。正直あれならザックじゃない人でも同じくらいの結果は残せたんじゃないかと思ってしまう。

ザッケローニ監督は日本を尊敬してくれたし、一生懸命やってくれたし、日本が呼べる監督の中ではトップレベルの監督だと思う。でもプロ、勝負の世界は結果が全て。これが岡田監督だったら「4年間何も積み重ねがなかった」などもっと叩かれていると思う。ここは厳しく失敗だったと判断したい。

アギーレ

良いんじゃないの。楽観視してる。

サンプルが少ないけど日本代表監督で結果を出したトルシエ監督と第二次岡田ジャパン、共通するのはワールドカップ監督経験者だったということ。今回ザッケローニ監督はやっぱり初めての代表監督ということでうまくやれなかった面が多々あるんじゃないかと思う。

アギーレ監督はワールドカップ経験者だからまぁそれなりにやってくれるんじゃないのと思ってる。すごい監督を日本に4年拘束するのは難しいから日本人監督を育てるまではこうやってそこそこの監督でやりくりしていくしかないんじゃないかな。

基本的に代表監督はその時、その時のメンバーで最高の結果を目指すものだと思ってるのでその時いる選手でやるサッカーは大体決まってくると思う。だから日本がどういうサッカーを目指すかという部分は代表監督じゃなくて育成とかJリーグとかそっちの方でやるのがいいのではないかと思ってる。

守備か攻撃か

この議論はしなくていいと思ってる。福田さんか誰か言ってた気がするけど守備も攻撃も必要。日本は歴史がまだ浅いせいで極端な方向に振りすぎる。トルシエ→ジーコが最たる例だけど最近まで個か組織かというのもずっとぶれてたし。4年置きに攻撃か守備かを極論で切り替えるのは不毛。今だと組織が前提でその上に個があるというのはみんなわかってきたはず。そんな感じで攻撃か守備かじゃなくてどちらもバランスよくが基本だと思う。

だから「日本は攻撃サッカーを目指すべきか」という議論はいらないと思う。点取らないといけないんだから攻撃は不要にはならない。攻守の切り替え、攻守のバランスをどう取っていくかが課題なのでどっちかみたいな議論はそろそろ卒業できればまた日本のサッカーの歴史が一歩踏み出せるのかなと思ってる。

日本のワールドカップメンバー発表が他国と違う

先日日本のブラジルワールドカップのメンバー発表が行われ、他の出場国も続々とメンバーが発表されてニュースになった。今更気がついたけど発表の仕方が違う。

ブラジルやヨーロッパの国などの発表を見ていると代表 候補 メンバー30名を発表している。一方、日本は23人のメンバーと、7人の予備メンバーを発表した。レギューレーションを見るとどうやら日本の方が例外的なようだ。

2014年5月13日が予備登録(上限30人)の締め切りで、この日までに出場国はFIFAに予備登録メンバー名簿を提出する。予備登録された選手は5月19日から25日まで疲労回復の為、クラブでの試合出場を禁止される(但し、5月24日のUEFAチャンピオンズリーグ 2013-14決勝を除く)。本大会開幕10日前の6月2日が本登録(上限23人)締め切り。本登録23名は予備登録選手30名の中から選ばれ、23名中3名はGKを登録しなければならない。

Wikipediaによると選手登録は上記のようにあって、現時点で23人を絞り込む必要はなく予備登録30人を提出すれば良いらしい。

記憶が薄れていたが調べたところ前回の岡田監督のときも予備登録の時点で23人のメンバーを決めていて、これは監督の意向というよりも日本の方針で、それには過去の「外れるのはカズ、三浦カズ」が影響しているんじゃないかという気がする。

今30人で発表したら、あとで7人を落選させないといけなくなる。であれば一気に23人と7人を決めた方が良いのではないかという考えだ。監督の中ではだいたい23人は決まっているだろうし絶対的なキープレーヤーが怪我で間に合うかどうかという瀬戸際でなければギリギリまで引き伸ばさなくてもという気がする。

実際のところはどうかわからないし、他の国も選手23人には報告がいっているのかもしれない。しかしこうした日本のメンバー発表に過去のドラマが含まれているのだとしたら感慨深いものがある。

ブラジルワールドカップメンバー

ブラジルワールドカップのメンバー23人が発表された。サプライズ選出は大久保。裏を返すとハーフナー、豊田、前田といった選手が選ばれなかった。高さを捨ててアジリティで勝負するということだろう。

<GK>
川島 永嗣(31=スタンダール)2度目
西川 周作(27=浦和)初
権田 修一(25=東京)初

<DF>
今野 泰幸(31=G大阪)2度目
伊野波雅彦(28=磐田)初
長友 佑都(27=インテルミラノ)2度目
内田 篤人(26=シャルケ)2度目
森重 真人(26=東京)初
吉田 麻也(25=サウサンプトン)初
酒井 宏樹(24=ハノーバー)初
酒井 高徳(23=シュツットガルト)初

<MF>
遠藤 保仁(34=G大阪)3度目
長谷部 誠(30=ニュルンベルク)2度目
青山 敏弘(28=広島)初
山口  蛍(23=C大阪)初

<FW>
本田 圭佑(27=ACミラン)2度目
香川 真司(25=マンチェスターU)初
清武 弘嗣(24=ニュルンベルク)初
斎藤  学(24=横浜)初
岡崎 慎司(28=マインツ)2度目
大久保嘉人(31=川崎F)2度目
大迫 勇也(23=1860ミュンヘン)初
柿谷曜一朗(24=C大阪)初

予備メンバー
<GK>林卓人(広島)
<DF>駒野友一(磐田)、水本裕貴(広島)
<MF>中村憲剛(川崎F)、細貝
<FW>豊田陽平(鳥栖)、南野

ちなみに4年前の若手の経験を積ませるためのサポートメンバーとして帯同した4人は以下。

山村和也 (流通経済大学)
酒井高徳 (アルビレックス新潟)
香川真司 (セレッソ大阪)
永井謙佑 (福岡大学)

4人中3人が海外に行き、2人が今回のメンバー入りなので意味はあったのだろう。今回は高校生が選ばれるらしい。

気になるのはロンドンオリンピックのメンバーが何名か入っている(権田、酒井宏樹、酒井高徳、山口螢、清武、齋藤)が、ファーストチョイスが1人もいないというところ。香川は世代的にはロンドンなのでカウントすることはできるが。所属メンバーはどんどんすごくなってきているのでオリンピック世代など新しい世代が次々食い込んで来て欲しいところ。宇佐美や宮市には期待してたんだけどなぁ。

長谷部、遠藤のコンディションが上がらなくて出れない場合は、フィールドプレイヤーで海外クラブでのキャプテン経験がある本田、長友あたりがキャプテンをやるのかな。

モイーズ解任

チャンピオンズリーグの最中、マンチェスターユナイテッドの監督であるデービット・モイーズが解任された。

正直、このタイミングの解任には驚いた。ユナイテッドはモイーズ監督と6年契約という長期契約を結んでいて、今シーズン何度も解任されそうなタイミングがあった(にもかかわらずされなかった)のでもうモイーズで行くものだと思っていた。なにせアレックス・ファーガソンに25年任せたクラブである。

どうも噂によると、チャンピオンズリーグ参加圏内(4位以上)を逃すと違約金が下がるという契約があってそれで決断されたらしい。(6年契約していたため途中解任すると5年分の給料などを違約金として払わないといけない場合がある)

この解任プロセスについていろいろ意見があるようだ。結局モイーズが解任されたのは4位以上が無理になったことが確定したからであって、契約(お金)のためのように見えてしまう。というのも今シーズンは残りあと数試合しかないわけでこのタイミングで監督を変えるメリットはあまりないように思える。(今シーズンここから何かを挽回することが目的とは思えない)

前節で4位以上の可能性が消滅したとはいえ、後半戦ユナイテッドはむしろ盛り返した方で、それまであった可能性とはユナイテッドが全部勝って上位クラブが転けるというほぼ現実的ではないものだった。要するにクラブはとっくに監督を変えたかったけど契約のために物理的に無理になるまで待っていたたように見えて、じゃぁなんのためにあのチームはシーズン後半を頑張っていたのだろうと少し思う。今シーズンいっぱいまで待つという選択肢はなかったのだろうか。

素人意見だがモイーズにはビッククラブを率いる準備ができていなかったんじゃないかと思う。例えばジョゼ・モウリーニョはポルトガルのクラブで監督のキャリアを始めたときに「私はいずれポルト(ポルトガルのトップクラブ)の監督になる。その時何人かを連れて行く」と選手に語っていたらしい。エバートンで長期政権を築いていた昨シーズン、モイーズが来年のキャリアアップを想定していたのかは疑問が残る。

サッカーではチーム構築に時間が掛かるので監督に時間を与えようというという考えがあるけど、ユナイテッドの場合はチーム構築に対する時間というより、モイーズをビッククラブに対応させることに時間を掛けているように見えたからユナイテッドのファンには少し同情もした。

とは言え、ユナイテッドが好きではない僕は今シーズンは十分に楽しませてもらった。はっきりいって本田が出場しない今のACミランは見るに耐えない状態なのだが、香川がいなくてもモイーズ劇場は見る価値があった。モイーズのこの笑顔が頭にこびりついて離れない。

You want 3ponts

勝ち点3欲しい?
勝ち点3欲しい?
みんなにあげるよ!

サッカーと出自のもやもや

浦和レッズサポータの件、とうとうここまで来てしまったのかという印象。悪いところまで世界標準にしなくていいのに。

日本ではあまり民族を意識しないのでこうい人種差別は起きにくいかもしれないが、海外サッカーニュースを見ているとこういった問題はよく起きている。先日のチャンピオンズリーグの試合後にペジェグリーニ監督は「スウェーデン人」の審判には問題があると発言したため2試合のベンチ入り処分がくだされたり、セリエAでインテルのサポータが人種差別の歌を歌ったため1試合の閉鎖と執行猶予がつく処分をうけたりしている。

こういった問題を防ぐためFIFAを始めとする世界のサッカー協会は人種差別にかなり厳しい制裁を課すので、差別的発言と疑われた時点で罰は免れないようになっている。だから浦和レッズの件は世界基準にそって対処されたものだと思われる。

JAPANESE ONLYとい聞いた時にアスレティック・ビルバオのことを思い出した。スペインリーグに所属するこのクラブでは現在選手をバスク人に限定するというクラブ方針を貫いている。

サッカー特有の話ではないが外国人枠というものがある。他の職業で考えれば能力が高いのに国籍によって働けないのは差別にあたりそうなものだ。これが法的に問題にならないのは、リーグのバランスを取るため、母国選手を守るためというローカルルールが優先されるのだと予想。またプロスポーツだけでなく、日本の部活動などでも他県から人を集めることに否定的な意見もあったりするし。

これらは人種差別問題とは関係ない話だが、クラブにおいて選手の出自で人数を制限するっていうのは差別なんじゃないのかとやっぱりもやもやしてしまう。そうは言ってもその地域のサポーターからすれば同郷の選手がプレーしてくれた方が感情移入できるものだ。しかし、サッカーが地域に根ざしすぎていることが民族間の問題に発展しやすい部分であることも否定出来ない気がする。そういえばドイツでは外国人枠を廃止して母国選手の登録人数を一定以上になるような義務付けにしているがこのやり方は難しいのだろうか。

と思ったが、インテルはインターナショナルの意味なので国際化しても関係ないのかもしれない。とにかく地域に根ざしたチームを対戦させて人種差別を否定し、選手の出自で登録を制限する。世の中というのはいろんな矛盾を抱えながら頑張っているのだな。