今更ブラジルワールドカップ振り返り 日本代表2

GK

グループ分けが発表されたころに書いたエントリでは順当に力を出しあえば順当に敗退すると書いた。

日本が勝ち上がるため神島降臨に望みを賭けていたけど神は居なかった。正直初戦の2失点のどちらかは防いで欲しかったけどしょうがない。決勝リーグに勝ち上がるチームはどのチームもGKが素晴らしかっただけに、GKには「世界との差」を感じた。

DF

大舞台で吉田はそつなくこなしていたと思う。内田も効果的な攻撃をしていた。長友は左サイドが警戒されていたせいか自分で持ち込んでシュートという場面がほとんどなかった。

DFはパスサッカーを志向した布陣だったので失点は覚悟していた。そもそも今野は本職CBじゃないから。CBもGK同様、強豪国と比べると見劣りする。

吉田、内田は散々、なんで選ばれるのかと酷評されてた時期もあったけどDFは経験が重要なポジションなので岡田監督、ザッケローニが辛抱強く使い続けた甲斐があった。長友含めて4年後も可能性があるはず。しかしCBは4年後どうなっているか心配ではある。

MF

本田と香川のコンディションが良くなく、遠藤もピッチにいない状態が長ったので攻撃のバリエーションが減った。選手を固定し続けた弊害なのでどちらかといえば選手よりも監督に責任がある。

そんな中でも本田は得点に絡んだのはさすが。本田が孤立して囲まれてロストする場面が目立ったけどあれをなんとかできるのはメッシとか特別な選手だけ。あのような場面で周りがフォローして組織で解決するというのがワールドカップ本戦で見られなかったのは残念だった。どの国も失点したくないのでスペースを与えてくれなかった。

パスの距離感が悪いんだったら斉藤とか使えば良かったのにと思う。ドリブルで仕掛ける場面が日本は少なかった、攻撃サッカーってパスだけじゃないはず。

FW

大久保はいきなり呼ばれたけど堂々とプレーしていた。自分から仕掛けるところも効いていた。でも2点くらい取れただろとも思う。

海外組で一番調子が良かったのは岡崎だったと思う。実際、しっかり2大会連続でゴールも決めてるし。マインツみたいに岡崎をトップに入れるのもありだったんじゃないかと思ってただけどザッケローニはあんまり試さなかった・・・遠藤が調子悪かったこともあって岡崎を活かすような場面もあまりなかったのでトップに入れてもあまり変わらなかった気はするけど。

岡崎が一番結果を出していて決定力があるはずなのに柿谷や大久保を取り上げる状態は不思議だった。しかし、もうここまできたら逆に岡崎のことはそっとしてあげて欲しいと思ったりもしている。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。