WP-GFM ちょっと更新

WordPressでMarkdownつかうプラグインちょっと更新。php-markdown 1.4にあげてみた。

https://github.com/makotokw/wp-gfm/releases
GitHub Flavored Markdown for WordPress

Fenced Code Blocksに対応したみたいけどもともと自前で拡張していた。

WP-GFMではシンタックスハイライトは対応していない。その代わりに管理ページからFenced Code Blocksのテンプレートを設定できるようにしているので各自で好きなもの使ってくださいというスタンス。で僕はgoogle-code-prettifyを使っているだけど、さらにタイトルを表示できるようにテンプレートの設定を変えてみた。

Default
<pre class="prettyprint lang-{{lang}}" title="{{title}}">{{codeblock}}</pre>
After
<div class="code-frame"><div class="code-caption"><span class="code-filename">{{title}}</span></div><div class="highlight"><pre class="prettyprint lang-{{lang}}" title="{{title}}">{{codeblock}}</pre></div></div>

タイトルの部分凝るのがちょっとむずかしい。テンプレートは単に {{var}} を置換しているだけなのでFenced Code Blocksにタイトルを設定していないときに .code-caption を表示しないなど凝ったことができない。妥協。

google-code-prettify のテーマ

テーマいろいろ見つけたので紹介。

Dark系テーマにしようと思ったんだけど結局、GitHubテーマ に落ち着いた。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。