冬休みに読んだiOS本

年末、年始に読んだiOS本いまさら紹介。なんか最近、初心者向けの本より中級者、上級者向けの本が増えてきた気がするけど気のせいかな。

上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編

どちらかというと逆引きTips系の本ですぐに役に立つかは人(プロジェクト)によると思うけど知識を貯める面でひと通り読んでおいて損はない。地味にXcodeの新機能の紹介が役に立つ。

Effective Objective-C 2.0

2/3か3/4くらいは知っていることだけどやっぱEffective系は手元においておきたいと思う。とりあえず買うべし。

iOS 7デザインスタンダード 最新のフラットデザインに対応

ブラウザSleipnirを開発している人が書いた本。フラットデザインというよりかはUI開発プロセス全般について記載されているのでUI開発に疎い人は読んでみるといいかもしれない。大きい会社にいる人は大体知っていることだろう。

アプリ/Web開発者のための フラットデザインガイドブック

これはiOS本じゃないけど、iOS7/Android/Windows8のフラットデザインについて違いやフラットデザインの本質についてまとめてあるので変にiOS7やWindows8本を買うよりも良いと思われる。

その他

まだ積読。

Core Data使ったことあるけどマイグレーション周りが気になっている。

どれか一冊すすめるとしたらやっぱり、「Effective Objective-C 2.0」かな。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。