Google DevFest 2010 Japanのクイズと配点詳細

今週の木曜日のGoogleのDevFest 2010 Japanのセッション内容を見ていたらだんだんwktkしてきた。
http://sites.google.com/site/devfest2010japan/session

さて今回のこのイベントはDeveloper Daysよりもさらに開発者向けにやりたいということで技術向けのクイズによって参加者が選別されるという試みがされた。そもそもDDでは先着順だったらしい。

さていろいろ慌ただしかったのでクイズを締切ぎりぎりまでチェックしていなかったのが反省点。クイズとかいうからてっきりGoogle Chromeのステップ数は?とか四択で答えるのかなぁとか情報処理試験みたいなプログラム問題とかかなぁと思っていた。

でぎりぎりになってといてみたら、最初のほうの「Status 301の意味は次のうちどれか」とかはクイズぽかったのだけど、すぐに「Google Discussionに参加したことがあればIDを入れなさい」「Issue Trackerで問題を報告したことがあればURLを入れなさい」
とかでてきて・・・

これクイズじゃねぇ!!

って画面みて突っ込んでた。

さらにプログラムの問題もでてきたけど予想が甘かった。

問題解くのはいいんだけど「答えをこのURLにポストしなさい。」「作ったプログラムをHTTPで公開しなさい。」とかメンドイの。

POSTは別にローカルからできるけどURL公開しなさいとかは自分でプログラムを公開できねーやつは来るなってことかな。とりあえずPHP向きじゃないなぁと思いつつ、PHPで解いてったんだけどパッチワークの問題を愚直に解いたらまったく終わらず、今からCでやるか?とか、facebookからHIPHOP落とすか?とか慌てたけど数行でテストしても間違っててもういいや、さようならDevFestということでクイズを終了した。パッチワークは確実に余裕があればなんとかなっただけに早めに問題を見ていないことを後悔した。

が、

このたびは、DevFest 2010 Japan にご応募いただきまして、まことにありがとうございます。
クイズの解答を厳正に審査した結果、見事、参加の基準点をクリアされました。おめでとうございます。

なん・・だと!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配点詳細

ウォーミングアップ : 1.0 点
HTTP ステータスコード : 2.0 点
Google Code Discussion Group : 3.0 点
暗号通信 : 4.0 点
パッチワーク : 0.0 点
Issue Tracker : 0.0 点
Hackathon : 0.0 点
Android アプリケーション : 0.0 点
Chrome Extensions : 5.4 点
漢字変換サーバ : 7.0 点

合計 : 22.4 点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Twitter TLの流れで22点がボーダーっぽかったのでなんだかChrome Extensionで救われた。こんなことならとっととAndriodアプリもつくって公開しとくんだった。

ちなみに5.4点と評価されたのはこれ。
https://chrome.google.com/extensions/detail/mkaaneppndljkmpgdcglnpfagfhjhipc

というかなぜウォーミングアップに点数が付いてるのかわからん。どの問題を解いても構いませんとか言ってたけど全部解かないとあかんやん。これも心理戦だったのか。

しかし世の中何が助けになるかわからんものだ。先月なんとなくChrome Extensions公開してなかったら行けなかっただろうしな。でも通ってうれしい反面、大丈夫か日本って感じもあるんだよね。情報系の学生ならこれくらい解けそうなもんだが、チャレンジした人数が少なかったのかなぁ。この結果に問題を出した側はどう思ってるんだろう。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。