フープメンと黒子のバスケはなんだったのか

黒子のバスケはまだ続いているので過去形にしてはいけないのだけど。

ジャンプにほぼ同時期にバスケ漫画を二つも新連載させてたのは何か意味があったのか。どっちかが終わるのは既定路線だったのか?普通に両方おもしろかったら続くしつまんなかったら終わるってことだろうか。本当にアンケートが重要ならバスケファンの票を取り合う気がするが、このあたりバクマンで明らかにしてもらいたい。

マガジンでもだいぶ前にダイヤのエースと花形という野球漫画が二つはじまって、こちらはどちらもうまくいっている気がする。まぁ、それまでもDreamsやおれキャプもあったりしたのであまり驚かなかったが(個人的にはおれキャプが一番好きなのでマガスペをチェックしている)、バスケ漫画は数が少ないからなんとも。

フープメンはキャラはおもしろそうだっけど、バスケとしてはいまいち。黒子のバスケはなかなか目の付け所がおもしろかったんだど、最近一気につまらなくなった。ミスディレクションまではよかったのに、コートのどこからでもスリーポイントを決められるやつが出てきて一気に醒めた。

口直しにスラムダンク読んだけどバスケ漫画として格の違いを感じた。やっぱりスラムダンクは別格だ。海南戦から山王戦まで一気に読んでしまった。

スラムダンクの単行本にバスケ漫画はタブーとされてる見たいな話がでてくるんだけどなんでだろ。確かにバスケは球技の中でもびっくりするくらいテレビで見ないし世間に浸透しているとは言い難いけど、交代はあるとはいえ選手は5人だしサッカーや野球に比べればキャラをたてやすいような・・・得点がたくさん入るから見所もたくさん作れるし漫画の題材としてはやりやすい気がしないでもないんだけど。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。