織田信長の残虐的イメージに対する疑問

織田信長の本を読みたくなったので何冊か読んだ。

信長の一般的なイメージの一つに「残虐性」というものがある。個人的にそのイメージが本当であるのか疑問を感じていた。そのあたりのイメージを払拭する何冊かの本を読んでみて疑問が多少は解消された。

だいたい、歴史の授業で習う信長の残虐性を連想させるものは以下のようなもの。

  • 本願寺と一向一揆に対する壊滅作戦
  • 比叡山延暦寺の焼き討ち
  • 明智光秀への冷遇とそれに対する謀反での死
  • 鳴かぬなら殺してしてしまえホトトギス

壊滅作戦

現代人の我々が壊滅作戦を残虐だと思う理由に、罪もない平民を切り捨てたという解釈していることがある。しかし、織田信長(ちくま新書)を含めて幾つかの本では、戦国大名が女子供を含めた壊滅作戦を取ることは多くはないが全く行われていなかったわけでもなく、伊達政宗や豊臣秀吉も実行していたらしい。

つまり、壊滅作戦をとったから残虐だと思うのは早とちりであって、そこに明確な理由があったかが争点となる。正直、そこのところはちゃんと習ってきた記憶はない。歴史上の解釈では信長と対抗していた当時の一向一揆は、幕府や他の戦国武将と連携をとっており、1軍事組織として認識されていたようである。トップを倒して部下を味方につける大名同士との戦いとは違うため一揆相手には殲滅作戦を取らざるをえないところはあったのかもしれない。

信長と宗教

歴史の授業などで信長が南蛮品に興味を持ち、キリスト教も受け入れていたことから、仏教に対して敵対イメージを持っているという認識があったように思う。しかしながら、信長は本願寺の和睦を幾度となく受け入れ赦していることがわかっている。

信長は延暦寺に対しては出家として中立を望み、朝倉・浅井に手を貸すなら容赦はしないという通達を送っており、一方的に焼き討ちをしたわけではない。信長公記には「僧侶の道を外した、いわば出家失格である(だから焼き討ちした)」という特徴的な論理が残されており、これだけみるとむしろ信長は宗教に理解を持っていると人物とも見えなくもない。真摯な仏教徒ではないから制裁を加えるという論理は、仏教を敵対していたというイメージに一致していない。

本能寺の変の別解釈

こちらの本では光秀の謀反の理由は、当時信長は「京付近を自分の子孫で固め、秀吉・光秀あたりは朝鮮に飛ばされそうだったから」という内容になっている。

  • 信長は光秀を重用していた(信長公記より)
  • 光秀は優秀な戦術家であり、子孫の存亡がかかわらなければ謀反を起こすはずはない
  • 光秀が苛められたエピソードは秀吉が後日家臣に書かせた「惟任退治記」が元になっているが信長公記からは信長はむしろ光秀を褒めている

本能寺の変のことの真相は未だ不明ではるが、我々が一般的に認識している「光秀の怨恨説」は秀吉がその4ヶ月後に書かせた「惟任退治記」が元になっているようだ。

鳴かぬなら殺してしてしまえホトトギス

「鳴かぬなら殺してしてしまえホトトギス」は実際に信長が残したものではなく、江戸時代後期に創設された歌である。つまり、秀吉の「惟任退治記」が元に、信長が光秀を虐めて謀反を企てられたエピソードが散々創作された後であり、我々だけでなく江戸時代の人は既に「惟任退治記」によって信長の残虐性を連想しているのだと言える。

こうなってくると「惟任退治記」と「信長公記」のどちらに信憑性があるのかという話になってくるが、「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」の同じ著者の「本能寺の変 431年目の真実」では「惟任退治記」に信憑性がないという解釈になっていた。

  • 光秀の読んだ歌、その日付に改竄が認められる
  • 改竄があるということは秀吉が政治的な意図によって書かせた恐れがある

秀吉は「信長に政権管理能力がなく、織田家よりも自分が信長政権を引き継ぐにふさわしい人物であること」を強調したかった。それが一つの政治的な意図で書かせたという解釈である。

歴史の解釈の面白さ

歴史の解釈というのは見つかった史実の点と点を矛盾なくつなぎ合わせていく部分で、つなぎ合わせる部分には解釈する歴史研究者のそれぞれの予測が入ってくる。面白いのは同じ史実から全く異なる解釈が出て来るところである。実際読んでいても、

  • ○○だから☓☓である
  • ○○だがこれだけで☓☓とはいえない

といったパターンがでてくるので読んでいて混乱させられる。後者のパターンが用いられる際に「現代人の我々に当時の武将の考えが想像できるだろうか?」ということを付け加えられるともう最初から解釈するのは無理じゃん、と思ってしまう。

今回、読んだ本を信用すると、信長がその時代の他の武将と比べて特別、残虐的な行動をとっていたとは言い切れない。

結局のところ、信長の残虐性のイメージの根本は、秀吉が書かせた「惟任退治記」が元になっており、その影響はホトトギスの歌にあるように江戸時代からあったようである。

その「惟任退治記」の信憑性に関しては、秀吉が政治的な意図を持って書かせたという別の史実が見つからない限りはなんとも言えない。ただ、ホトトギスの歌は当人が詠んだものではないし、信長が他の戦国武将と比べて特段行ったことが酷くないのであれば、もう少し「惟任退治記」以前に光秀など家臣を虐げていたというエピソードが見つかっても良いのではないかと思う。やはり疑問は残ったままだ。

ドナルド・トランプという男

アメリカの次期大統領であるドナルド・トランプ氏。発言のどこまでが本気なのか戦略なのかよくわからない人であり、いろんな人がいろんなことを推測で話している。テレビのコメンテーターなる役割の人達の言うことを聞いていると、よくまぁ、会ったことも無い人のことをそこまで言えるなぁと思ってしまうので彼らの言うことを聞くよりもまず自分で調べてみるかと思い本を読むことにした。これまでのドナルド・トランプ知識はWOWOWで見たアプレンティスシリーズしかない。

この本はワシントン・ポストのジャーナリストの情報を集めた本となっている。ワシントン・ポストはトランプ氏に限らず大統領候補になった人物を事細かく調べ上げるそうで、この本はそれに沿ってまとめた本ということになる。自伝など本人監修だと都合の良い情報しか出ないのである程度中立的に読めるのではないかと考えてこの本にした。残念ながらこの本は共和党の候補指名になるまでの話で終わっており、最終的に大統領選挙で勝つまでは含まれていない。

この本を読むとなかなかとんでもない人物のようである。一貫しているのは勝つことにとてもこだわるような人物に見える。謎というか家庭環境はそれほど悪くないように見える。不動産で成功した父親を持ち、苦労せずに育っている。中学でやんちゃになってくると父親に寮のある軍隊式の学校に入れられるなどちゃんと教育されているように思える。

移民を排除するといいつつ、移民の女性と何度も結婚していたり、娘のイヴァンカはユダヤ系の夫と結婚していたり、あまり一貫性がないことが気になっていたが、この本によるとトランプ氏は支持政党を共和党と民主党を何度も変えていたり、過去にはクリントン氏に政治献金を送っていたこともある。

政治に関しては一貫性がないように見えるが、自分のビジネスにプラスになる人物に力を貸すというところには一貫性がある。プラスになる相手には取り入るが、マイナスになる相手は排除するというところはありそうである。

本を一冊読んだだけの情報ではわからないことも多いが、幼少期やキャリアの進め方などもわかったこともそれなりにあった。トランプ氏に限ったことではないが、よく知らない人を想像で人物像をつくってさらに行動を想像するのはあまりしないように気をつけようと思う。

三角柱

アドラー心理学の「嫌われる勇気」の続編の本があったので読んだ。

この本も青年と哲人の会話調で書かれていて、前回の本ではこのフォーマットは否定的だったけど二冊目だと慣れたし、今回に限ってはこれでいいのではないかとも感じた。青年が大分否定的に入るので一旦問題提起して解決していく論文風な流れになっている。タイトルは相変わらずよくわからないが。。。

内容はとりあえず置いておいて、本の中で出てくる三角柱が気に入った。

・悪いあの人
・かわいそうなわたし
・これからどうするか

カウンセリングに来る人は殆どが最初の2つの話に終始するらしい。しかし、この3つを面に貼った三角柱を渡すと「これからどうするか」を選んで話始めるとのこと。

「悪いあの人」を非難して「かわいそうなわたし」をアピールしたところで本質的な問題は解決しない。アドラー心理学の本は何冊か読んだが本からのインプットはこの三角柱だけで良い気がしてしまった。というわけで積み木にメモプリのプリントシールを貼って作ってみた。

IMG_1638

早起きを習慣化するかどうか

早起きについては今まで本をいろいろ読んだ挙句、「夜型でも機能するならそれでいいじゃん」と実践していない。

そんな中、習慣化コンサルタントであると古川さんの本があったので読んでみた。

この人の本ならもしかしてできるのでは、という淡い期待がある。「やめる習慣」と「続ける習慣」の内容にそっている。早起きにフォーカスした本を別に出しているのは、早起きというのは習慣化の中でも最も難しい部類に入るためのようだ。

あらゆる習慣の中で、早起きはとても難易度が高いものの1つです。なぜならば、起きる時間と寝る時間は、複雑な習慣がつながった結果決まるものだからです。ここが、学習の習慣や片付けの習慣などと違うところです。仕事の習慣、人間関係の習慣、家族との時間、平日と土日のリズムの違いなどは、必ずしも自分ですべてコントロールできません。

本の特徴としては早起きの前に早寝をするため、「夜更かしをやめる」習慣をつけるというところに着眼点を置いているところ。筆者は習慣化は並行して行わない方がよいということから、まず早起きの習慣化をつけてから、朝何かをするという習慣をつけることを提案している。朝ジョギングするという習慣化をやろうとすると「今日は雨が降っていてジョギングできないから早起きしなくてよい」という風に共倒れになってしまうためである。

そろそろ新しい習慣化に取り組もうと考えているのだけど、やりたいことがいろいろあるのでどうしようかな。

私たちは早起きをしたいと思いますが、それは手段であって目的ではありません。本当の目的は、「もっと充実した生活を送りたい」「効率的な生活を送りたい」「人生を豊かに生きたい」など、理想の生活習慣を手に入れることが、究極の目的だと思います。

習慣づくりは戦略が要る

先月に習慣化の本を2冊ばかり読んで今月から生活習慣の改善に取り組んでいる。今のところなんとかできている。今まで読んだ習慣化の本で一番参考になっているかもしれない。

「やめる習慣」を読んでから、「続ける習慣」を読んだ。実際は「やめる習慣」の方が後から出ているので順番は逆だが基本的な内容は同じなのでどちらから読んでも問題なさそう。

著者の古川武士さんは「習慣化コンサルタント」という肩書を作っていてブログも面白そうなのでチェックしている。

「続ける習慣」も「やめる習慣」もアプローチとしては同じでまず習慣を3つにカテゴライズする。

習慣 期間 続ける やめる
行動習慣 1ヶ月 勉強、日記、節約 ネットサーフィン、無駄遣い、先延ばし
身体習慣 3ヶ月 ダイエット、運動、早起き 食べ過ぎ、夜更かし
思考習慣 6ヶ月 ポジティブ思考 イライラ

取り組む習慣は1つずつすべきと書かれている。1ヶ月の行動習慣なら1年で12個習慣化できることになる。

生活習慣の改善ということでいきなり身体習慣に取り組んでいるところ。瞑想の本を何冊か読んだので今後は習慣にしたいと思っているがどれに分類すべきなのかはよくわからない。

習慣化においては期間を定義して、ロードマップを作る。1ヶ月の行動習慣の例。

  • 禁欲期(1日目〜7日目) → 山あり谷ありを乗り切る
  • 無気力期(8日目〜21日目) → 成功パターンを作る
  • 倦怠期(22日目〜30日目) → 変化をつける

それぞれの期間によってアプローチを変えるというのが面白い。

細かい秘訣はいろいろ書いてあるんだけど、まずは自分をしっかり分析して、習慣プランを作るというのが役に立っている。人間、弱いので目標を心に秘めたところで実践は難しい。事前に対策、代案をたくさん用意しておいて文書として明文化して置くだけでも違う。個人的にはそれが一番大きかった気がする。やはり、習慣化に必要なのは意思の強さでもなんでもなく戦略をしっかりと立てておくことだと思う。

アドラーの本

今年後半からアドラーの本を何冊か読んでいた。

アルフレッド・アドラーはフロイト、ユングにならぶ深層心理学者であるが本人が書籍を残していないことから日本では他の二人よりは知られていない模様。

「嫌われる勇気」を嫌う勇気

2014年に「嫌われる勇気」という本がベストセラーになった。あの本に大体のアドラーの考えはまとまっているんだけどタイトルが釣りすぎる点と2人の対話式で進んでいくフォーマットがあまり好きになれなかった。(帯の「自由とは他者に嫌われることである」も好きじゃない)内容は良いのにフォーマットが好きなれない珍しいパターン。

アドラーの考えでは全員に好かれようとすると不自由な生き方をすることになるので、自分らしく生きるべき、その上で1人、2人嫌われることになるのは当然、ということが表現されているので、「嫌われる勇気」というのは間違っていない。ただ別に「嫌われなさい」とまでは言っていない気がするので、インパクトを狙って釣っているのが好きになれない箇所。ベストセラーになったということは出版社の戦略が成功していると言えるけれどアドラーの考えを勧める本としては選び辛い。

勧める本

ブッダの本を読んでアドラーのことを思い出して5冊くらい読んだ。ベーシックな本としてはタイトルの通りこの本が勧めやすい。というのも「嫌われる勇気」と著者が同じ(出版は15年前)なので同等の内容をタイトルで釣ることもなく教科書的に抑えてあるので安心。

そして本を読むのが苦手な人にはこちらの100の言葉の方が読みやすいと思われる。

この100の言葉の中でいうと「嫌われる勇気」に相当する内容はこのあたりだろうか。

他人の評価に左右されてはならない。ありのままの自分を受け止め、不完全さを認める勇気を持つことだ。

陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることではない。「相手があなたをどう感じるか」は相手の課題なのだから。

心が痛くなる

アドラー心理学を読んでいるとまず心が痛くなる。アドラーはフロイトの袂を分かっているが、フロイトが「あなたの問題はトラウマによるものでまず親との関係を解決しないといけない」と環境を要因にするのに対してアドラーは「たとえ環境がそうであっても今の行動を決めているのはあなたである」と環境ではなく当人に問題を見出してくるので一瞬、責められている感じになる。

100の言葉で言うとこのあたり。

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。

遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない。その材料を使って住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは、あなた自信が決めればいい。
 
「親が悪いから」「パートナーが悪いから」「時代が悪いから」「こういう運命だから」責任転嫁の典型的な言い訳である。

「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。どんな過去であれ、未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ。

不安だから、外出できないのではない。外出したくないから、不安を作り出しているのだ。「外出しない」という目的が先にあるのだ。

意識と無意識、理性と感情が葛藤する、というのは嘘である。「わかっているけどできません」とは、単に「やりたくない」だけなのだ。

ガミガミと叱られ続けた者が暗い性格になるとは限らない。親の考えを受け容れるか、親を反面教師にするかは、「自分の意思」で決めるのだから。

アドラーの本質はこのあたりの目的論にあるためこの手の言葉も多くなっている。

心が痛くなるものの、アドラー心理学に惹かれるのは逆に全てのことは自分の行動で変えられるという意味を含んでいるからだと思う。環境が変わらなくても、自分を変えることで問題を切り開いていくことができることが示されている。

この考えの中では「☓☓だから○○できない」は「○○したくないから☓☓を理由にしている」に置き換えられる。本当に〇〇したければ周りを理由にせず最大限努力するからであり、この考えを反転するだけで努力のやりようがあると思う。

子育て・教育論

アドラーは子育て、教育についてもかなりいろいろなことを言及している。アドラーは褒めることも叱ることも避けるべきだと考えている。

叱られたり、ほめられたりして育った人は、叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を敵だと思うようになるのだ。

アドラーは褒めること自体が上から目線の感情であると否定しており、褒めるよりも感謝すべきと考えていた。

罰を与えるのではない。結末を体験させるのだ。子供が食事の時間になっても帰ってこなければ、一切叱らずに食事を出さなければ良い。

叱るのではなく、こういうことしたらこういう結末になると先に約束しておきそれを実行するという形にする。

他者への貢献

「嫌われる勇気」というタイトルをうまく咀嚼できないのは、アドラーは嫌われる以外の感情も周囲に依存しないようにと言っていて、どちらかといえば自分はこちらの方が響いているからかもしれない。

誰かが始めなくてはならない。見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、「あなたから」始めるのだ。

「自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

人は「貢献感」を感じ「自分に価値がある」と思える時にだけ勇気を持つことができる。

何故かというとアプリだったりオープンソースだったりを公開していると他人からの不満の方が目についてしまう。これは他のことでも同様だけど、不満を感じていない人は発言しないから、結果的に不満を感じている人の声ばかりが聞こえてしまう。それが仕事だったり、有料アプリであれば自分がお金をもらっているからなんとか耐え忍ぶことができる面があるけれど、何も報酬がない場合はモチベーションを保つのが辛いことがある。

アドラーの言葉を読み返し、たとえ感謝やほめられることがなくても自己満足によってアプリやオープンソースの開発が続けられるようになりたい。

マネージャー向けの承認欲求の本

承認欲の本が予想に反してマネージャー向きだった。

一時期、ブログやSNSの情報発信というのが承認欲でしかないと悟って投稿に抵抗を感じていた。承認欲がないならプライベートな日記で良い訳で、ネットで何か書き込むとうことはやはり誰かに認めてもらいたいという欲求は否めない。しかし、その後、ブッダの本を読んでモチベーションになる限り欲は認めても良いということで少し和らいだ。

もう少し承認欲について勉強しようとしたのが冒頭の書籍。内容は自分の承認欲というより、相手や部下の承認欲求とどう付き合うかについて書いてあり、仕事で役に立ちそうな内容だった。

ベテランの管理者や人事・人材開発担当者は口をそろえて言う。「働く人たちの大多数は、自己実現欲求より承認欲求によって動機づけられている」と

なるほどと思わされた離職の理由の話について

離職した理由として給与や労働時間などの労働条件がよくないことや、仕事が自分に合わないとか成長できないことなどをあげていても、よく聞いてみるとそれは表向きの理由であることが少なくない。典型的なのは「周りから認めてもらえない→仕事が楽しくない・孤独を感じる・自信が持てない→離職する」といったパターンである。しかも本人自身、それが承認の不足だと気づいていないケースもあるため実際より問題が過小評価されている。

これを読むとドワンゴの焼きそばの件も実際のところは承認欲求が満たされていなかった面もあるのではないかとふと思った。

この本の良い所として日本人という部分にフォーカスを当てている点がある。

とくに日本人の場合、認められたいという気持ちを正直に表現できないことが多いようだ。それは、表立って主張したり突出して目立ったりすることがはしたないとされる一方、分をわきまえ、奥ゆかしく振る舞うことがよしとされるから

すなわち人生の目標として出世、キャリアアップを堂々と掲げ、それに邁進していくのが困難なことがあげられる

こうしてみると、ほめられたいがほめてもらえない日本人の姿が浮き彫りになってくる。

つぎのような仮説を導くことができる。同じ短期的な承認であっても、欧米人は仕事の客観的な成果で認められようとするのに対し、日本人は仕事ぶりで認められようとするのではないか。

この本で私が力を入れて訴えたのは、つぎのことである。<表の承認>より<裏の承認>、また<長期の承認>より<短期の承認>に偏ったわが国の組織・社会風土は、国際的にみてもきわめて特異である。しかも、いまなおその特異性を強めようとしている。これは正直いってかなり異常な現象だ。

日本人は認めてもらいたいたいが、それをうまく表にだせないのでいろいろややこしいことになっている。日本でTwitterが流行ったのもこのあたりに関係があるかもしれない。

もともと勉強しようとしていた個人の承認欲求については少し間接的になってしまったが、この本では組織の中での他人の承認欲求をどう付き合っていくかについて学べることがあり、マネージャーが読んだほうが良いような内容だった。そもそも、この本は日本でTwitterやFacebookなどが流行る前の2007年に出版されていた。すこしだけMixiには言及していたが、基本的にはネットにとらわれずに承認欲求を分析されているため結果的に勉強になった気がする。

GitHub社などは欧米のIT企業では<日常の承認>が行われやすいパーテイションのない日本的な職場環境になっていて、8年間で日本も海外も大分状況も変わってきているかもしれないので続編として現在の分析もしてもらいたいものだ。

ブッダの考え方を読む

もともと人に流されて決めるのが好きではないのと、ブログやSNSで人の考えに言及するのが何か嫌になって避けていたのでタイトルに惹かれて読んだ本。

なかなか面白かった。

「他人の小さなことが目について、不満を感じてしまう」という悩みの招待は、「もっと自分を認めてほしい!」という承認欲だったりするのです。

つまり嫌に感じているのは承認欲だということなのだろうか。

「妄想」こそは、人間が最も得意で、大好きで、ほぼ一日中絶え間なく広げている、ナンバーワンの煩悩です。

人は無駄な妄想で時間を潰しているそうだ。これを避けるために瞑想のススメに繋がってくる。

「判断」とは(中略)どちらが優れている、劣っているといった「決めつけ」「思い込み」のことです。
(中略)自虐も判断。(中略)失望や落胆も判断。

判断する心には、わかった気になれる気持ちよさと、自分は正しいと思える(承認欲を満たせる)快楽があるのです。

人は妄想に続き、「判断」も好きなようで、それで疲弊したりストレスを感じたりもするようだ。そして仏教で「判断」を取り除き、あるままを受け入れるというススメに繋がってくる。

「正しい自分でいるより」、「素直な自分」でいるほうが、魅力的だと思いませんか。

最初は周囲に反応しないという意味で読んでいたが、どちらかというと自分に反応しないという側面の方が勉強になった。ブッダの教えによると欲を満たすことは否定されていない。欲を満たすことが幸せになるのであればそれは正解で、欲を満たすことが不安や焦りに繋がるのではれば仕切りなおすということらしい。ブログを書くというのも承認「欲」が含まれていることに葛藤があったのだが、承認欲も内向的な動機付けで書くのであればokなようで、承認欲を目的にしないことが大事。

他人が認めてくれるかどうかは、他人が決めることであって、自分がコントロールできるものではないからです。他人の評価を「目的」にしてしまうと、そこから「他人の目が気になる」心理に突入してしまいます。

とりあえず妄想や判断を捨て、考えすぎずに素直に情報を発信することを心がけようと思う。

木曜日の読書

去年から木曜日の夜はファミレスに篭って読書というパターンが習慣化した。これができるのようになったのは積読も電子書籍にしたというのが大きい。タブレットさえ持って行けばいいわけだし。

自転車通勤なので通勤中に本を読むということができなくて、なんとなく「今週、本読んでないなぁ、挽回しよう」みたいなノリで木曜日に読むことが多くなって習慣化した気がする。

他にも水曜日は空けておきたい、金曜日は週末に備えたいということも影響していると思うので週一で習慣化したいものは木曜日の夜に持ってくるのは一つの作戦としてありなんじゃないかと思う。

「木曜日の読書」はだいたい1冊以上は読むくらいは習慣化しているけど、読んだ本の紹介まではできていないので次のステップでそこまで習慣にするか考え中。

ペンタゴン流の習慣づくり

良い習慣を目指すために「ペンタゴン式目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる」という本を読んだがなかなか視点が違って内容が良かった。

  • 呼吸で集中力をアップさせる
  • 瞑想を習慣化する
  • 日誌による客観的な分析
  • 忙しいことは自慢ではない、多忙はストレスでしかない
  • 習慣を止めそうになるとき、それをしないだけの何か特別な理由があるのかを3秒考える
  • 72時間対処法
  • 定期的に遺書を書く、残りが3ヶ月の人生だったらを考えてみる

違う職業や世界の考え方というのは視点が違って新鮮な考え方を得られるかもしれない。