Pebbleの生まれ変わりか?Fitbit Ionic

Pebbleを買収したFitbitから新しいスマートウォッチが発売される模様。

https://blog.fitbit.com/fitbit-ionic-release/

とりあえず価格が$299で機能的なものをみるとわりとリッチなスマートウォッチなようだ。ただそれだけだったらApple Watchで十分、一番重要なのはアプリの開発によってどこまで自分用のカスタマイズできるかどうか、そこがPebbleの良さを引き継いでいるかの指標になる。

その点、Fitbit Ionic OSなるものを搭載していて開発環境が提供される。

開発を始めるにはFitbit accountとFitbit Ionicが要る。Getting Startedを見ると、CloudPebbleのようなFitbit Studioが提供される。9月公開のようなのでまだ触れないが、見た感じはjavascriptベースで開発できそうだ。Pebbleはもともとc言語がメインだったが、終盤はJavascriptに移行しようとしていた。Fitbit Ionicは完全にJavascriptだけで開発する感じに見える。Cで書けないのは寂しいが開発者を増やすにはC言語よりもJavascriptの方が良いだろう。Clock APIがあるのでWatchfaceのようなものも作れるに違いない。今のところPebbleのようにSDKがダウンロードできてローカルPCでビルド・・・というスタイルが提供されるのかは読み取れない。

問題は肝心のFitbit Ionicが日本からはプリオーダーできなさそうなところ。プリオーダーのページだと住所の入力で国の選択肢に日本は現れなかった。

https://blog.fitbit.com/fitbit-ionic-release/
Fitbit Ionic is available for presale today on Fitbit.com and select online retailers tomorrow for $299.95. Ionic will be available in stores worldwide beginning October 2017, including major North American retailers Amazon, Best Buy, Dick’s Sporting Goods, Kohl’s, Macy’s, REI, Target, and Verizon.

ワールドワイドで販売されるのは10月以降。このあたりはKickstarterで手に入れることができたPebbleのスタイルは引き継がれなかったようだ。

iPhoneとApple Watchが充電できるPowerHouseを購入

Apple Watch 2とiPhoneの両方を充電できるbelkinのPowerHouseを購入した。

belkin PowerHouse

これまではbelkin社のiPhoneの充電スタンドとSpigen社のApple Watch充電Dockを併用してつかっていた。

以前Pebble Smart Watchを使っていた時、PebbleはUSBハブからの給電できていたが、Apple Watchでは電圧が足りなかったためか充電できなかった。それゆえiPhoneとApple WatchのDockでコンセントを二つ要している状態だったので、PowerHouseによってコンセントが1つにまとめられたのが嬉しいところ。

一応、iPad miniも立てられて充電できている。問題といえば、どうしてもApple Watchの重心が悪く、傾いてしまって見た目がよろしくないところ。

Apple WatchでGoogleカレンダーの予定を見るアプリ

Apple WatchでGoogleカレンダーの予定が見れるアプリとして Tiny Calendar を使い始めることにした。

iOSのAndroidと比べた場合の数少ない不満としてOSデフォルトのカレンダーとGoogleカレンダーと連携が貧弱なところだ。仕方がないのでこれまではサードパーティ製のCalendars by ReaddleというGoogleカレンダーの予定を同期して、Googleカレンダーの予定を見やすく表示してくれるアプリを使っていた。

このアプリは時々同期が行われない以外は気に入っていたのだが、Apple Watchアプリに対応していないため、Apple Watch上でGoogleカレンダーの予定を表示できるアプリを探し、 Tiny Calendar を使うことにした。

Apple Watchで予定が見れるようになって便利になったが、いくつか問題も見つかっている。Apple Watchのアプリが通信しているのはiOS側のTiny Calendarアプリであるため、まずiOS側でTiny Calendarを起動して予定を同期しておかないといけないというところである。つまり、朝起きてApple Watchで予定を確認しようと思うと、まずiPhoneでTiny Calendarを起動して最新の予定を同期しておかないといけないので「いやその時点でiPhoneで予定見るわ」となってしまう…

予定が増えていないのであればこの「まずiPhone側のTiny Calendarの予定を同期する」手順は必要ないとも言えるが、予定を忘れないためにアプリに頼っているわけなので昨日から予定が増えていないかどうかを記憶や予測に頼るわけにはいかない。

もう一つ、以前から感じていた問題で開始5分前の通知が来る予定と来ない予定があるところ。いろいろ試してみたがGoogleカレンダーのデフォルトの通知設定がモバイルには効いてないように見える。Googleカレンダーのヘルプにはデスクトップとモバイルで通知設定は共通のように書いてあるのだが、新規に予定を追加してデスクトップPCのブラウザで予定を見ると5分前の通知が設定されているが、モバイルのGoogleカレンダーアプリで見るととリマインダ通知が設定されていないのである。

基本的に予定はデスクトップPCから追加していることが多いが、それからモバイルのGoogleカレンダーアプリでリマインダの通知を追加すると通知が来るようになった気がする。

Apple Watchの通知も結局はiPhoneアプリ上の通知なのでこちらも、iPhoneでTiny Calendarを起動して通知設定を含めて予定を同期しておかないといけない。というわけで少し前準備設定が面倒だが、会議やら個人的なTODOをスケジュールにいれておくとApple Watchが通知してくれるので記憶に頼りたくない自分はその準備をするだけの価値は十分になると思う。

Raspberry PiのLANがとんだ

自宅サーバとして使っていたRaspberry PiのLANが止まってしまったのでSDカードだけ付け替えて復旧した。

外からサーバに接続できなかったので最初はハングしているのかと思ったけど、電源を入れ直して再起動しても接続できず。ディスプレイを繋ぐとちゃんとOSは起動しており、ネットワークがつながっていない状態であることがわかった。それからLANケーブルを繋ぎ直したり、別のLANケーブルに交換してみてもつながらないのでRaspberry PiのLANポートがお亡くなりになったと判断。

自宅サーバで使っていたRaspberry PiはB+で、このタイミングではModel 2やModel 3に置き換えることも考えたが特にModel B+で困っていることもなく、また1からセットアップしてデータを移行するのも面倒なので、バックアップ用に取っておいた新品のRaspberry Pi B+に壊れたRaspberry PiのSDカードを指したら普通に稼働再開できた。

Raspberry Piは製造している会社によって微妙に違うのでもしかしたら別のRasbperry PiのSDカードでもダメなケースがあるかもしれないが、今回は両方ともRSコンポーネンツ製だった。こんな簡単に故障から復旧できるのは素晴らしいが、逆にSDカードが死んだらこの方法は使えないので、SDカードを選ぶ際はあまり妥協しないほうが良いと思った。

Raspberry Piオフィシャルケース購入

専用のACアダプターに引き続き、ケースもオフィシャルのものを購入。Amazon経由のスイッチサイエンスさんで購入。 3/2/B+のいずれのモデルにも対応している。

Raspberry Piケース

自宅サーバ扱いしているRaspberry Piが1台あり、作業机から玄関に移動した。玄関にはNASとUPSがあり、そのグループの仲間入り、これで一瞬の停電には対応できる。

それまではオシャレなPibowケースを利用していた。

今後は埃にさらされることを懸念。全体を覆うケースを探して結局、オフィシャルなケースを使うことにした。

Raspberry Piケース

Raspberry Piケース

ラズベリー色とロゴマークから溢れ出る公式感。必要最低限のポートだけしか空いていないので熱問題が心配だが、とりあえず必要な部分は覆われた。

Raspberry Pi専用ACアダプタ購入

Raspberry Pi 3 Model B用の専用ACアダプタを購入した。

通常はRaspberry PiはUSB給電なので、USBケーブルと、USB電源アダプタをあわせて使う。ただ、Raspberry PiのModelが新しくなる度に高機能になり、電圧の要求が高くなってきて、電圧が対応しているUSB電源アダプタかどうかを判断するのが面倒になって「もう、専用アダプター買います」という状態になった。

Amazonで購入。

IMG_1704

USBハブの給電で足りていた時代が懐かしいです。

PebbleからApple Watchを使って2週間

Pebble Time RoundからApple Watch 2に切り替えて2週間ほど経った。結論から言うとApple Watchに切り替えて良い気がする、ただ4万円も払う価値があったかと言われると微妙。

最初の2週間なので余計なカスタマイズはせずにほとんどデフォルトの設定で使ってみた。最初の数日はタッチパネルに慣れずに苦労した。Pebbleの癖でなんでも側面のボタンで解決しようとしてよくアプリ内で迷子になっていた。さすがに1週間で慣れたが、今度はPebbleに戻ると苦労するかも。まだ今年に入ってから一度もPebbleを巻いていないが。

良いところ

(Pebbleに比べて、というところ)

  • 表示が綺麗
    • 電池が持たないだけあってちゃんとしている様子
  • 必要な通知はだいたいくれる
    • 天気、ニュースなど
  • 日本語・絵文字が表示される
    • Pebbleの日本語パッチで天気アプリの通知の天気の文字が表示さなかったりしたが、Apple Watchでは天気がちゃんとわかる
  • 健康のアドバイスをくれる
    • 1時間置きにスタンドしろなどと言ってくるので従っている
    • PebbleにもHelthアプリはあるがこのような助言はしてこなかったと思う
  • ナイロンバンド痛くない
    • 冬で肌が乾燥しやすいが特に気にならない
    • 夏に蒸れないかは不明だがバンドにもコストを掛けていることだけはある

悪いところ

  • 高い
    • 4万円分の機能はあるのだろうが、それをユーザが使い切れるかが疑問
    • Pebbleが買収されるなどのショッキングなニュースがなければ勢いで買えない
  • バレる
    • PebbleはバレないがApple Watchは知名度からバレやすい
  • ダサい
    • 主観
    • 何故MacやiPhoneは良くてApple Watchをダサいと感じるのか謎

言うほど悪くなかったところ

  • 電池の持ち
    • 2日しか持たないPebble Time Roundで毎日充電する習慣ができており、今のところそれで困っていない
    • 1週間持つPebbleを使っている人には参考にならないかも
    • アプリを追加して使い込んでいないのでまだ評価は早いかもしれない
  • スリープ
    • 普段スリープしていて、手首を返すと表示される仕組みだが、今のところ困っていない
    • 急いでるときはイライラするかもしれないが、ここ2週間で時間に追われることがなかったので
    • 逆にイライラしたら落ち着こうと心に誓う

Pebbleから乗り換えるべきか?

長期的にはYesだが、短期的には他にアプリがあるのか、自分で簡単につくれるのかを調べる必要があるのでそろそろアプリをインストールしたり、作ったりしようと思う。

作りたいアプリやPebbleから移植したいアプリはいくつかある。

今使っているのが四角Pebbleなのか丸Pebbleなのか、買ってしまった後に乗り換えるか考えるか、これから4万払って乗り換えるかどうか、など前提が違うので安易に乗り換えるべきとは言えないが、思ったほど悪くないというのが現時点での評価。まぁ、それも、もともと期待値が低かったというのがありそうだが・・・

Apple Watchを買う

Pebbleの先行きが不明なのでApple Watchを買った。今までPebble好きでApple Watchはガン無視していたのでほとんどラインナップを理解していない。

まずバンドと肌の相性が気になったのでApple Store 渋谷店を訪れる。バンドの違いがモデルの差というのは微妙な商売だと思っていたが、手にとって見ると一般的なスマートウォッチと比べれば確かにバンドの質は良く、別にどれでもよさそうな気がした。

Apple Store店員さん曰く、サードパーティ製のバンドも出ていてAmazonで普通に買えるとのことなので一番安い価格帯の中から白のナイロンバンドにすることにした。しかし、ナイロンバンドは店頭に在庫が無いと言われた。表参道には在庫がある、年末だけどオンラインでもすぐ出荷されるということなので、その日は帰ってオンラインで注文。翌日届いた。

Apple Watch Series 2 – 38mmシルバーアルミニウムケースとパールウーブンナイロンバンド

Apple Watch 2

Apple Watch 2

細身なので小さい38mmの方で良いという判断。スマートウォッチはデカイすぎると物々しい。だからPebble Time Roundがベストだったわけなのだが。

ついでにAmazonでDockを買った。電池が持たないというが欠点の一つと言われているが2日しか電池が持たないPebble Time Roundに慣らされて毎日お風呂に行くときに充電しているので、Dockがあって充電しやすれければいまの習慣で大丈夫だろうと楽観視。Amazonでバンドを探したがどうやら普通の腕時計のバンドをつけられるアタッチメントが売っていたのでとりあえず購入、ただ付属のナイロンバンドの色は気に入っているのでこれでしばらく使ってみる予定。

Apple Watch 2

最初はあまりカスタマイズせずに普通に使ってみる。

Pebbleその後

PebbleのForumの通知が送られてくるのでその後の動向はどうなっているのか読んでみた。

2016/12/14 First Steps Forward with Fitbit

開発者ブログで公開された記事。

とりあえずFitbitはPebbleのエコシステムは2017年はサポートする。Pebbleアプリ開発者は作成したり更新していいとのこと。まぁそう言われてもまったくやる気は起きないのだが・・・あと開発者向けのブログなので壊れたPebbleを修理してくれるなどのPebbleユーザ向けのサポートについては書いていない。

その後の方向性としてはCloudに依存しなくて済むようにMobile appを更新する。Pebble HealthはCloudに依存していないので使い続けられるだろう。とのこと。

Rebble

First Steps Forward with Fitbitの記事でも紹介されているコミニティ。Pebbleのエコシステムを置き換えようとしている。

Gadgetbridge

First Steps Forward with Fitbitのコメントで紹介されているAndroidアプリ。Pebbleと連携できる模様。

2016/12/22 Pebble.js – Pebble Package Edition!

開発者ブログで公開された記事。Pebble.jsがPebble Packageになりました。今更?

Pebble PackageはPebbleの共有ライブラリを管理するエコシステム。このタイミングでpacakge化されたのはよくわからないがもともとPebble.jsはGitHubでソースが公開されていたのであまり延命の話には関係ないように思える。

その他

Forum見てると「動かない、Pebbleはサポートを止めたのか?」「え?俺の環境では動くけど?」のような混乱が見受けられる。何かが動かないとすぐにサービスを止められたのか?と疑念を抱かれるのは辛いだろうが仕方がない。

家電のLEDライトを抑える

睡眠の質改善その3。寝るときは部屋の電気を真っ暗にした方が良い。hue tapでライトを簡単に消せるようになったが、電気を真っ暗にすると家電共のLEDライトの点灯が気になった。

多くの家電、そしてガジェットたちが自分たちの状態を主張してくる。部屋が明るくても視認性があるようにするためか赤、青、緑の3原色で結構な明るさで点灯している。LEDで状態を表すという手法は確かに分かりやすいが、オフにする設定があれば嬉しいのだが。

シールか何かで抑えられないかと調べたらまさにそのための商品が見つかった。

ただ、このパッケージのbefore, afterほどの効果はを出すには、パッケージにあるようなPCディスプレイや、WiFiルーターなどのような平面じゃないと難しいのかもしれない。

IMG_1681

LEDランプが丸く出っ張ってるHDMI切替器や、IRKitなどではうまくシールを全面に覆えず明るさが漏れてくる。まあそれでも無いよりはマシだが。シールに頼らずとも物理的に覆ってしまうのが手っ取り早いが、この手の製品は赤外線を使うのでそれが難しい。そもそも寝ている間は使わないのだから電源OFFにしてしまう方が良いのかもしれない。

夜中使わない家電をリモートで一括でオフにできるものを作れないだろうか。