ChromeBookを買う

とりあえずAcer Chromebook C730E C730E-N14Mを買った。

Chrome Book

趣味でChrome AppsというWeb技術でデスクトップアプリを作れるものでアプリをつくったりしていたが、Chrome AppsのWindowsやMac、Linuxでのサポートが終了し、Chrome OS専用になってしまう。(Chrome Extensionsは引き続きサポート)自分で使えなくなるからChrome Appsを取り下げるかどうか考えてみたけど、とりあえず安いからChromebookを買ってみた。

ChromebookはDELLやAcer、ASUSあたりのメーカーが出している。とりあえずDELLで探してみたがなるべく新しい製品にしてみたかったので2016/04に出たAcerのC730E-N14Mに落ち着いた。約3万円。ASUSがそれよりも新しい製品を出しておりお勧めっぽいのだが法人にしか販売していないようでそこまで頑張って買う必要もないので諦めた。Chromebookはあまり選択肢が少なくない様子、教育向けだし買い換えスパンが短いわけじゃないのでそんなに頻繁に新製品を出す必要がないのかもしれない。

Chrome OSで無事自作のChrome Appsも動いた。Chrome OS自体は起動自体は早い、アプリ(ブラウザ)は若干もっさりしているがあくまで普段使っているMacBook Proと比較であるからOSというよりラップトップのスペックによるところが大きいと思われる。日本語フォントがまだ微妙とかいろいろ課題はあるがブラウジングメインかつキーボードも欲しいというのであれば個人でも買ってよさそうでもある。

とりあえず動作環境を手に入れたのでメンテナンスを続けても良いが、Transitioning from Chrome apps on Windows, Mac, and Linuxでは Electron や NW.js での移植も勧められている。教育など特定の領域でないかぎりはChrome OSでしか動かない技術を使ってアプリをつくる動機が無さそう。Chrome OSと共にChrome Appsは特にエンジニアはタッチしなくて良い気がする。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。