ロジクールの静音マウスM330とM220使い比べ

ロジクールの静音マウスM330とM220をそれぞれ一週間使い、結果として僕はM220を使うことにしました。

Logicool Silent Mouse

プライベートでは家にいると誘惑に負けるので、なるべく外で作業しています。外で作業する際に、マウスのカチカチする音が気になったので静音マウスを探しました。

ここ2年、ロジクール製マウスを使ってます。以前はマイクロソフト製を愛用していましたが、Macとの相性が悪かったのでロジクールに移行しました。

ロジクールのワイヤレス静音マウスはM33x系とM22x系の2つのモデルがあります。M33x系は右手用の設計で、M22x系は左右対称のモデルです。

それぞれAmazonで購入、価格は以下の通りでした。

  • M330 ¥1,580円
  • M220 ¥1,180円

M331M221もありますが、光沢仕様かマット仕様かの違いになっています(参考: ロジクールのプレスリリース)。

クリック音はどちらもはノートパソコンのタッチパッドを押すくらいの音です。

逆にマウスのホイール音が気になりました。クリック音より音がします。うるさいレベルでは全くないのですが意識すると気になります。

静音面では2つのモデルで大差がなく、小さいマウスの方が僕の手に合うのでM220に決めました。

  • M22x
    • 高さ x 幅 x 奥行き: 39mm x 60mm x 99mm
    • 重量: 75.2g
  • M33x
    • 高さ x 幅 x 奥行き: 38.4mm × 67.9mm × 105.4mm
    • 重量: 91.0g

カフェだとだいたい音楽が流れているので気にならないかもですが、意識しちゃうと耳障りなんですよね・・・。というわけで静音マウスを気兼ねなく外で使っていきます。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。