WordPress 3.9がリリースされたのでAmazonJS 0.7をリリース

テーマのスタイルの上書きをオプションに

それでいいのかAmazonJS 0.6.1

やっぱり それでいいわけないだろ ということで、この修正はオプション(デフォルトオフ)にしました。テーマのスタイルを上書きする にチェックすると !important を使ったcssを読み込むようになります。

テーマのスタイルによって商品表示のデザイン、レイアウトが崩れる場合の対応は二つあります。このオプションを有効にするか、カスタムCSSを使用するを有効にしてカスタマイズするかです。

両方のオプションを有効にすると !important 地獄への連鎖が始まるので推奨しません。

Google Analyticsでトラッキング

AmazonJSで商品クリックをイベントトラッキングに書いた機能をオプション(デフォルトオフ)で追加しました。

Google Analyticsでトラッキングしたい人は Google Analyticsを使って商品リンクのクリックをトラッキングする にチェックをいれてください。

なおAmazonJSはGoogle Analyticsのスクリプトやトラッキングコードは追加しません。Google Analytics for WordPressなどを使ってください。

リファクタリングと対応バージョンをWordPress 3.1に

設定関連のAPIで screen_icon() がWordPress 3.8から非推奨になっていて、それ以外の設定関連のAPIの使い方を見なおしたところ設定の保存で使っていた submit_button がWordPress 3.1からのAPIでした。コードの履歴を見たところv0.4から使っていたのでv0.4からは設定の変更がWordPress 3.1以上でないとできなくなっています。さすがにセキュリティ的にも古いWordPressの利用は推奨されないと思うのでコードは直さず最低バージョンを3.1に設定しました。

WordPress 3.1未満でどうしても使いたい人は過去バージョンからv0.3をお使いください。

またWordPress 2.xを切れたことで設定周りの実装を今後の修正のためにもシンプルに書きなおしました。設定関連で問題が起きた場合はお知らせください。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。