PebbleのFirmwareを2.0-Betaにアップしてみる

PebbleのSDKおよびFirmwareのメジャーバージョンアップがなされているようなのでまずFirmwareをアップグレードしてみた。

PEBBLE SDK 2.0 BETA

Pebble Firmware 2.0 Beta

そしてPebble SDK 1と互換性がないため以前 Watchface Generator で作ったものは使えなくなっている。V2用のWatchface Generator V2も作られているが作りなおすのが面倒だ。。。

ちなみにPebble SDK v1はPythonに依存していたがPythonにはSimpleHTTPServerという便利なモジュールがある。以下のように実行すると任意のフォルダをウェブサーバとして公開できる。

cd ~/Downloads
python -m SimpleHTTPServer 9090

ifconfigやネットワーク設定などからPCのIPアドレスを調べて、スマフォ側で http://ipaddress:9090 を開けば PC の Downloads フォルダをブラウザから閲覧できる。iOSの場合iOSのPebbleアプリが拡張子 pbz に紐付いてるので pbz ファイルをクリックすれば接続しているPebbleにファイルを送ることができる。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。