半大晦日の大掃除のススメ

なんとなく2011年も半年すぎたので、自分ルールで半大晦日の大掃除というものを粛々とやっていたのだが、意外によかった気がするので今回の反省も踏まえて来年も継続していきたいと思っている。半大晦日の大掃除のポイントは2つほど。

世間が休みじゃない

大晦日の場合、早めにゴミを捨てないとゴミと新年を迎えるはめになったりする恐れがある。半大晦日はこっちが勝手にやっているイベントで世間は休みでもなんでもないのでゴミもいつも通りに回収されている。また何かついでに買い替えようとか思った場合でも世間の店はやっているので、年始が終わるまでまたなくてもいいし、このイベントが流行らなければ店で混雑することはないと思われる。

このポイントのデメリットは掃除をするこっちも休みではないということである。計画的に準備をしてやらないと一気に片付けられない。粗大ごみは相変わらず回収までにギャップがあるし、世間の店が開いていると言っても週末に足を運んで気に入ったものがなくて結局通販で買うとかなると、届くのが数日後で続きは来週から・・・となってしまう。対策として俺だけ半大晦日休暇をいれてもいいのではないかという気がしている。6月末はちょうどGWと夏休みの間くらいだし休暇をいれるのもそれなりにいいタイミングなのではないだろうか。

季節が180度違う

アタリマエのことだが。季節が違うということで季節家電を見直すとか、着なかった冬服を捨ててみるとか冬ではやりにくかったことができたりする。

あとなんとなく冬に比べるとこたつがなかったり、ものが少ないように思える。その分クローゼットがいっぱいなのかもしれないが掃除のしやすさは夏の方がいいのではないだろうか。

デメリットは当然のごとく暑いということ。汗ビッショリになったあとで買い物にいくのは躊躇うので(シャワーを浴びてもどうせまた汗をかいてしまう)、掃除用品や食料などは始める前に確保しておくことが望まれる。年越し蕎麦にならってざる蕎麦などを食べるのが良いと思う。

なんにせよ、この時期に大掃除するってのはあまり経験がなかった気がするので継続的にやりたい。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。