Microsoft Tech・Days 2010 “Best of PDC” に参加 1日目の巻

セッションのメモはEvernoteで公開。
一日目二日目

いつもは電車の時間を短縮するためにテレポート経由なんだけどなんとなく今日は遠回りしつつも台場駅直行パターンでいってみる。

受付でいらないリュックをもらう。この中に資料が入っていますと言われる。見てみたがいつものごとく8割が広告である。リュックいりませんと返そうかと思ったが受付に空のリュックと資料入リュックがあると迷惑になりそうなので仕方なく自分のカバンに突っ込む。

イベント資料に環境の配慮をしていますということにものすごく突っ込みたくなったのでアンケートに書いておこうと心に決める。広告も要らないと思うがお金を出してくれるスポンサーだから致し方ない、しかしリュックはいらない。

キーノートではとなりの席の人(知らない人だけど)がいきなり居眠りをしていた。スーツ族のわりにだらしないな、スーツを着ていて固い会社にいるのかもしれないが、だからといって社員が真面目だとは限らないと國母を擁護してみる。会社の金で参加しているのだから、内容を理解して伝える義務があるものだが、オシム風に「徹夜明けの受験生が試験中に居眠りしますか?ようは集中力が足りないのです」という言葉が頭をよぎる。仕事が忙しいとか居眠りする理由にならん。

keynoteで英語のところがあったが、先週のデブサミといい、英語の勉強を全然してないのにそれほど英語が聞き取れないわけじゃないのは最近光テレビでWWEで英語を聞いているからかなぁ?聞き取れてもわからない単語が多すぎて文脈があまり理解出来ないのは相変わらずだが。

とにかくkeynoteではAzure!Azure!Azure!クラウド!クラウド!クラウド!と言っていた。なんだか数年前のGoogle Developer Dayみたいだ。個人(無料で)で使えないんでしょ?という理解で壮大にAzureはスルーしていたのでいまいちノリについていけない。Silverlightといいやたら業務系にシフトしているなぁという印象を強くする。なんというかすごそうなんだけどワクワクしない。

で本日受けた受けたセッション。
T2-201 C# & Visual Basic – 未来の⽅向性 –
T3-201 Silverlight 4 新機能概要
T3-301 Silverlight 4 Out of Browser 徹底解説
T3-302 Silverlight 4 を使った業務アプリケーション開発

最大の誤算は最初のブレイクアウトセッションで部屋を間違えた。春日井さんすみません。
しかも先頭に座ったので出づらかったし。聞きたい内容だったのでそのまま居座ることに結果的にBlendのセッションは過去に何回か聞いていたのでC#4を聞けたのはよかったかもしれない。第2セッション以降はSilverlight中心。あんまり得ることが少なかった気がする、個人的にはもう少しdetailに踏み込んで欲しいところ。まあ大きなイベントというのは得てしてこういうもので拘束される時間と得られるものを考えると避けたくなるものだが、一年に一回だからいいんじゃん?と開き直って参加している。

というわけで本日はSilverlight4についての理解を深めた。それにしてもSilverlightが最初に登場した際にタイミング的にAdobe AIRと比較されたものだが、当時の機能では対比するのはFlashのほうが適切だった。しかしSilverlight4に関してはOutOfBrowserの強化によって段々Adobe AIRと比較するのが適切かも、という感じになってきた。しかしCOM使うと何でもできるけどWindows限定になるからOutOfBrowserをつきつめていくともうWPFでつくればよくね?という感じになりそうでもある。

というかWPFでSilverlightのxapをはりつければよくね?なんだか、よくわからなくなってきた。そんなTechDays 1日目。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。