内藤がしょっぱい試合をしたからといって亀田が正当化されるわけではない

もうタイトルの通り。

亀田xランダ1の12Rのなぞのジャッジに比べたら個人的には判定は妥当。

まぁ、本人が言うように試合がしょっぱかったのは事実。どう考えても油断してたと思う。ただ持ちこたえて負けなかったことはとりあえず評価できる。相性や調整などいろんな要素があるなかで一試合ですべてを判断するのは難しい。

なんにせよ内藤が一試合しょっぱい試合をしたからと言って何年も何かと理由をつけて王者クラスのボクサーとの対戦から逃げている亀田が評価されることはない。

とにかく亀田は一度でいいからちゃんとした同じ階級の実力者とやれ。サラドとやれ。そうしないとそもそも評価すらできん。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。