実装パターン

久しぶりに参考書っぽく机に置いておいてもいいかも。と思った本。

デザインパターンなんかとっくの昔に飽きていたものとしてちょっとタイトルに期待していたのだが、ページが少ないなりによくまとまってる。デザインパターンのようにこうやっとけばいいよテクじゃなくて、どちらかというと理論。セマンティクスと言うほうがよいのか。

もう少し違う言い方はないものか、なんとなく時代にあってる気がする。初心者には勧めづらいが一つ言語を覚えてデザインパターンとか手を出しそうな人にはむしろこっちを先に読んでもらいたいと思う。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。