VAIOの思い出

ソニーがPC事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却するという話が公式に発表された。

初めて買ったパソコンがPCV-S510という機種だった。その前にTという型番があったので二番目くらいに古い機種だと思う。Pentium2でWindows98。VAIOというのはVideo Audio Integrated Operationの略で映像や音楽を扱うためのパソコンだった。

VAIO PCV-S510

当時のパソコンは白が当たり前で紫なんてのはアバンギャルド以外の何者でもなかった。見た目も中身も他社のパソコンとは 一線を画すものだった。

その後S社のV部門のソフトウェア部隊に入ったあとも皮だけのこして電源やマザーボードなど中身を全部入れ替えて使っていた。今思えばVAIOがなければS社に入っていなかっただろう。

その後Laptopでいいやん派になってしまったので、VAIOのデスクトップを買ったのはPCV-S510が最初で最後だった。会社では入社したあと開発マシンに何故かVAIO MX(MDが付いているやつ)を渡されたが生産性が落ちるとか言ってDELLのデスクトップを買ってもらった。それからLaptopで最強と呼んでいたのがVAIO Z「何も諦めなかったモバイル」だった。今のRetina MacBook Proくらい最強だった。それからもVATIO Type TとかType Xとか小さくて使いやすいLaptopをいくつも買った。最軽量、最薄、最大時間などはソニーの得意なところだった。いまじゃAppleに完全に株を奪われてしまったが。正直なところソフトウェアエンジニア目線で言うとWindows8の依存する部分もあるが今のVAIOはあまり欲しいと思えない。

個人的にはPC事業が売却されたのは単に儲からないからだと思う。ソニーらしいで製品が続くならAIBOは今も品種改良されている。

PC事業部が売却されただけでVAIOがなくなるわけではない。しかし僕はVAIOはもう買わないだろうと思う。1つの時代が終わったと感じるから。それでも僕の今があるのはVAIOのおかげである。

ありがとうVAIO。

VAIO Careの不思議

VAIO Careがピコピコしてたので実行してみた。

「ディスクのデフラグが必要です。ここをクリックして問題を解決する。」

( ・∀・)つポチッとな

「SSDでデフラグしても効果ないよ」

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

Evernote for VAIO – for VAIOできない

なんかたまにVAIO Zでレジューム復帰するときにEvernoteが暴走することがある。マルチコアなので全体のCPU使用率は25%にしかならないがコアひとつ100%になってる。他のWindowsマシンでは起きてないからfor VAIOを疑っている。

というかEvernote for VAIOって何さ。と思って調べてみる。
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/solution/evernote/
Evernote for VAIO

VAIOならではの連携機能も充実。《MOTION EYE》で撮影した画像を手軽に記録できます。たとえば、名刺の整理などに便利です。また、VAIOに保存した写真を、「PMB VAIO Edition」からカンタンに取りこめます。さらに、「Quick Web Access」のブラウザーでの閲覧が可能。ウェブクリッパーを使えば、Webページ全体もワンクリックで保存できます。

うーむ。

  • MOTION EVE?オーダーメイドでカメラつけてないぞ。
  • PMB VAIO Edition? iPhotoで管理してるぞ。
  • Quick Web Access? IEつかってないぞ。

結論。for VAIOいらん。

カメラアクセスとかで暴走しているとかって恐れは果たしてあるのだろうか。しかし、Evernoteの自動更新が普通にできていたことでうすうす感じていたもののアンインストールして、Evernote本家から無印のEvernoteをダウンロードしてインストールしてもやっぱりEvernote for VAIOになる。VAIOには懐かしのソニーチェックが未だに内蔵されているのか。

とりあえず暴走については、一回Evernoteのウインドウを非アクティブ<->アクティブを切り替えしなおすと回避できる。

帰ってきた何もあきらめなかったモバイル

先週の10/09に発売された新しいVAIO Zシリーズを購入。
http://www.jp.sonystyle.com/Special/Computer/Vaio/Z/index.html

過去発売されたVAIOの中で一番いいのはバイオノート Zだと思っているのでその後継になるこれを今度は買おうと思っていた。

ここまでWinodwsマシンを使った作業を外でやる場合には、VAIO Xをリモートクライアントにして家のマシンにアクセスするという方法を取っていたのだけどこれには
・ディスプレイが狭い
・ネットワーク回線が遅いと作業にならない
・リモートとはいえVAIO Xはそこそこ遅い
という不満があった。

これらは分かっていたことだったので耐えがたい問題ではなかったのだけど、ここにきて
・モバイル端末を接続する検証ができない(monodoroidの検証とか)
という重大な問題に遭遇。

やっぱりリモートじゃないモバイルノート(Windows)買う必要あるわ。と思いこの秋モデルのVAIO Zを購入。これにより2年間つかったDellのXPSはお役御免でこいつに使ったSSDを流用することにしてVAIO Zに関してはCPUとメモリ以外はしょぼしょぼスペックにして、なんかしらなけいど持っていた10%オフクーポンをつけて、さらにソニーカード3%オフで決済して18マソで購入。

来るなりリカバリーディスクを作成してSSDに換装。

DSC00327

DSC00328

なんでか文字が上下逆になってしまうIntel SSDだけどさすがにCORE i7 + SSDはチョッ早である。

唯一後悔しているのはプレミアムカーボンにすればよかったという一点である。今回選んだのはシルバーだったのだが、これには昔のVAIO Zの面影を求めたことと、Mac Book Proとのシルバーツートップにするということがあって間違った判断ではなかったと思っているのだけど、まさかこんなに安っぽいとは思わなかった。サイトの写真をみるのと実物は違うというか・・・・

使ってるときは快適なのにいざディスプレイを閉じると、ふつーのノートPCに成り下がってしまう。Mac Book Proは一枚板でこだわりも存在感もあるだけに余計しょぼさを感じてしまう。同じシルバーでも昔のVAIO Zには存在感があった。

VAIO Z

中身はいいんだけど外見に関して今のVAIO Zには持っている優越感を全く感じない。こんなことならプレミアムカーボンにしておけばよかったと思う今日この頃。でも昔のVAIO Zを見る限りシルバーでも存在感は出せるはずだと思う、そう考えてMac Book PROと見比べるとやっぱり、いろいろ諦めてるやろ!どうしてこうなった、慢心・環境の違いと口に出さざるを得ないのである。

なんとかステッカーでカッコよくできないか思案中。

VAIO XとSバッテリーで一日セミナーを乗り越えられるか

Tech Daysは会社からお金がでているので全部のセッションをちゃんと参加しようと思い、サブテーマとしてVAIO Xとバッテリー(Sバッテリー)はメモ用途として一日持つのかという検証を行った。

結論からいうとちゃんと一日いけた。VAIO Type Tの後釜としては申し分ない働きをしてくれた。

使用方法としては
1) すべてのセッションで開始から終了まで起動しっぱなし
2) セッション中はPCでメモを書き続ける
3) 休憩時間はスリープにする

つかったPCはVAIO X VPCX11ALJ(最初にでたVAIO X)
オーダメイドで構成は、Windows 7 Professional (x86)、Atom Z550(2GHz)、メモリ 2GB, SSD 128GB、バッテリーは標準(S)バッテリー

PCの設定

  1. VAIOの省エネバッテリーモード
  2. ディスプレイの輝度は最低
  3. 無線はOSからではなくハードウェアからスイッチをオフ
  4. 音声はオフ(Mute)

アプリは予定表PDFを表示したAdobe ReaderとEvernote for Windows 3.5が常時起動。落とせる常駐アプリは基本的に終了、ただしVAIO UpdateとアンチウイルスソフトであるESET Smart Utilityは起動したまま(特に理由なし、落とすのが面倒だったので)、たまに無線をつないでメールやtwitterを確認したりもした。

さて起動時間はセッションの合計時間なので110 + 70*4 = 390 min = 6時間半。最後のセッション終了時であとバッテリー残量10%だったから実働7時間くらいはいけたと思う。

VAIOの商品ページではSバッテリーは

リチャージャブルバッテリーパック(S):約4時間~約5時間

となっているんだけど、メモに専念させてやれば7時間はイケる。つまり一日セッションはなんとか耐えられるという結果に。

やっぱりLバッテリーやXバッテリーは日常的に必要だと思う人以外はいらなさそうな気がする。最初Xバッテリーすげーって思ったけど、実際そんな長時間コンセントがないシチュエーションはまれ、SもLも対して変わらんとりあえず1日セミナーで持てばいいし、持たなかったらその時はその時と思って買わない判断したけど正しかった。

Type Xを設定完了と使い勝手

マシンのセットアップしているうちになぜか部屋の掃除にシフトしてしまったけどだいたい、マシンのセットアップは終了。

そんなにアプリはたくさん入ってないがいらないやつをアンインストールしまくり。

  • So-net紹介
  • McAfee-Antivirus
  • ノートンオンラインバックアップの使用開始
  • フォトガジェット
  • 楽天商品検索
  • ドコモPCアプリ
  • ホットスポットキャンペーンツール
  • ホットスポットユーティリティツール
  • ホットスポット自動設定ツール

で、視覚効果の設定、パフォーマンスを優先したいがメイリオははずしたくないので

  1. [スタート] -> [コンピュータ]の右クリック、[プロパティ]
  2. [システムの詳細設定] -> [詳細設定]タブ -> パフォーマンスの[設定]
  3. [視覚効果]タブで[カスタム]を選択、[スクリーンフォントの縁を滑らかにする]のみチェック

視覚スタイルとかをOFFにするとテーマがWindowsクラシックが適応されてフォントがMSUIゴシックになるので、

  1. [コントロールパネル] -> [テーマの変更] (デスクトップのカスタマイズの下)
  2. [ウインドウの色]
  3. 指定する部分(I)を順番に変えながらフォントをメイリオに変更していく

これで、クラシックなテーマでアンチエイリアスが効いたメイリオで動かせる。

(ただこれでどれくらい速くなるのかはよくわからない)

肝心の使い勝手。予想していた通り悪くない(当方、 Z550 + SSD128GB)。あくまで3年前のType Tと比べての体感なので、確かにデスクトップとかと比べるともたつくところもあるし、まだCPUやグラフィックを駆使するツールは使っていないけど、インストールやブラウザ、エクスプローラーはストレスなく動いているのでモバイルノートとしては問題なく使える感じ。Windows7も速いのだろうがやはり昔のノートと比べればSSDが大きいのだろう。

インタフェースはどうかというと、まずキーボードの幅はType Tとそう変わらない。

Type T

Type X

各キーの隙間がType Xでは大きくなっているのでまったく同じ使い勝手とは言い難いけれどそれほど問題なく使える。(Type Tに慣れている個人の意見です・・・)

現在キーボードより問題になっているのはタッチパッド。

Type Tと比べると微妙に位置、大きさ、ボタンの大きさ(!)が違う。ただ慣れていないだけなのかもしれないけど使いづらい。右クリックと左クリックを間違えることもある。

しかし、この薄さと軽さを持ち歩くのにマウスを持ったら負けだと思ってる。 MacBookを使うときもマウスを使わない(持ち歩かない)のでなおさらである。慣れもあると思うのでしばらくこのタッチパッドとつきあっていこうと思う。

バッテリーの位置がタッチパッドの下にあることもあり、いろいろ検討の結果こうなっているのだと思うし、ノートでもWindowsではマウスに頼った操作は多いと思う(ようはタッチパッドがしょぼい)。つまりはまだまだユーザのシナリオとしてWindowsノートとマウスはセットで持ち出すことが想定されている気がする。せっかく薄くて軽いのにかさばるマウスを持ち歩かないといけないのは片手落ちだと思う。

マルチタッチなり、タッチパネルなり、バーチャルキーボードなり、マウスレスなノートというのを今後は期待したいところだ。

Type Xのおもてなし

来ましたType X!!!

中身が薄くて軽いと箱まで軽いっす。なんか箱だけだとキーボード買ったみたい。

中身はVAIO X△である。やっぱりバイオノート505エクストリームを思い出すなぁ。

あ、そういえばWindows 7だった。

これから軽くする設定を探さねば。

とりあえずリカバリディスクを作成。

ウィーアー(エックス!)
ウィーアー(エックス!)
ウィーアー(エックス!)
ウィーアーエーックス!!

VAIO TYPE X購入

なんかXっていうと全チャンネル録画できるやつがあったような気がするけどまぁいいや。

Type Pの購入を耐えたけど、その反動もあってType Xはすんなり購入してしまった。朝11時頃メールがきてなかなかつながらなくて30分くらいかかったけど無事注文、24日にお届け予定。

スペックは
・Windows(R) 7 Professional
・カーボンカラー
・Atom Z550(2 GHz)
・SSD 約128GB(128GB×1)
・Lバッテリー
OSやCPUは大した差額じゃないのでイケイケでハードディスクはSSD64GBのパフォーマンスが懸念されているので128GBで、バッテリーはXにも惹かれたけど冷静に考えてみて20時間もACアダプター無しな状況はそうそうありえることではないし、セミナーならLでも乗り切れると判断してLのみ。

WiMAXも悩んだけど、MacBookとの共用を考えると内蔵よりUSBのが良いかということで断念。

カラバリが少ないのが一番の不満。普通に考えたらカーボンなんだけど、ゴールドも少し迷った。全然ゴールドが好きなわけじゃないけど、なんとなくアルミニウムなMacBook Proと並べたときにいいかなーと。でもやっぱりカーボンにした。本当は白かシルバーがよかったので今後このカラバリが来たらちょっと泣ける。(まぁ薄さを強調する上で黒は悪くないけどそこまで計算しているとは思えないが)
そもそもVAIO Xいるの?ってのもあるけどこれは3年前に買ったType Tの買い換え。Type Tも買ったときはメインマシンのつもりだったけど役割が3年の間に変わっていまじゃ単なるモバイル
マシン、リモートアクセス用になっているのでType Xで十分事足りる。(はず)
MacBookで全部乗り切りたいところだけどまず1日セミナーをこいつじゃ乗り切れない。Windowsの作業はRemote Desktop for MacやParallesでがんばってるけどやっぱり動作が重くてストレスになるので10万くらいで薄いノート買えるなら、買うよね~。

CPUスペック的にはそれほど変わらないか、劣っているかもしれないけど、Type Tが遅いのは最大1.5GBメモリ+1.8HDDのせいだと予想していたので2GBメモリ+SSDで体感的にはサクサク動いてくれるんじゃないかと楽観的に見ている。

ちなみにType T + Vistaは重くて全く使い物にならなかった。Type X + Win7はどうかな。

Type TX用に60GBのHDDを2個購入

ようやくXPのOSの再セットアップが終わりました。

最近は自作プログラムはVAIO Type Tでがりがり書いているのですが、HDDが心配になってきました。空き容量がどうこうではなく寿命の心配。

ソニーの僕がいた部署では会議や自宅作業のために生活PCという名でノートPCが支給され、好きなモデルを選べました。開発用途ではないので今で言うとType Tのような小型のモデルを選ぶ人がほとんどです。

そんな中、生活PCですら開発に使うと心に誓っていた僕はVAIO Zを選択しました。実際、二つのバージョンを平行開発しないといけないときがあり、ノートPCとデスクトップPCで環境を分けて開発していたりもしました。(これを良いわけにZにメモリ増強しまくったりもした)
生活PC用途としてメールやスケジュール。資料作成もこのVAIO Zを使っており、誰よりもノートPCを酷使した結果、3年間の使用で3,4回HDDを飛ばしました。HDDが一年持ったか持たないかで飛んでいた記憶があります。

データが救えなかった苦い思い出が糧となって、日々のバックアップのスクリプト化&スケジュール化をするようになった自分もいるのですが、壊れる以前に、HDDは一年で代えようと思っていました。

ところがぼーとしている内にえらいことになっていました

  • 換装候補として考えていたMK1011GAH、MK8009GAHはソケットが違うため使えないことが判明
  • 接続できるMK8007GAH、MK6006GAHは現在ほとんど生産されておらず値段が急騰中

もともと自分の使っているType TXは内蔵HDDが2.5インチではなく1.8インチなので選択肢があまりありません。(最近のオーダーメイドでは1.8か2.5か選べるようですが) MK1011GAHは100GBで2万円くらいなのに対して生産中止状態の80GBのMK8007GAHは3万円にまで急騰していました。

生産中止とか言われるとスペアでもう一個くらい買っておきたいところなのに、HDDだけで6万円の出費なんてありえない。。。そんなわけで60GBのMK6006GAHを2台買いました。こっちは1台13,000円程度でした。

実際のところ開発用途だからそんなにHDDの容量は使っていませんでした。XP/Vistaを両方インストールしていたので圧迫していたのですが、Vistaは重くて使い物にならず今年に入ってから一度も起動してません。XP:30GB/Vista:50GBでパーティション分けていたので(当時はVistaをメインにするつもりだった)XPだけで60GBなら余裕だと思っています。

これでVistaのライセンスが一個余るんでどうしようかなぁと考えてる次第。

Type Fのハードディスクが飛んだ模様。。。

家で使っているType Fのハードディスクが飛んだ模様。なんか調子が悪かったので再起動したところまともに起動しなくなりました。ハードディスクアクセスランプが常につきっぱなしで、いやな空回り的な音がなっています。

今月、リカバリしたばかりでバックアップもとってあったし、リカバリ後はほとんどWebしか見てなかったので幸い精神的ダメージはほぼ皆無。

買って二年くらいになるのでしょうがないと思いつつ分解。今ついてるのは
MK8025GAS(80GB)
http://www3.toshiba.co.jp/storage/japanese/spec/hdd/mk8025sj.htm
だったので、代わりに買うのも東芝のHDDにします。この系統だと
MK1233GAS(120GB)
http://www3.toshiba.co.jp/storage/japanese/spec/hdd/mk1233j.htm
MK1031GAS(100GB)
http://www3.toshiba.co.jp/storage/japanese/spec/hdd/mk1031sj.htm
もあります。

MK1233GAS(120GB)はまだ3万くらいするので、8000円程度のMK1031GAS(100GB)にします。

以下で売っていました。

http://www.geno-web.jp/
ソニー在職中に使っていたVAIO Zは3,4回ハードディスクを飛ばした経験があって平均一年も持っていなかった気がします。今使っている開発用のType Tについては故障する前に、一年ごとにHDDを交換しようと思います。