スタイルフィットに再チャレンジ

読んでいた手帳の使い方本でスタイルフィットが紹介されていたので久しぶりに試してみることにした。

以前で言うとスタイルフィットのリフィルをコレトで使うということを試したことがあった。コレトのリフィルが0.3mmに対して、スタイルフィットは0.28mだったのでより細い文字が書けると思ったのが理由だった。ただ元々ハイテックCボールペンが好きだったこともあって、結局スタイルフィットのリフィルを使うのは挫折してしまった。

あれから時間がたったし、スタイルフィット マイスターという少し高いホルダーの存在を知ったので今度はホルダーごと評価してみようと思い再チャレンジに至る。

多色ボールペンのホルダーは安いものは150円くらいから買えるが、断然1,000円クラスの方が書きやすい。これまでコレトで愛用しているのはルミオ1000

今回はスタイルフィット マイスター 3色ホルダー(回転式)を買ってみた。5色のもあったけどそんなに要らないし太かったので3色にした。リフィルの色は黒、ライトブルー、ピンクを選択。

Style Fit, Coleto

上がスタイルフィット マイスター、下がハイテックCコレト ルミオになる。1,000円クラスのものは色によって高級感が左右されるのでメインはシルバーやゴールドを選ぶようにしている。

回転式のデメリットとして常にペン先が出た状態が刺さりそうで怖いところがある。とりあえず見た目はルミオよりもマイスターの方が格好いい、あとは回転式と書き心地に慣れるかだ。ただでさえ手がハイテックCボールペンに最適化されているはずなので暫く使ってみて評価を下そうと思う。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。