美容室

髪を切った。バッサリと。

伸ばしたり短くしたり、特に理由もなく髪型をよく変えてみたりする。たぶん、何かを変えてみるのが好きだからだと思うんだけど、その一方で同じ美容室に行き続けていることに矛盾を感じた。

そして、いろいろ考えていろいろ面倒。

探すの面倒

新しい美容室に行くのは面倒くさい。知らない美容師さんとまた信頼関係を築いていくのがしんどい。最近、近所にも美容室が増えているようで調べてみたけどどうやら1-3人くらいのスタイリストでアットホームな感じでやっているところが多そうだった。逆に店員さんが少ないと一見さんにはハードルが高い。

行くの面倒

美容室変えようかと考え始めたのは行くのが面倒になったからだった。同じところに行くというと最初に住んだ近くのところになってしまって、引っ越した今の家からは少し離れている。といっても電車だけなら15分程度なのだが、渋谷駅の東横線が遥か彼方に追いやられたので乗り換えがすごく面倒くさくなった。

仕方なく副都心線を使っているが電車に乗る時間は15分くらいなのに結局乗り換えやその前後の移動で片道45分くらいかかってやっぱり面倒くさい。

自転車通勤なので電車の時間計算すること自体が面倒。徒歩や自転車で行けるのと電車使っていくのは大分違う。

週末の予定にするの面倒

さらに髪切るのが週末の1イベントになっていて面倒くさい。単純に時間が拘束されるのがしんどい。

なので10時から髪切って出社とか、早朝出社して夕方髪切って帰るとか、1時間ちょっと抜けて髪切るとか平日イベントにしてやろうかと思い始めた。多分週末よりは空いている気がする。

今回はバッサリ切るつもりだったので止めたけど、長さ揃えるとか髪型をあまり変えない時に近所の美容室にチャレンジしたいと思っている。

面倒くさがることが新しいプロセスを産む。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。