Photoshop Creative Cloud解約

Fireworksの開発が終了してしまったので、これを機にPhotoShopに切り替えてみようとCreative Cloud単体サブスクリプション – Photoshopを契約していたが全く使いこなせない(使わない)日々が続き、使わないまま月額課金されているので、もう可能な限りFireworksを使ってやると腹をくくり、解約した。

しかし、Creative Cloud単体サブスクリプションの解約手続きがすごく面倒で、ここに書いてあるとおりの状態が1年たっても変わっていなかった。

Adobe Creative Cloudは解約が大変らしい
http://blog.keiji.io/2013/02/adobe-creative-cloud_8.html

今回の解約の流れ

  1. メンバーページから解約をたどる
  2. チャットの問い合わせ案内が表示される
  3. サポートの人とチャットするとチャットじゃ解約できないので電話すると言われる
  4. Adobeからの電話を待ち、電話で解約

チャットと電話を平日日中にやらないといけないのが面倒だった、窓口が土日対応していない。こっちは個人で買っていたのに、土曜日くらいやってくれよと。

まずチャットで1時間も待たされたけど、結局電話になるなら最初から電話の窓口用意しておけばいいのに。しかも電話で細かい確認されるかと思ったけど名前しか確認されなかった。なんで電話の応対が必要なのか理解できず、ワークフローが確立されていないのか単に引き伸ばしているかに思えた。とにかく契約はオンラインでできるのに解約が電話でしかできないっておかしい。

ちなみに今キャンペーンやってて980円になっているのでそれも勧められた。というか自動でその値段適応するとかしてくれないのかぃ。でも詳しく聞いたらそのキャンペーンも1年限定で以降はもとの値段に戻るというのだったのでまったく惹かれなかった。

Fireworks辞めるなとはもう言わないけど、AdobeはFireworksユーザ向けに乗り換えキャンペーンで3ヶ月無料にしてみるとか、乗り換え用のガイドやチュートリアルを用意するなどして引きこむ努力をした方がお互い幸せになれるんじゃないかと思う(どこかにあるのかもしれないがCS6ユーザなのにそんなメール来た記憶ない)。このままだと他に良いツールがあったらAdobe以外のものに流れてしまうよ。

っていうことを電話で言っておけばよかったー。orz

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。