Pebbleアプリ開発のためHomebrewのPython環境整理

Pebbleは自分でWatchアプリを開発することができる。PebbleのSDKかツールがPythonに依存しているようだ。OS Xの場合Install Pebble SDK on Mac OS Xにセットアップガイドがある。

ガイド通りに順調に進めていって sudo easy_install pip あたりで「ん?」と思ったのだが手順ではシステムのPythonを使うようである。OS Xには標準でPythonやRubyがなどのプログラミング言語がインストールされている。

しかし自分の環境ではPythonをはHomebrewから入れていてしかも、何か環境がおかしかったのを放置していたので整理。

結論からいうと環境がおかしかったのは一部のファイルのパーミッションがおかしいという pip fails to upgrade distribute and pip にある問題だったので

cd /usr/local/Cellar/python/2.7.5/bin
chmod u+w easy_install* pip*

で解決した。

HomebrewにおけるPythonの注意事項は Homebrew and Python にまとまっている。Homebrewの場合Python formulaがpipを入れてくれるので手順の sudo easy_install pip は不要である。というかsudoで何かやるとファイルの所有者がおかしくなるおそれがあるので注意が必要。

またHomebrewでは pip install --user が無効にされている。Homebrew自体がユーザ権限で使えるので--userオプションは不要と判断して、依存モジュールのインストールは

pip install -r Pebble/sdk/requirements.txt

で行った。

まとめるとHomebrewの場合、「Download and install SDK dependencies」の件は

brew install python
brew install freetype
cd ~/pebble-dev/PebbleSDK-1.12/
pip install -r Pebble/sdk/requirements.txt

で良いのではなかろうか。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。