Kindleオーナーライブラリちょっと後悔

Kindleオーナー ライブラリーのためにKindle Paperwhiteを買った わけなのだが少し調子に乗ってしまったかもしれないとちょっと後悔している。

まずKindle Paperwhite自体の感想として小さくて片手でもらくらく持て字も読みやすく外観には好感を持った。これならiPad miniと両方持ち相手もいいとさえ感じた。しかしながら普段からiPad miniでKindleアプリを使っていることもあってページ送りなどの動作のもたつきが気になってしまった。これだとiPad miniを使ってしまい、デュアルディスプレイ的な使い方でしかKindleを利用してあげられない。

そしてKindleオーナー ライブラリーなのだがこれKindle本全ての中から選べるのではなくてその中からKindleオーナー ライブラリー用のものからしか選べない。書籍にかぎらずにAmazonのサイトでは商品にプライムマークが付いていることがあるが、あれと同じでプライムマークがついていないとKindleオーナー ライブラリーで読めないのだ。

ためしにIT技術書を検索してみたが版権の問題と絡んでいるのかプライムマークが付いているのは洋書であったり、個人出版のような書籍が多かったりする。ただでさえKindle対応されている書籍が少ないなかで、Kindleオーナー ライブラリー対応が絞り込まれているとすると選ぶのもままならない。

だんだん頑張ってKindleオーナー ライブラリーで読む本探すくらいならKindle対応にかぎらず本当に読みたい本を買って読んだ方がいいじゃないかという気がしてきて俺は何のためにKindle Paperwhite買ったのか・・・と遠い目をしている。

すでにKindleを持っているがプライム会員じゃない人は1ヶ月お試しできるそうなので僕のように先走らずに試して見ることができる。また一部ではあるがKindleオーナー ライブラリー対象本はここにある。この中で読みたい本があるなら満足できる可能性がある。

とは言え、始まったばかりなのでこれからKindle本およびKindleオーナー ライブラリー対応本も増えていくと思う。(願望)

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。