Adobe Creative Suite 6へCS4からアップグレードするべきか

Adobe Creative Suite(CS)6を買うのか帰路に立たされている。

今はCS4 Web Standardを持っている。しかし今はFireworksしか使っていない。もともとはMacromedia時代からDreamweaver/Fireworksを愛用していたがhtmlなどのコーディングはEclipseで十分と気がついてからFireworksしか使わなくなった。

CSではWeb Standardはなくなってしまい、Web Premiumなど上位のエディションだけになってしまった。使いそうにもないPhotoshopやIllustratorなど高いソフトがついてくる高いエディションを選択せざるを得なくなる。

じゃぁ単体製品に切り替えればよいのだけれど、悩みの要素が4つある。

コストパフォーマンス

まず一つはコストパフォーマンス

Q. Creative Suite 4 Web Premium を所有していますが、Flash のみ CS5.5 もしくは CS5 へアップグレードしたいので、Creative Suite 4 Web Premium を元製品として、Flash CS5.5 / 5 Professional へアップグレードすることはできますか?
A. できません。Flash CS5.5 / 5 Professional 通常版をご購入ください。

ということでCSから単体に切り替え的なアップグレードはなく、単体製品を新規に買わないといけない。Fireworks CS5は単体で買うと38,000もする。CS4 Web StandardからCS5.5 Web Premiumのアップグレードは94,000らしいのだが3/31までキャッシュバックキャンペーンがあって2万ほど帰ってきそうなので74,000ということになる。

CS5.5 Web Premiumは以下のソフトウェアがついてくるので、Fireworks CS5が38,000ということを考えると36,000でFirewoks以外のソフトウェアがついてくるわけなのでお得感が違いすぎる。

Photoshop Extended
Illustrator
Acrobat Pro
Flash Catalyst
Flash Professional
Flash Builder
Dreamweaver
Fireworks
Contribute

Flash Builderをどうするか

悩みの要素の2つ目はFlash Builderの存在。

Flash/AIRアプリも書くのでFlex Builder 4 Stdを所有している。最新のFlash BuilderではiOS/Androidアプリもつくれるのでちょっと試したいと思っていたところ。アップデートするには7,500円ほどするらしい。しかしWeb PremiumについてくるFlash BuilderはいろんなツールがついたPremium Editionでこっちにアップデートするには61,000円もする。

単体でFireworks/Flash Builderの最新版を揃えようとすると 38,000 + 61,000 = 99,000円なのである。キャッシュバックキャンペーンがなくてもこっちのが高い。もし本当にFlash Bulder Premiumが必要ならCS Web Premiumを買うのがよいということになる。

アップグレードポリシー

3つ目がCSのアップグレードポリシーの存在。

非難轟々の新しいCSアップグレードポリシー。問題とされているのは1世代前のCSからしかアップグレードできないというルール。つまりCS6が出てもCS4からはアップグレードできない。(あまりにも非難がひどかったのか2012年内いっぱいはCS4からもアップグレードできることになった)
http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/index.html

元々は新しいバージョンが本当に必要になるまでCS4で良いと思っていたし、実際に今までそういう戦法をとっていた。必要最低限の出費をするならFlash Bulder Stdのアップグレードで7,500円でよいはずで、Fireworksの最新版が必要になるならその時CSのアップグレードを考えればいいと思っていたのである。しかしアップグレードポリシーの変更によって今後CSを使い続けるのであれば2012年内にCS4->CS6にアップグレードするか、とりあえずCS5.5にあげてCS6にはCS7が出る直前まで粘るかである(1世代前の製品をぎりぎりで確保する戦法)。

円高と英語版

最後にくるのが英語版の存在。

最近AdobeのソフトはAdobe Storeでダウンロード版を購入しているのだけど、Adobe Storeのサイトを見ているうちに英語版のページに飛ばされて普通に買えそうな勢いだった。驚いたのは英語版がものすごく安いのである。

実際に買おうとしたら「The account was registered for JP. Please sign in using an existing account for this country, or create a new account.」と言われて買えなかった・・・

Fireworks CS5日本語は単品で38,000円だが、英語版は$299で現在の為替($1=78円)で約23,000円である。いやいやいや・・・。CS4 Web StandardからCS5.5 Web Premiumへのアップグレードは日本語は94,000円、英語版なら$649で約51,000円である。もういろいろおかしい。$1=100円のレートでも英語版の方が安いので、円高に関係なくあきらかに日本語版が高すぎるということがわかる。どんだけローカライズ料とってんねん。

ただ残念ながら言語をまたいだアップグレードは認められないそうなので、英語版を買うという戦略は新規に購入する場合に限られる。CS 5.5 Web Premiumの英語版は$1,799で約140,000円なのでさすがに日本語版より安いといっても簡単に手が出せる金額ではない。Fireworks/Flash Builderを単品にする場合に限られそうだ。

しかしアップグレード料も安いことを踏まえると長い目でみれば英語版を使い続けた法がいいんじゃないかという気がしてくる。Visual StudioもExpression BlendもXcodeも英語版を使っているし別にFireworksやFlash Builderが英語版でも問題ないだろうと思っている。

まとめ

ということで今手元にあるカードは

・なにもしない
・Flash Builder Premiumの体験版を使う
・Flash Builder Stdだけアップグレードする(7,500円)
・CS 5.5 Web Premiumのキャッシュバックキャンペーンでアップグレード(94,000円-20,000円)してCS6はCS7が出る直前まで先送り
・CS6 Web Premiumが出たらアップグレードする
・Fireworks CS5日本語版を購入する(38,000円)またはCS6
Fireworks CS5英語版を購入する($299)またはCS6
Flash Builder Premium英語版($699)を購入する

冷静になってみるとFireworksの最新版は興味はあるが今持っているバージョンで作業に支障をきたすということはない。たまにあるのはPhotoshopやIllastratorのファイルの変換に困るということだがこれはFireworksで解決というより、それぞれのソフトウェアが欲しいという感じだ。CSに関してはFirewoksやFlash Builder Preiminumの情報を調べた法がよいではないかと思ってくる。

思い切りの良さを見せるならやはり英語版の単品に切り替えるという戦略か。長い目でみればこっちのほうがお得かもしれないし、最初の切り替えでは新規購入になるので手持ちの製品のアップグレード期間に影響されることもない。

とりあえず様子見ならFlash Builderの体験版を使ってみることだろうか。最近は本気でJava/C++/Objective-Cでやった方が最終的には効率が良いのではと思ってきているのでさほどFlash Builderの最新版が必要かと言われるとそうでもない。勉強のために使ってみたいという感じだもの。

1世代前のCSをギリギリまでもって更新するというのはかなり消極的に思えてきたのでキャッシュバックキャンペーンでCS5.5にするのは今のところなしだ。発売直前で購入したら無料でCS6になるというのなら話は別だが、その場合もCS4->CS6にする場合とそれほど値段は変わらないだろうから急ぎでなければCS6を待てば良い。

やっぱりFlash Builderは体験版で済ませてCS6が出て値段が出揃ってからもう一度考えよう。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。