Movable Typeで簡単に写真付きブログを書くには?

Movable Typeで写真付きブログを書くのはかなり面倒くさい。まず画像のアップロードが面倒くさい。

今までも画像をブログで表示してたけどほとんどMTの機能を使っていない。最近はFTPで画像をアップして素のhtmlを書いていた。

でも別に写真のアップロードを楽にしたいわけじゃない。携帯から投稿するような軽い記事の場合、タイトルの写真と数行のテキストでいい。TIFF情報から日付も判定してくれたりするともっといいんだけど、本当に入力はそれだけでいい。で、これは携帯じゃなくてもこれくらい軽い情報で書きたい。twitterの文字数制限はSMSベースだけどPCで投稿する人はたくさんいる。

先日Flickrアカウントが復活できたので昔やっていたFlickrで画像をあげてBLOG THISも復活してみる。xmlrpcを使ったツールを作ればFlickrじゃなくてもできるけどつくるのも面倒。もうとにかくいろいろ面倒。

先日読んだヒューメイン・インタフェースを思い出すといろいろ問題点が見えてくる。例えばうちのMTは複数ブログつくったりしたせいかMTログイン後にシステムメニューが表示される。なのでいつもブログを選択してから記事を投稿しないといけない。面倒だ。熟練者に優しくない。そして問題なのはこれを直したいのだがどうすればいいかわからない。つまりこの設定が可視化されていない。(ちなみにヒューメイン・インタフェースではドキュメントに載っているというのは非可視とされている)
おそらくトリガーは複数ブログを作ったことだと思うので、さらに言うと複数ブログがある状態がモード化されているということ。モードレスを唱えるヒューメイン・インタフェースからするとこれも優しくない。

でブログを見ていて誤字・脱字に気がついた場合にその記事の編集画面に行くのが遠い。ベースが静的ページで、管理者のセッションがわからないわけだから難しいと思うんだけどJavascriptでなんとかプラグインでをつくれないものか。

MT5でもこのあたりが改善されたとは思えない。ブログを書く・修正するという基本的機能の改善こそ使いやすさにつながると思うのだけど・・・どうもCMS的な強化やWordPressっぽくなっただけで個人ブロガーにとってはMT5の恩恵はあまり受けられない気がする。

さていろいろ文句を言ってしまったけど、別にMTだけが特別劣っているという意味ではないし、sixapartやMT5を責める気は全くない。企業なんだから金にならない個人ブロガーよりも企業向けにCMSを強化するのは全然理解できる。

まーMovable Type Open Sourceがあるのだからガタガタ言ってないで自分でつくりゃいい話ってことだ。Ubiquityあたりで簡単にできるといいんだけど。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。