Symfony 1.2にアップデート

自宅サーバのWebアプリで使っているPHPのフレームワークであるsymfonyのバージョンを1.2にあげました。

kwLabsのSandbox
x-jukebox.com
walkmanlog.com
などに影響があります。

下記を参考にやりました。

http://www.symfony-project.org/installation/1_2/upgrade
symfonyというか、Propelの1.2->1.3の変更でそこそこ影響をうけました。symfonyのModelをちゃんと使っていればPropelの変更などには影響をうけないんですが、複雑なSQLをModelでがんばるのが面倒で、中途半端にPropelを直接使っていたのでいくつか変更が必要でした。

PropelのUpdateにはこちらが参考になります。

http://propel.phpdb.org/trac/wiki/Users/Documentation/1.3/Upgrading
symfonyの変更でいうと、
Modelの日付型の属性を取得するときにformat=nullで指定してUnixTimeStampを取得するような感じにしていたのだけど、symfony 1.2ではformat=nullで日付型の属性を取得するとDateTimeオブジェクトが返ってくるようでした。素直にformat=’U’でTimeStampをとるように変更。はまったのはそれくらい。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。