開発マシンが欲しいか、欲しくないか

VAIO Type TでWebアプリやWidgetを開発するのは特に問題はないのだけど、.NET(WPF)アプリを開発するのはちょっとしんどい。ちょっとしたビルドやデバッグに時間がかかってあきらかに生産性が落ちている。

それを痛感するときは開発マシンほしいなぁと思う。

Type Tに慣れすぎると、いまさらパワーのあるノートPCを持ち歩きたいとは思わない。だったらデスクトップPCを買ってType Tからリモートでつなぐほうが現実的だ。

一応家のブラビアはPCの表示はできるが解像度が1024×768とかなので結構しんどい。だから、デスクトップPCを買うなら液晶ディスプレイも必要になってきそうな感じになる。しかし、今更家に液晶ディスプレイなど置きたくない。部屋の景観が汚れる。

DELLのStudio Hybridがちょっと気になっていて、こいつはHDMIに対応しているらしいのでHDMI対応のテレビを買い換えるという別の話にリンクさせたくなる。

ただ冷静に考えてみると、たまに開発する.NETアプリのために
液晶テレビの買い換え + デスクトップPCの購入
というのはあきらかに費用対効果が悪い。

もっと他に活かせない無駄遣いになりそうだ。

結局、会社のマシンにリモートでつないで開発すればいいんじゃないかとか思う。

この思考サイクルを何度も繰り返しているような気がする。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。