サッカーキリンカップの日本代表メンバーをみて

キリンカップ結果は日本優勝だけど、親善試合の結果に一喜一憂してもしょうがない。内容を見てみよう。

コートジボアール戦のフォーメーションなら遠藤out、俊輔inかな。と単純な予想をしていたら、なんと逆に中盤より前の選手はその遠藤以外が入れ替わっていて驚いた。とはいえ、そのメンバーも基本オシムジャパンのレギュラー選手達なのでどっちメインなの?いまさらテストしてる場合じゃねーだろと思ったりもしたが試合終了時点のメンバーは玉田->高原、中澤->寺田以外は当初予想したメンツになっていたのでやはりコートジボアール戦のメンバーが中心メンツなような感じだ。

ここに稲本や中田浩が入るので、フォワード、ボランチあたりは調子の良い選手やバランスを考えて変えていきそうだ。あと微妙なのはサイドバックだけど阿部右サイドバックなんてみてると、中田浩 トゥーリオ 中澤 阿部の守備固め、博打的な安田 トゥーリオ 中澤 内田なんて極端な組泡見あるけどまぁここまでの代表戦を見る限り攻守考えて駒野、長友が無難かな。

海外経験者を重視するなら
    高原  大久保
 俊輔         松井
    稲本  長谷部
中田浩 トゥーリオ 中澤 駒野
      楢崎
だけど・・・海外組ベースにしてもキリンカップ見てる限り攻めの形すら見えないからなぁ・・・DFに関しては本職CBと楢崎がいるだけで妙な安心感があるのがある意味異常。バーレーン戦はオシムだったら負けなかったという人もいるだろうけど、そのたらればが許されるなら川口には悪いが監督以前に楢崎だったら負けてなかったと思うし。CBについてもまぁ中澤がいなくてもというテストがパラグアイ戦でできたのは収穫だと感じる。

DFがしっかりしていて強いボランチがいれば3次予選レベルではそうは点はとられないだろうから、あとはどう点を取るか。正直パスが全然回せなくなってたから先は長そうな気がする。日本の決定力不足ってのはシュートは打てるけど枠に飛ばないってイメージだったんだけど岡田ジャパンになってからまだまともに攻めの形が見えないし、イメージすらわかないのでもう個人で打開してもらうしかないかも。とりあえず3次予選はそれでもなんとかなるだろうと楽観している。

まぁぎりぎりだけど羽生、山岸どころか、遠藤、憲剛、山瀬、啓太がいないメンバーでもチームが構成できるというのが確認できたのは岡田監督しても良かったんじゃないかと思う。

中田じゃないけど、個人的にはやっぱり代表は個性のある選手を集めてチームを作って欲しいなと思うし、代表監督なんてのはいかにその時の世代のトッププレーヤーで良いチームを作るかが仕事だと思うんだけどな。そのあたりはオシムジャパンはちょっと微妙だったし、走るっていうのは共通してたけど中田とオシムは合わなかったかもね。いまさか妄想しても意味ないけど。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。