iPad mini Retinaに変えて困ったこと

iPad mini Retinaに買い換えていいことばかりだったんだけどちょっとケーブルで困ったことになっている。iPad mini Retinaだけの話じゃないがiPhone5s、多分iPad AirもそうだろうけどApple認証済みのLightning USBケーブルじゃないと充電ができなくなってしまっている。今まで使っていた巻取りケーブルが全部使えなくなった。(´・ω・`)

認証済み巻き取りケーブルを探してみた。

IMG_0096

結論からいうとSCOSCHEとPGAのどちらかを買えばいいんじゃないかと思う。

iBUFFALO USB2.0ケーブル(A to Lightning)巻き取りタイプ MFI認証モデル 0.6m ホワイト BSIPC07UL60WH

まずiBUFFALOのやつはデカイ上に0.6mと短い。しかも安くない。品質の問題もあるのかもしれないが大が小を兼ねないあたり使い勝手が悪すぎる。SCOSCHEとPGAは同じ大きさだけと数センチSCOSCHEのが長い。ただし今回買った時点ではPGAは500円安かったのでPGAが安ければこっちでいいのかも。

なおまだ全部ちゃんと使っていないので信頼性や耐久性については責任もてません。

iPad mini Retina届いた

iPad mini Retinaをオンラインで注文していたのが届いた。保護フィルムを買うのを忘れていた。大きさは前モデルと同じなので前モデル用のフィルムが流用できるようだ。とりあえず

を買った。

もともとは自炊した電子書籍の持ち出しに使っていた前モデルが16GBの容量で足りなくなったので今回のRetina版(32GB)を買ったという背景がある。

箱を開けて手にとったときは重く感じたし、大した感動もなかった。そもそも保護フィルムがくるまで箱からあけなかった。まぁ前モデルを持っているのだから急いで使う必要もない。

しかし電源を入れてみるとその表示の美しさに感激した。格段に文字が読みやすくなっていてRetinaをみたあとに前モデルを見ると表示がぼやけたように感じてしまう。

残念ながら自炊した電子書籍は画像のようなものでRetina用にチューニングしたものでもないから視認性の変化は微々たるものだった。ただメールやらウェブやらAmazon Kindle本などのフォントの表示ではその差が体感できる。

iPad mini Retinaの買い替え

iPad miniが出たのは去年。僕のように容量が足りなくなったとか特別な理由が無い限りは買う必要はない気がする。16GBでも41,900円なのでちょっと一年で理由なく買い換えるのは躊躇する。

プロセッサが向上したとかあるけど、参考までにiPhone5->iPhone5sに変えてみて具体的に何か体感できるものがあったかというと特に無い。前iPad miniで何か動作がもたついて困るということもなかったし普通に使う分には前モデルでも問題ないのではないかと思う。

電子書籍には最適

iPodは家にある全てのCDが持ち出せるという感動があった。今iPad miniによって家にある書籍を自炊して持ち出せるようになった。もちろんiPadでも他のAndroid Tabletでもできることだが、あの小さいサイズに全てが詰まっているというのが素晴らしい。

iBooksのストアは全く使っていないがAmazon Kindle本が読めるので電子書籍を扱うにしては最適なデバイスだと思う。

2年間使ったiPadの防水ケースが破れた

お風呂で使っているiPadの防水ケースの端部分に穴が空いた。

購入履歴を見ると2011/12に買っているので約2年使っていたことになる。我ながらよく保たせたと思う。

お風呂でガジェットを防水ケースに入れて使うのは初代PSPから続けているがこの手の防水ケースが脆いのはデフォルトである。すぐ壊れるとレビューでの評価が低いことも多いが、そもそも数千円の商品で毎日お湯でふやけさせて使うという耐久テストをメーカーが行えるとは思えない。残念ながら耐久性が低い消耗品として付き合っていく必要がある。

ジッパーを始めとするパーツの連結部分は特に注意が必要で、ジッパー付近の耐久度がどんどん下がり破れていくのは何度も経験した。今回はジッパーをちゃんと止めずに使い続けたのが功を奏したと思う。ジッパーをちゃんと閉めなくてもくるくる回してテープで止める方式になっているので湯船に落としてもすぐに拾い上げれば大事に至らない。別に大事に使っているわけではなく適当に使っていたのが幸いした。

ビニールケース端部分に穴が空いたが、ケース端もまぁ連結部分といえばそうだけどこの箇所から壊れるのはどうしようもない。1年持てばいいと思っていたので2年も持ったことには満足している。

ヘッドフォン端子は不要なので今回はさらにレビューの評価が低そうな以下の商品を注文してみた。iPad miniを買い換えると今使っているiPad miniをお風呂に回すというアイディアもあったがお風呂ではある程度離れてみることも多いので大画面のiPadを使い続けると判断。

さて1年間保たすことはできるだろうか。

iPad miniがブラックアウトした

iOS 7.0.3のせいなのか昨日、新しいRetina iPad miniを買うと公言したのがいいけなかったのか、iPad miniが突然ブラックアウトして操作ができなくなった。

PCからのiTunes経由では認識しているので動いてはいそうだが画面に何も映らないので電源を落とすこともできない。電源ボタンを押した後に「スライドして電源オフ」が表示されていると想像してその辺りをスライドしてみたが効果なし。

iOS:電源の入/切 (再起動) とリセット

デバイスが反応しない場合は、Apple ロゴが表示されるまで、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上押し続けて、デバイスをリセットします。デバイスが反応しなかったり、電源が入らなかったりする場合は、こちらの記事 を参照してください。
注意:デバイスのリセットは、あくまで最終手段としてのみ行ってください。デバイスのリセットは、再起動できないときだけ行ってください。

を見つけたので、iTunesでバックアップを取ってから電源ボタンとホームボタンをずっと長押してみたら再起動した。データも消えてなかった。

まだiOS7は不安定なのだろうか。

Retina iPad mini 32GBを買う準備はできている

Appleの新製品発表イベントで突如あらわれたiPad Air。もうAirだけでいいやんと思ったはほんの5-10分くらいだっただろうか。その後発表になったRetina iPad miniがiPad Airと同じA7だとわかった途端、iPad Airが自分の中で要らない子になった。

iPad Air と Retina iPad miniの違い

参考: http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/179/179577/

スペック面で見ればiPad AirとRetina iPad miniはまるで同じである。一番大きな違いは単に9.7インチか7.9インチか。

片手で持てるならAirでも良いのだが、iPad miniの方が1万円安いのと、多分今使っているiPad miniケースを買い替えなくてもいいという金銭的な理由もありiPad miniを選ぼうと思っている。

Airの他の優位点は先に発売されるということだ。Retina iPad miniを後から買う人は先にAirを買った人を見て悔しくないもんねと強がらないといけない期間が少し発生してしまう。まさかiPad miniが後から出るのは待ちきれずにAirを買わせる作戦なのか。

電子書籍のために32GB

どちらを買うかを決めたら次はキャリアのネットワークをつけるかどうかと色、容量の選択になる。

自転車通勤で普段WiFiが備わった環境に居続けられるのでWiFiで十分。色は好みでシルバーで良い。あとはどの容量サイズのモデルを選ぶかが検討事項だ。

今まではどうせ新しいのでたら買い換えてしまうということで最も容量の少ないサイズを選ぶことが多かった。それで問題もなかったのだが今使っているiPad miniは別だった。

自炊代行で本の電子書籍化をしまくってiPad miniに入れて持ち歩くということをやっていたら書籍だけで10GBをゆうに超えるようになった。一応BookScanのiPadチューニングしているのだがそれでも一冊数十MBはあるので何百冊とあるとGBの単位になってしまう。

あまり活用できていないけどサイズが大きなアプリ(GarageBandとか)を削除して何とかブックを転送するスペースを開けていたのだが最近のダブルパンチでもう諦めた。

1つはiOS7。iOS7へアップデートする時に3GBは空き容量を確保せよと言われてもう要らないアプリは消しまくった後だから本を消すしかない。もう1つは最近数百冊の自炊代行のスキャンが終わったのでそもそも16GBで足りなくなった。

キャパを超えたため転送する書籍を取捨選択してiPad miniに転送する羽目になったがこれがとても面倒である。音楽ならメタデータを活用することでアーティストなりで選んだり、お気に入りのプレイリスト単位で転送できるが自炊した書籍にはメタデータが全然入っていないし、リストを作ったりもできないようなので簡単にまとめて転送するのは難しい。

かくして今度は32GBを買おうと決めていた。だから今回、RetinaかAirかは別にして16GBで足りなくなっていたので新しいiPadを買うことはほぼ確定事項だった。

次に考えないといけないのは32GBで足りるかだが、本棚を自炊する作業がだいぶ落ち着いて、新しく本を買うのもせいぜい月に10冊程度だから今の使い方なら32GBを食いつぶすことはしばらくないだろう。

でも来年のエントリで64GB買った記事を買いてたら笑う。というわけで早くRetina iPad mini 32GBを注文したい。

iPad miniスリーブケースDURABLES SLEEVE for iPad miniを購入

DODOcaseのモレスキン風ケースを購入したのはこのエントリーに書いたんだけど、やっぱりケースに包み隠さず使いたいということでカバンに入れるときだけスリーブケースに入れることにしました。

同じくDODOcaseで購入しました。

偶然かな?NOがニコニコ(2525)だった。外観カッコいいっす。でも裁縫うまい人だったら自力で作れそうな感じもする。

あとは俺のモノと主張できるピンバッチをつけて完成といきたいところなんだけど、バッチがカバンの中で引っかかって取れそうだし、中に止めた針で本体を傷つけそうだしから難しいかな。そういえば昔ピンバッチ作ろうとしたような。

ギリギリ表面の衣だけに針をさして試してみるテスト。

色合いがバッチリと自画自賛。

210円の財布置きをiPad miniスタンドにする

Loftで売っている210円の財布置きかカバン立てかの店舗用の商品が無敵でいろんなもののスタンドとして使っている。

iPad miniでも横向きなら使えることが判明したので家で会社でと常に机の上で常駐できるようにして設置してます。

日経電子版などのアプリでニュース見たり、メールチェックしたりとサブディスプレイとしてかなり便利。

縦置きは後ろに倒れてダメでした・・・

iPad miniのDODOcase来たけど・・・

iPadをモレスキン風にするケース DODOcase を初代iPadから愛用している。当然今回のiPad miniのケースも購入してようやく本日届いたのだが。

2012/11/11

正直いうと、iPad miniの薄さからくる美しさからケースで包み隠さずに使いたい気になっている。iPad mini用のDODOcaseは何種類かあって、購入したHARDCOVER SOLIDは背面をシールで止めるやつなのだがまだ貼る勇気がでない。

BOOKBACKDURABLES SLEEVEにしておいたほうが良かったかなぁと悩んでいるところ。

結局 DURABLES SLEEVE を購入したエントリーはこちら: iPad miniスリーブケースDURABLES SLEEVE for iPad miniを購入

iPad(1G)をiOS5にできない事件

iPad2買うかもしれないという考えからずっとiOS5にはしていなかったiPadだったがついにiOS5に更新することにした。

が、

iTunesから更新したときのアラート

と、「このバージョンの iPad ソフトウェア (4.2) は最新バージョンです」と言われてiOS5に更新できない。

原因をいろいろ考えてみたがわからなかった。4.3に上げ損なったら更新できなくなるのだろうか?ちなみに別のWindowsマシンから試してもだめだった。何か状態がおかしいのかと思い初期状態に復元しようとしても復元するソフトウェアが見つからないとか言われて万事休す。

結局 http://www.felixbruns.de/iPod/firmware/ から仕方なくiOS 5のソフトウェアを落としてOption+で復元した。今後もアップデートできるのかちょっと心配。