Raspberry Pi Model B+に置換

今更ながら1台をRaspberry Pi Model B+に置き換えた。

Raspberry Pi Model B and B+

購入してChefでセットアップレシピを書いていたものの、移行時に温度センサーからの取得データの記録が途切れてしまうのが嫌で機を逸していた。しかし1年分データが取れたのでこれを機にようやく移行することに。

多少Chefのレシピの手直しが必要だったけど無事セットアップできた。さすがにRaspberry Piだとレシピの実行には時間がかかる、事前にみなし環境としてVagrant上のDebianである程度作っておいてよかった。OSはRaspbianで同じなので設定自体は温度センサー含めてModel Bと同じもので問題なく動いた。微々たるものだと思うが消費電力が少し下がったということで電気に優しくなるだろう。

にしてもB+は依然として5,000円くらいするようだ。

$35だから4,000円くらいで買えるといいんだけど円安もあって今後もそんなに安くならない予感。今は$1が120円くらいだが自分が買ったときは100円程度なので20円も変わっている、あの時支払った$129.92は今買うと¥15,526円で2000円くらい高くなる。海外発送代まで高くなってしまうので海外ガジェットが好きな人達には辛い時代だ。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。