UbuntuにAndroid + Titanium Studio Preview版を入れる

(VMWareな)UbuntuにTitanium StudioのPreview版を入れてみた。Titanium Mobileの環境をWindowsに構築していたが環境が無理している気がするのでUbuntuにも構築した。やっぱりaptとかyumとかbrewとか叩いているとWindowsで開発環境つくるのに比べて楽。sshやndkビルドするためにcygwinいれたり、gitつかうのにmsysgitいれたりしてるなら最初からLinuxでやればよかったかな。とはいってもMacBook ProがLionになってRetinaになるまでのつなぎのつもりだけれども。

git

gitkとかはお好みで。

sudo apt-get install git-core gitk

Java JRE + SDK

この記事の内容は以下のバージョンになります
Ubuntu 10.04 LTS
Android SDK r10
Android NDK r5
Titanium Studio Preview版 Linux 32bit

sun javaいれるのはごにょごにょしないといけない。
https://wiki.ubuntu.com/LucidLynx/ReleaseNotes

sudo add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner"
sudo apt-get update   
sudo apt-get install sun-java6-jre sun-java6-plugin sun-java6-jdk
sudo update-alternatives --config java

Android SDK

cd ~
wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r10-linux_x86.tgz
tar zxf android-sdk_r10-linux_x86.tgz

vim ~/.bashrcで以下を入力

export ANDROID_SDK_ROOT=$HOME/android-sdk-linux_x86
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools

source ~/.bashrcを実行して反映。

android update sdkを実行して2.1-3.0くらいのAndroid Platformのインストール

Android NDK

http://developer.android.com/sdk/ndk/index.htmlから

x64の場合は以下のパッケージをインストールしておかないとndk-buildでこける。
sudo apt-get install libc6-dev-i386 ia32-libs

NDKのインストールというかダウンロードと展開。

cd ~
wget http://dl.google.com/android/ndk/android-ndk-r5b-linux-x86.tar.bz2
tar xf android-ndk-r5b-linux-x86.tar.bz2
ln -s android-ndk-r5b android-ndk

パスを設定しておく

vi ~/.bashrc

ANDROID_SDK_ROOT=$HOME/android-sdk-linux_x86
ANDROID_NDK_ROOT=$HOME/android-ndk
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools:$ANDROID_NDK_ROOT

source ~/.bashrc

Android Device Settings

Linuxではちょっとゴニョゴニョしないとデバイスが認識されない。
http://developer.android.com/guide/developing/device.html

sudo vi /etc/udev/rules.d/51-android.rulesを実行し、設定を書きこむ

つかっている端末のメーカーに合わせて追加が必要になる。

# google
SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="18d1", MODE="0666"
# xperia
SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="0fce", MODE="0666"

権限を変更

sudo chmod a+r /etc/udev/rules.d/51-android.rules

adb devicesで接続している端末が認識されていればok。VMwareのメニューからUSB接続をゲストOS側に向けるのを忘れないこと。

adb devices

Titanium Studio

http://preview.appcelerator.com/studio/

cd ~
wget http://preview.appcelerator.com/appcelerator/studio/standalone/install/beta/titanium.linux.gtk.x86.zip
unzip titanium.linux.gtk.x86.zip

あとは解凍したフォルダにあるTitanium Studioを実行するだけ。

ためしにTitanium MobileとSDKを削除して起動してみたが、Titanium Studioの起動後にTitanium Mobile SDKもダウンロードされるっぽい。

Titanium Studioの設定

とりあえずやっておく設定。

Androidのパスを設定しておく。

2011-04-08_0418

Aptana 3のテーマあんまり好きじゃないのでAptana Studio 2.xとかEclipseのテーマにする。あとフォントが微妙におかしいのでDejaVu Sans Monoでも選んでおく。

2011-04-08_0411

コードを編集してIDEから実行という当たり前のことができることに感動。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。