スタイルフィットのリフィルをコレトで使う

一時期ボールペーンを10色くらい持ち歩いていたが筆箱がパンパンになるのでボールペーンの芯を自分の好きな色でそろえられる多色ペンのハイテックCコレトを愛用してる。しかし以前からスタイルフィットという類似製品が気になっていたので買ってみた。

スタイルフィット商品仕様
コレト製品情報

何が気になったかというとスタイルフィットのペン先が0.28mmと極細ペンと言われる0.3mmもさらに細い。小さなメモ帳に小さな字を書く自分にとっては0.3mmでもまだ気持ち太いと思っていたので0.28mmを試してみたかった。

使ってみたところ視覚的にはやはり0.02mmの差は認識できない。が、スタイルフィットのほうがペンの動きはなめらかに書ける。なのでスタイルフィットに切り替えようかとも思ったがスタイルフィットはペンホルダーの方がいまいちである。

上がスタイルフィット、下がコレト。スタイルフィットは5色ホルダーにしたせいか(コレトは4色ホルダー、スタイルフィットは3色ホルダーもある)ペンの切り替えに引っかかることがあるし、なによりペンの色がノックの色でわからないというのが多色ボールペンにおいて致命的な欠陥だ。コストと天秤にかけてもここは妥協してはいけないところだと思うのだが・・・

というわけでコレトのホルダーでスタイルフィットのリフィルを使うというハイブリッド作戦にでることにした。

偉大なる先人によると長さをあわせば普通にいけるらしい。
コレトとスタイルフィットの合体

ためしにそのまま入れてみたがノックがひっかるところまで下がらなかったのでやはり長さを揃えることに。

だいたい色が始まるところのちょっと上くらいをはさみで切ってみて問題なかった。思っていた以上に簡単に合ったので驚いている。

どうでもいいけど、コレトのホルダーのシールには「レフィル」、スタイルフィットは「リフィル」って書いてる。いやほんとどうでもいいけど、これからはスタイルフィットのリフィルを購入していこう。問題は新しい色のノックを手に入れるためにコレトにレフィルを買わないといけない点だな。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。