日本3-1デンマーク、素晴らしかったヤットのFK

おかちゃん並のガッツポーズを3回したkwです。書きたいことが多すぎてどうしてよいかわからないので二点目にフォーカスをあてて書きます。

ヤットのピークは今年の天皇杯の決勝とか思っていてすいませんでした。
ゲームを決定づけたのはやっぱりヤットのフリーキックだったと思う。

ヤットのFK

試合を決定づけた3点リード

解説でも言っていたが、サッカーでは1-0よりも2-0は安全な点差でないと言われる。それは点差により集中力が切れがちで、そこを突かれて2-1になってしまうと同じ1点差でも俄然巻き返した方が有利になりそのまま試合を飲み込まれてしまうというケースがよくあるからである。

2-0になった時にそれを指摘されていたが、引き分けでも決勝トーナメントに進出できる日本にとっては最初から1点アドバンテージがあるも同然だったため、1-0の状態こそ実質2-0の状態であり、ヤットのゴールによりデンマークは3点入れないと勝てなくなった。

したがってあと1点は試合の行方を大きく左右する重要なゴールだったと思う。

カーブをかけた美しいFK

今大会はボールや環境の影響もあってかあまり良いフリーキックを目にすることがなかった。特にボールが伸びる影響もあるからなのか、カーブをフリーキックが決まり辛いと言われていた。それだけに弧を描いてゴール隅に吸い込まれるあのFKは正直いうと1点目の本田のFKよりも素晴らしかった。今大会のゴール集に選ばれてしかるべきゴールだと思われる。

日本をなめていたデンマーク

遠藤が蹴る前に本田〜どうこうの言っていた解説陣も意味不明だけど、あそこは間違いなく遠藤の距離、そもそも本田のブレ球はもう少し距離が必要。

日本はワールドカップ予選は中村俊輔というフリーキッカーが居ながら右利きのキッカーはずっと遠藤が務めて来たわけで、それを考えれば1点目のイメージがあったとは本田だけマークするというのはデンマークは予選には目もくれず、最近の親善試合をベースに戦略を練っていたのではないかと勘ぐらせてしまう。時間が限られた中でそれは確かに効率的なことなのだが、それで十分対応できると考えていたデンマークの過信が見えなくもない。厳しい言い方をすればデンマークは日本を舐めていたんじゃないかな、きっと。

本当に楽しめたグループリーグ

カメルーン戦を終えたとき、「まだ我々は何も成し遂げていない」と言った岡田監督。もしグループリーグを突破できなかったら、また世界からは社交辞令のようなよく頑張った的な評価しか受けられなかったに違いない。しかし、予選を突破したことで初戦の勝利の意味が本当に大きくなったと思われる。実際に岡田監督のインタビューでも「この勝利よりも初戦の勝利が大きかった、あれがなければ何も起こらなかった」的な発言をしていた。

初戦に勝って大きかったのは、ポジティブに4試合を母国を応援する楽しみを得られたことだと思う。日韓のときはどちらかというと開催国グループリーグ突破ノルマが心配だったし、ドイツのときは初戦でくじけて、ブラジルに大勝するという極めて現実的でない結果を願いながら見ないといけなかっただけに、比較的有利な状態で3試合を見れたのはすげーよかった。

本当の意味でワールドカップが楽しめるところまで日本は来たと感じる、そんなグループリーグ3試合でした。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。