ワールドカップアウェー初勝利、勝利はすべてを肯定する

いやー、最後まで岡ちゃんを擁護して、本田・松井の覚醒を信じてきたよかった。

日本 1- 0 カメルーン (日本ワールカップアウェー初勝利)

日本 1- 0 カメルーン

岡ちゃん擁護派の自分でも正直いうと点を取れる気はしなかったし、この場に及んで0トップにするのは確かにおかしいと思う面があった。0トップがいけないのではなくて、選手が大幅に欠けるとかでもないのに国際Aマッチで試したこともない戦術を本番に持ってきたことは流石に擁護はし辛いし、これで負けたら散々・ケチョンケチョンに言われただろう。でもそうはならなかった、勝ったからだ。

岡ちゃんはよくリアリスト(現実主義)とか言われるんだけど、ここに来てキーパーを入れ替え、内田を外し、俊輔をはずし、岡崎をはずし、世界でも戦える、調子のいい選手をベースに戦術を組んだことは素直に評価できるわ。

でも、それはきっと勝ったから。もし松井のセンタリングが少しズレいてたら、本田のトラップが玉々足元に転がらなかったら、もし負けていたら・・・何をいわれていたかは想像に固くない。勝負にたらればは禁句とは言え本当に勝ち負けというのは紙一重のところにあると思う。勝利の裏には必然な要素もあるのかもしれないけど偶然(運)の要素もあるような気がしてしょうがない。

勝利はすべてを肯定する、まさにそんな感じだった。何はともあれ岡ちゃんは確実に日本に名を残す監督になったね。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。