ウイイレ的代表フォーメーション

WCメンバー発表前にウイイレ的(連携を無視して好きな/能力の高い選手を並べる)代表フォーメーションを考えてみた。

      森本
    
松井   本田   長谷部

    阿部  稲本

長友 闘莉王 中澤 加地

      楢崎

まずアジアでは強者でも対世界では日本は弱者なので、ボランチは本職入れよう。攻撃は森本と本田の確変に丸投げ。森本、松井、本田は代表じゃ対して機能してないんだけど世界で戦えるという最低ボーダをいれるとこうするしかないじゃん、って思う。ぶっちゃけアジア予選の貢献なんてWC本戦に対して反映されないと思う。まだ世界のトップリーグでやってる方が期待できるんじゃないかという考え。

もちろんこれでボールを回せるかと言われると無理に近いし、前線は孤立するだろう。自分で書いておきながら正直、点をとるイメージがわかない。だからといって対世界で遠藤、俊輔、小笠原、小野といったもともと攻撃的な選手をレジスタに配置するのは無理があるとおもうのよね。ボールを回すよりも守備に重点をおかざるを得ない。守備もできて球出しもできる選手は日本にはいないのだから。

現実には遠藤、俊輔が中心なんだろうけどね。まぁ、この二人が問題というよりアジアと世界で戦い方を大きく変えざるを得ない現状が難しくしていると思うのよね。にも関わらずここまでほとんど強国と試合をしてないのがかなり不安。学ぶ間もなくWC本番で対アジアのやり方では通用しないとかいう結論にはならないでほしい。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。