亀田家に興味がなくなった

好きの反対は嫌いではなく無関心とはよく言うが、亀田家に関してはもうその状態になってしまっている。亀田大毅が世界王者になったそうだが、試合を見てないし、とくにみたいとも思わない。そろそろ試合があるとは耳にしていたが気がついたら終わっていたという感じ。

ビックマウスやカマセと試合をするのは盛り上げるためにはある程度必要なことだと思っている。問題はカマセじゃない相手の試合で面白いと感じないこと。タイトルマッチやそれに順ずる試合になるとチャレンジャーらしい、チャンピオンらしいというものが求められると思う。

亀田とKOはセットという言葉も懐かしいが、もともとKO必至な強打者じゃないのにそういった風潮を持ち上げてきたことがかえってギャップを与えてしまった面もある気がする。

まだ先のある選手達だから現状ですべてを判断するのもおかしいが、そんなことを言い出すとすべてのボクサーの試合をチェックしないといけなくなるので興味のわかないボクサーを見ないのはしょうがない。面白い試合ができるようになったらまた見るようになるしファンもついてくるだろう。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。