Windowsの開発環境(xampp)でphp-memcacheを使う

MacOSXで開発したいと思いつつ、会社ではWindowsでもやらないといけない。

そこでWindowsでphp-memcacheを使えるようにしてみた。なお、サーバはLinuxなのでライブラリを入れるだけ。xamppの最新版はMTの開発にいいかも。的な記事を書こうとして書いてないのでまた書こう。

どうもWindowsではPECLでインストールするのが具合がわるいらしいので直接php_memcache.dllを落としてextensionディレクトリに突っ込むのがよいらしい。参考

まず http://downloads.php.net/pierre/ から http://downloads.php.net/pierre/php_memcache-cvs-20090703-5.3-VC6-x86.zip をダウンロードする。(xampp 1.7.2(PHP 5.3.0)でx86(32bit)環境の場合。xamppのバイナリはVC6ビルドっぽい)

解凍したら php_memcache.dll を C:\xampp\php\ext に放り込む。

C:\xampp\php\php.iniの[[PECL]]あたりに下記をつっこむ。(xamppのバージョンによってphp.iniの場所は微妙に違うのでphpinfo()で確認すべし)

extension=php_memcache.dll

apacheを再起動する。

phpinfo()でmemcacheが入っていたらok。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。