M-1グランプリ2008

地デジ録画パソコンでみたー。

M-1で初めてみるコンビが3組もいた。そろそろお笑い好きというのは返上しないといけないのかもしれない。そうならないようにお笑い番組を片っ端から録画していこう。

1st stageのレベルが高く、逆にfinal stageのネタがどのコンビも落ちていたような気がする。

ナイツは同じ感じのネタをやったため、あの時点で飽きが来てしまった。不思議なことに録画を二週目で見たときには1st stageの時点でナイツはU字工事よりも面白くなくなっていた。初出場の強みというのもあるのかもしれない。しかし審査員が代わり映えしないM-1だと今後のリベンジは難しいか。

NON STYLEはネタが走りすぎな感じがした。あがっていたのか、ネタが長めだったのか。ただそれほどマイナス面はなかったので勝てたんだろう。

オードリーは完全にネタのチョイスを間違えた気がした。1st stageではボケとツッコミの繰り返しが秀逸だっただけに、それがほとんどないfinal stageはどちらかというとコントに近いネタだった。おそらくfinal stageのネタを1st stageでやっていたら残れなかったんじゃないかと思う。

自分は関西出身なので、今までのチュートやブラマヨ、今回のNON STYLEやダイアンのような吉本の芸人はM-1で見るととても成長しているなぁと思う。1st stageくらいのクオリティでみんなやってくれたら某エンタの神様のような、適当なキャラで日常あるあるネタを繰り返して女子がキャーキャー言っているくだらない番組は要らないのになと思う。

ちなみに個人的に一番面白かったのは、西田君の「おもってたんとちがーう!」だった。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。