Silverlight2 Beta 2のcrossdomainアクセスについて その2

Silverlightのcrossdomainアクセスではflash policy file(crossdomain.xml)が使えます。

が、どうやらSilverlight 2 beta 2時点ではDOCTYPEには
“http://www.adobe.com/xml/dtds/cross-domain-policy.dtd”
ではなく
“http://www.macromedia.com/xml/dtds/cross-domain-policy.dtd”
を使わないといけないので注意が必要です。

http://timheuer.com/blog/archive/2008/06/06/changes-to-accessing-services-in-silverlight-2-beta-2.aspxによるとまだmarcromediaのものしかチェックしてないらしいので。ま、beta版だから仕方ないですよね。

でもさ。

いやだからさ。

ドキュメント間違えんじゃねーよ!!(゚Д゚)ゴルァ!!

crossdomain200807090.jpg

本家forumに投げたのでそのうち修正されるだろうし、戒めとしてリンクではなくキャプチャを貼っておく。”Copy Code”ボタンとか用意してくれてるのでなおさらハマります。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。