trac & mylynでEclipseからチケットを管理

tracをインストールして喜んでいたもののできることといえばWikiの編集・・・これじゃPukiWikiでいいじゃん。ということになってしまうのでいよいよ開発環境としてのtracを実現しようと思います。

クライアントはEclipseです。

– チケットの管理はmylynを入れます
– Subversionクライアントとしてsubclipseプラグインを入れます
EclipseのPlug-inのインストールはなんなく終わりました。

さてmylynからtracのリポジトリを選択してもWebブラウザで表示するだけ・・・連携にはXMLRPCをつかうようです。が、そのためにtracにXML-RPCプラグインを入れないといけない模様。プラグインはここからダウンロードできます。http://trac-hacks.org/wiki/XmlRpcPlugin
が、ほかのプラグインと同じとか、easy_installとかいわれてもわからず・・・まずはtracのplug-inの原理を調べてみることにしました。

eggって何ですか?
http://peak.telecommunity.com/DevCenter/PythonEggsによるとEggs are to Pythons as Jars are to Java…”。わかりやすい。

eazy installって何ですか?
http://peak.telecommunity.com/DevCenter/EasyInstall
ようはphpのpearみたいなものと解釈しました。

では早速easy_installを入れみることにします。

# wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
# sudo python ez_setup.py
Setuptools version 0.6c6 or greater has been installed.

すでにインストールされているようです。バイナリは下記場所に入ってました。

/opt/local/bin/easy_install

ようやくスタート地点に戻ってきました。

xmlrpcpluginをインストールします。

WindowsマシンからファイルをDLして
ftpでファイルをコピー
/opt/local/src/xmlrpcplugin-r2593.zip
におきます。

zipを解凍してインストールします。

# cd /opt/local/src/
# unzip xmlrpcplugin-r2593.zip
# sudo easy_install xmlrpcplugin/0.10
Processing 0.10
Running setup.py -q bdist_egg --dist-dir /opt/local/src/xmlrpcplugin/0.10/egg-dist-tmp-V-J_nO
Adding TracXMLRPC 0.1 to easy-install.pth file
Installed /opt/local/lib/python2.5/site-packages/TracXMLRPC-0.1-py2.5.egg
Processing dependencies for TracXMLRPC==0.1
Finished processing dependencies for TracXMLRPC==0.1

最後に設定

You will also probably need to enable the plugin in your environments trac.ini:
[components]
tracrpc.* = enabled

えっと、デフォルトのtrac.iniってどこにあるんでしたっけ?http://trac.edgewall.org/wiki/TracIniによると

Trac 0.9 and 0.10
Since version 0.9, Trac can also read the configuration from a global trac.ini file. These global options will then be merged with the environment-specific options, where local options override global options.
The global configuration is by default located in $prefix/share/trac/conf/trac.ini. It can be moved to a different location (for example, /etc/trac.ini), but that requires changing the file trac/siteconfig.py which gets created when Trac is installed. 

でも/opt/local/share/tracにconfディレクトリがありませんです。

とりあえず、プロジェクトのtrac.iniに
[components]
tracrpc.* = enabled
を追加しました。

Eclipseから接続してみます。

Task Repository Settingsの
Addtinal Seetings
にてAccess TypeをXML-RPC PLuginを指定。

エラー500です。。。。

ふつーにWebで見てもエラーになっていました。.python-eggsを書く権限がないと起こられています。

.python-eggsって何だろう?と調べてみたところ、キャッシュファイルらしいです。

dotで始まるディレクトリなのでまぁDocumentRootにおいてもよいのですが、バックアップや配置を考えると違う場所においておきたいので/var/cacheにおきます。dotもとっちゃいます。

# sudo mkdir -p /var/cache/python-eggs
# sudo chown www:www /var/cache/python-eggs

次にvirtual hostに下記一行を入れます。

SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /var/cache/python-eggs

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。