俊輔のできが心配(アジアカップ日本-UAE戦)

アジアカップ日本-UAE戦の結果は3?1の快勝。とにかくこの試合は高原がすごかった。高原はワールドカップはいまいち運がなかったけど、オリンピックの時といい大事な試合での決定力が目立つ。A代表でこの決定力が続くのであればオシムジャパンのエースというより、カズ以来の日本のエースとしてのポジションを築けるのではないかと思う。

逆に心配なのは俊輔。セットプレーからは点が取れるけど流れの中で崩せない。中盤は中村憲剛と遠藤と3人で組み立てていたと思うけど、流れの中で俊輔この3人で飛び出ていると感じられない。

ただ前からスコットランドリーグに行って、MVPをとってチャンピオンリーグで素晴らしいフリーキックを見せて一見活躍しているように見えるんだけと見ていて本当にそうなのか?と疑問があった。結果だけ見ればイタリアのレッジーナにいたときよりも活躍しているはずなんだけど、レッジーナに居たときの方が厳しい環境の中で技術を駆使して打開しようとしていたように見えた。なんというか相手にとって危険なプレーが流れの中で全く見えなくなってしまった。俊輔ってこんな程度の選手だったっけ?とさえ思えてしまう
そうは言ってもちゃんと得点に絡むあたりはさすが、海外でプレーしているだけのことはあるし、俊輔以上の選手が日本にいないことも確か。逆に千葉の選手はここぞという場面で弱いね。オシムのいうサッカーを体現してるから動きは良いはずなんだけど、そういった選手が結果を出せずに逆に結果を出しているのはまだオシムになじみの浅い海外組というのは皮肉なものだ。賢く走るだけで勝てるならどこの国も苦労しない、相手も賢く走ってきたら結局は個々の個人技の勝負になる。他の海外組が選ばれるのも時間の問題かもしれない。

次の相手のベトナムはグループリーグの数字だけみれば日本と互角だけと、実力はかなり日本より落ちる相手なはず。相手のホームであるとは言えアジアカップ3連覇そしてワールドカップを目指すのであればベトナム相手に苦戦されては困る。きっちり勝って欲しいな。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。