M-1グランプリ 2010

今年のM-1グランプリは笑い飯の優勝。既定路線ではあるけれどそこまでゴリ押しはなかったように感じる。

人それぞれ笑いのツボは違うわけで評価が変わるのもしょうがないわけだけど、おおよそ採点は納得出来るものだった。二本目のスリムクラブの出だしでこれは行ったかと思ったら、後半は民主党以外ちょっとダレた。笑い飯は序盤やっちまったと思ったら、後半関西人あたりから盛り返した。パンクブーブーは一本目にかぶせてきたんだと思うんだけど結果的にネタの選択ミス。五分五分だったので情もあって笑い飯に流れたと感じ。情を含めるのは正しくないけど人間が評価するものだから優劣つけがたいなら最後情が入っても仕方がないと個人的には思う。

M-1に問題があるとしたら、単純な面白さと漫才らしさ・ウマさという点の評価ポイントが曖昧なところ。敗者復活から最終決戦にあがるコンビが多いのは準決勝までの評価方法が悪いんか、コンビのネタの選択が悪いのか、テレビ的な調整なのか不明だけど、こう毎回のようにちゃんと漫才できるコンビが敗者復活からでてくるともっと他にも漫才できるコンビが準決勝までに落とされているんじゃないかと勘ぐってしまう。

個人的にはスリムクラブもジャルジャルも漫才の形としてはありだけど、ハライチはちょっと受け入れがたい。あれがありなら、Wコロンの「整いました」でもいいことになっちゃう。やっぱり会話形式の中でボケとツッコミ、その間で笑わせてほしい。それでもあれが本当に若手の漫才師ベスト8なんだとしたらやっぱりM-1は今年で終わってしまってもいいんだろうな。代わりに深夜枠でコストもかけない形で漫才の番組をやってくれればと思う。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。