iBookで自宅サーバ開放

もはやiTunesしか使っていないiBookをサーバとして公開してみました。とはいってもアクセス制限はまだかけています。iBookにはデフォルトでapache(with php4), ftp, sshなどが設定されていたので、そこにphp5とMySQLを入れました。

レンタルサーバを借りてるのになぜに自宅サーバをやるかというと
– tracとか入れたい
– PEARとかSymphonyとか好きに入れたい
– 開発中はサーバにちょっと負荷をかける必要があるかも
– ディレクトリ構成もっと自由にいじりたい(symponyプロジェクト全体をpublic_htmlの下に置きたくないとか)
– データベースをアプリ単位で分けたりしたい(xreaでも確か複数もてたと思いますが)
などなどの理由によるものです。

固定GlobalIPは持っていないので、VALUE DOMAINのダイナミックDNS機能を使って更新することにしました。ダイナミックDNSクライアントとしてはWhat’s up!というフリーのツールを使っています。

実は、apache+php+MySQLを一気にセットアップできるMAMPがあったのですがIntel CPU Onyと書いてあったのでPowerPCな僕はあきらめました。

全部自宅サーバに移行しようかと思いましたがWikiやblogはそのままXREAに残してもいいかなと思いました。kwLabsだけ全面移行の予定です。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。