Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージの罠

Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ (x86)ですが、Visual C++ 2005 SP1で作ったものにMicrosoft Visual C++ 2005 SP0の再頒布可能パッケージを入れてもだめらしい。

なんか知らないけど、日本のサイトからSP1の再頒布パッケージが落とせません。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=200b2fd9-ae1a-4a14-984d-389c36f85647&displaylang=ja
Googleのキャッシュにはあるけれども。

http://72.14.235.104/search?q=cache:lcG1epxfIPsJ:www.microsoft.com/downloads/details.aspx%3FFamilyID%3D200b2fd9-ae1a-4a14-984d-389c36f85647%26displaylang%3Dja+vcredist_x86.exe+SP1&hl=ja&ct=clnk&cd=1&lr=lang_ja
あれ、アメリカには普通にあったよ。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=200B2FD9-AE1A-4A14-984D-389C36F85647&displaylang=en

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。