IRKit手に入れた

IRKitを試したい人〜を教えてもらったので先行して入手。IRKitは赤外線信号を受信したり、送信することができるスマートデバイス。赤外線リモコンを持つ家の中のいろいろな機器をこれで操作できる。

Arduino Derivative派生プロダクトでUSBで電源が事足りる、サイズはこれくらい。

どうやってネットワークの設定するのだろうと思っていたがプロモーションコードをもらって公式iOSアプリを入れるとアプリからおもむろにモールス信号で情報を送りだした。ちなみにあとで作者さんに教えてもらったがiPhone5sのスピーカーが下側なのでこの向きでは時間がかかるかうまくいかず、iPhoneのスピーカーをIRKit側に向けた方がよいとのこと。どうりで時間がかかると思った。

http://getirkit.com/ によると接続方法として3種類のAPIがある。

  • IRKit iOS SDK
  • IRKit Device HTTP API
  • IRKit Internet HTTP API

IRKit自体がHTTPサーバを実行しているので、2番目のIRKit Device HTTP APIではhttpでGET, PUTするだけで赤外線信号の受信、送信ができる。IRKit Internet HTTP APIもあるが、Raspberry PiからIRKit Device HTTP APIで送信しようかと思っているところ。

IRKit Device HTTP APIでリモコン学習をしようと思ったが、ノイズを受信すると最後に受信した信号がクリアされてしまうらしくキャプチャ用のアプリをiOS SDKでつくろうかと思っている。せっかくだからRubyMotionでつくってみようかな。

IRKitでつくろうかと思っているアイディア

  • Raspberry Piの温度・湿度センサーと連携したエアコンの自動操作
  • iPhoneの位置情報を使ってオンオフ
  • 朝自動でニュース番組をつける
  • 時間忘れそうなスポーツ番組をつける

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。