Raspbian初期セットアップの備忘録

2台目のRaspberry Piのセットアップの時点ですでに本を読みながらやるのが面倒になったのでまとめることにした。当方OS X。予めraspbian.imgをダウンロードして解凍しておくこと。自分用にカスタマイズした備忘録なのでこれみてわからない人はおとなしく本を買うか、ググること。

RaspbianをSDカードに焼く (OSX での作業)

df -hでSDカードのディスク名をチェック。/dev/diskNsXがディスク名なら/dev/rdiskNがrawディスク名となる。今回使ったimgは2013-05-25-wheezy-raspbian、手元のMacでは /dev/disk2s1 がSDカードになっている。

cd ~/Download
sudo diskutil unmount /dev/disk2s1
sudo dd bs=1m if=2013-05-25-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk2
sudo diskutil eject /dev/disk2s1

起動+日本locale設定 (Raspberry Pi での作業)

最初の起動時にraspi-configが起動するのでパーティションの拡張(初期イメージのままだと2GBまでしか使えない)と日本locale設定だけする。日本語フォントがないとja_JP.UTF-8で文字化けするのでLocaleの設定はMacからリモートで繋いでからでも良いかもしれない。

  • Expand Filesystem
  • Internationalisation Options > Change Timezone > Asia > Tokyo
  • Internationalisation Options > Change Locale > ja_JP.UTF-8
  • Internationalisation Options > Change Keyboard Layout > Generic 101-key PC > Other > Japanese > Japanese > The default for the keyboard layout > No compose key

パッケージの更新 (Raspberry Pi での作業)

リブート後、Username: pi Password: raspberry でログインしパッケージを更新。

pi@raspberrypi
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

Vimを使う (Raspberry Pi での作業)

nanoが使いこなせないので /usr/bin/vim.tiny を選択する

pi@raspberrypi
sudo apt-get install vim
sudo update-alternatives --config editor

hostnameの変更 (Raspberry Pi での作業)

hostnameを変更しておく、デフォルトだとraspberrypiなので複数台管理するとややこしくなる。

/etc/hostname で raspberrypi を rpi02 にする。
/etc/hosts で raspberrypi を rpi02 に書き直す。

sudo shutdown -r NOW で再起動しておく。

SSHの設定 (OSX での作業)

ディスプレイ、キーボード、マウスの接続をやめたいのでリモートで操作できるようにする。

自宅では使っている無線LANルータ(NECのAtermシリーズ)にMACアドレスで固定IPを割り当てる機能があるので機器側で静的IPを設定するのではなくルータで固定IPをDHCPで割り当てる方法をとっている。

ifconfigでMACアドレスをチェックし、無線ルータの機能でDHCPの固定IPを割り当てておく。IP覚えなくていいようにOS X側の/etc/hostsで名前を設定する。2台目なのでrpi02とした。

192.168.1.xx    rpi02 raspberry02

sshの公開鍵を送りつける。(ssh-copy-idはHomebrewからインストールできる)

Terminal(OSX)
ssh-copy-id pi@rpi02

sshでRaspberry Piにログインして、sshのrootのログインとパスワード認証を無効にしておく。

ssh pi@rpi02
sudo vi /etc/ssh/sshd_config
/etc/ssh/sshd_config
#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no
#PasswordAuthentication yes
PasswordAuthentication no

ssh再起動

pi@raspberrypi
sudo /etc/init.d/ssh restart

パスワード変更 (OSX からの作業)

2013-05-25-wheezy-raspbianの初期イメージではpi/raspberry, rootはパスワードなしになっているので狙われないように変えておく。出来ればpiユーザ自体を使わないようにするのがいいが、piユーザじゃないとうまくいかないというのを何かで見た気がするので様子見。

pi@raspberrypi
ssh pi@rpi02
passwd
sudo passwd root

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。