nasneの発表を聞いて思ったこと

SCE、DTCP-IP対応のネットワークレコーダー「nasne」(ナスネ)を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1204/17/news090.html

でAmazonとかで予約できるよと中の人から聞いたので早速予約してみた。

最近はApple TVとか、NTT西日本の光BOX+とかテレビにつけるサブシステムという形の商品が増えてきた。この手の商品は価格帯が1万円前後なので買いやすい。液晶テレビも十分に安くなってきているけど、そもそもテレビなんてそう買い換えるものではないから欲しい機能が別のメーカーのテレビにあったときにただ手をこまねいて見ていることしかできない。だからこういう外からのアプローチは正しいんだと思う。

このまま行くとテレビはただ映像を映すだけの商品でも良いのかもしれない。あとどう考えてもレコーダーの価格帯は異常に高いと思う。テレビ・レコーダー業界っていうのはとっと再編したほうがいいんじゃないかと思っていて、家電メーカーがテレビの再建だ、なんとか言っているとそれでいいのだろうかと不安になる。というか結局のところ液晶パネルがApple TVなりGoogle TVなりで採用されればそれで事業的にはいいんでしょ?別にテレビを売りたいわけじゃないんでしょ?ビジネスなんでしょ?って冷めた目でも見ている。

あと、これソニー・コンピュータエンタテインメントからの商品なんだけど、もうソニーとか、ソニー・コンピュータエンタテインメントとかどっちでもいいよね。別に誰がホームラン売ってもいいし、香川が中心でも本田が中心でもいいのよね。Appleだって結局iPhoneがMacOSXを救うような形になったわけじゃん。世の中何が主導権をとるのかなんてわからないんだから、形式にとらわれずやりたいことをやるのが一番だと思うよ。

人見知りソフトウェアエンジニアです。ビジュアル系、お笑い、Pixarが好き。勢いで吉本超合金おたけびBOTを作った。オールザッツ漫才が放送されない東京在住。

趣味や日常からアウトプットの場としてブログを書いています。自作のWordPressプラグインにGitHub Flavored MarkdownAmazonJSなど。